過去の出来事 2014年 03月

オトトイの地下室

2014年3月15日



おっととっとい、夏だぜ! ・・・いや、地下だぜ!

3月1日@新宿LOFT!
オトトイの地下室、無事終了したぜ!

今、観たいオジサン達を一堂に集めてしまったという濃ゆいイベント。 ライブ、活弁、演芸、漫読、落語、鹿の解体、とゴッタ煮状態の演目が とぐろを巻き、全長5時間にもなったとさ。

トップバッターは主催者の水曜日のカンパネラから。
「仮面ライダーダブル」に似ていると噂されるニューコスチュームで いつもよりもテンション高めに登場したコムアイ。弾幕ラップ系のセットリストに加え 新曲ランボーも歌詞を間違えずに歌いきり、MCもダレることなく完遂。 最後まで良いテンションを保ちながらのステージでした。

おや、しっかりと前回の反省を活かして改善してきたんだな、と。 半年間の成長を振り返えってちょっぴり感心。 よし、トップバッターとしての役目は果たした! さぁこれで心置きなくイベントを楽しむことに集中できるぜっ!

ネイチャーデンジャーギャングさん。
「東京でいま一番おもしろいだけのバンド」という前評判通りの、 いやその期待をはるかに上回るおもしろさでした。 ハードコア満載の荒々しい高速トラックに男女混合のMCがエンドレスにアジりまくる。 どこまで行っても曲が終わらない。 叫んで踊ってリフトして、服を脱ぎ棄て脱がされて。 最後は素っ裸で戦場のメリークリスマスを大合唱していました。 なにこれ楽しすぎる!俺たちはひょうきんさ、ふざけてるー。

クリトリックリス、ことスギムさん。
禿げたオッサンがパンツ一丁でステージに登場し、 スカスカのビートに歌でもラップでもないスギム節をのせるという、 まさに唯一無二の音楽性。 下ネタや笑いの中にやるせなさや哀愁がちらりと顔を見せ、 聴いているうちにギャグなのか本気なのかわからなくなってきます。 一見めちゃくちゃにやっているようで相当綿密に計算しているであろうパフォーマンス。 リズムマシンの電池が切れ交換するところでも客を沸かせていました。 さすが踏んでいる場数が違う!「ライス&ライス」最高。

向井秀徳さん。
ナンバガ、ザゼン、キモノス、と常に最前線をひた走ってきた向井さん。 我々の年代ではもはやレジェンドと呼んでいい存在の人。 まさか自分らのイベントに出てもらえるとはなぁ…と涙をにじませながら聞いていると 「人情、人情」とか言いだしたり。これこそがまさに人情! ギター1本の弾き語りだったことでバンドの時よりも一層歌声や言葉が刺さってきました 。アンコールでは洋画に出てくる外人さんのものまねを するなどおちゃめな一面も見えたり。 とりとめのないカオスなイベントだったはずなのに 彼が最後にステージに立ったことでキュッと空気がまとまった気がしました!

またとなりのバースペースでは ぼく脳さん、東方力丸さん、滝川鯉八さん、山田広野さんが 独自の芸を極めた圧巻のパフォーマンスで魅せてくださいました。 にじみ出るコクと深みとエロス!

そしてすっかりおなじみとなった鹿の解体。 初回はビビッていたのに、2度目となると平然と鹿肉丼を食べながら 解体を見れるようになっていました。人間の慣れとは恐ろしいものです。 佐野さんのナイフ捌きとトークは相変わらずキレキレでした。

そんなかんじで無事に終わったオトトイの地下室。

今回はほぼイチお客さんとして観に行った私。 始まる前はどーなるんだとハラハラしていましたが 実際観てみたらどれも刺激的でおもしろかった。

エロスだ、グロだ、カオスだ、スカムだと言ってもその根底にはちゃんと エンターテイメントがある。人を楽しませようという気持ちが伝わってくるのです。 何事も言葉やイメージにとらわれずに、 見て聞いて感じてみるのが大事なことなんですね。

うーん、反省。
自分はまだまだ常識にとらわれて生きている。 もっとスカムカルチャーを勉強しなくちゃ!自分を磨かなきゃ! まずはネイチャーさんを見習ってフルチンで絶叫するところから始めようと思う。


皆様こんばんわ。ケンモチです。


イベント終わった後はLOFTで出演者やスタッフの方と軽く打ち上げ。 鹿肉を焼きつつビールを飲んでまったりしていたところ、 日本酒のボトルを持ったスギムさんがほろ酔いで乱入。 クリトリックリスの名物「酒相撲」で日本酒の一気呑み大会になりましたとさ。

お酒がそれほど強くないのに誰彼かまわず一気飲み勝負を吹っ掛けるスギムさん。 体張りすぎ(笑)。 彼にとっては打ち上げの場ですらもパフォーマンスの一環なのかもしれない。楽しい。

もうベテランと言っていいキャリアのアーティストなのに。 この日もイベントの最初から最後まで居てくれて、 打ち上げでもこれだけ盛り上がってくれて。 カンパネラのステージも全部客席から観ていてくれてました。 スギムさん、最高。オッサンの鏡のようだ。 自分も40歳を迎えるころには彼のような人になりたい…。

…かどうかはまた別の話だけれども。

******************************

はい、ニュースです。ニュートリノです。

水曜日のカンパネラpresents 水曜日の視聴覚室
日時:2014年3月19日(水)@渋谷WWW / チケット1000円
<出演者> オオルタイチ / 水曜日のカンパネラ
<VJ>SphinkS / Akiko Nakayama
初の2マン・ライヴ。オオルタイチはSphinkS、 水曜日のカンパネラはAkiko Nakayamaと、どちらも気鋭映像作家によるVJを伴っての パフォーマンスを予定しております!

水曜日のカンパネラ/シネマジャック
[発売日]2014年3月19日 [価格]1500円
3rdミニアルバム、8曲入り。 全国のタワレコ&下北沢ヴィレッジヴァンガードで発売致します。 買ってね!

ぐるぐるTOIRO2014
日時:2014年4月6日(Sun)@さいたまスーパーアリーナTOIRO
<出演者> BiS / THEラブ人間 / 笹口騒音ハーモニカ / トリプルファイヤー / ジョニー大蔵大臣(水中、それは苦しい) パスカルズ / ヒカシュー / 王様 / チャラン・ポ・ランタン / DJ掟ポルシェ / Negicco / Cutie Pai / GORO GOLO / 水曜日のカンパネラ / and more
さいたまスーパーアリーナ内のイベントスペースTOIROで2日間にわたり行われる ライブイベント「ぐるぐるTOIRO2014」。 水カンは2日目に出させていただきます。出演者が豪華!

サカエスプリング2014
日時:2014年6月6日(Sun)@名古屋市栄のライブハウス
名古屋市栄のライブハウスで2日間にわたり行われるライブサーキット です。詳細は追ってお知らせします。

その他のライブ情報は「水曜日のカンパネラ公式HP」にて。

******************************

はい。このほかにも今月はアルバムリリースがあるのでイベントが目白押しです。 連日どこかで何かをやっているようなので是非チェックしてみてください(適当)。

そしてライブサーキット系のフェス。 ぐるぐるTOIRO(埼玉)に続き、サカエスプリング(名古屋)、 あとまだ詳細は載せていませんが見放題(大阪)の出演も決まりました。 毎月のようにフェスに行ける!うわーい!

2014年はフェスにいっぱい出たい。って目標にしていたので なかなか幸先の良い滑り出し。この勢いでフェス嵐だー!


じゃ、この勢いで「気になったモノ」のコーナーだー!


その1 『宇宙コンビニ / 8films - tobira』

京都発3ピース、プログレッシブ ポップバンド。 21歳の若さながらテクニカルで渋い音楽性が爆発しております。 1stALBUM『染まる音を確認したら』から一曲ご紹介。 冒頭から変拍子のドラムとライトハンドのアルペジオフレーズの応酬。 うお、ポストロック調の複雑な曲なのか!と身構えていると、 後半にえみちょこさんのふわっとした歌声がのっかって聞きやすいポップスに 変身します。穏やかだけどエモい、エモいのにのんびり、不思議な温度感です。 バンド名の由来は「宇宙のように壮大、かつコンビニで流れていそうな音楽」だそうな。 なるほど確かにその表現はしっくり来るネ! ドラムのなずおさんは中学生の時から 「女性ボーカルのプログレは売れる!」と思っていたらしい。どんな中学生だよ(笑)


その2 『寺嶋由芙 / #ゆーふらいと』

お騒がせアイドルグループBiSを脱退して約8ヶ月。 ソロアイドルとして活動を続けてきたゆっふぃーこと寺嶋由芙が いよいよシングルデビュー。 さわやかさとはかなさと瑞々しさが感じられるスタートにふさわしい曲ですね。 ストリングスのオブリが綺麗できゅんとくる! 作詞はでんぱ組の夢見ねむさん。 ハッシュタグ、リロード、などの歌詞が印象な振付と相まって効果抜群です。 PVは手作り感のあるエフェクトや親友「うなりくん(成田市のゆるキャラ)」 の登場でほっこり優しい雰囲気がGOOD。 Bisのころとだいぶ歌い方が違うけれど、 彼女にはこっちの路線があってるなと思いました。今後とも頑張ってほしいですね!


その3 『Cleanbandit / Rather Be feat. Jess Glynne』

「清潔な盗賊」という不思議な日本語から始まるPV。 めっちゃ英語の発音の良いなぁ…なんて思ってたらPVは別の人らしい。 2009年に結成されたUK出身の4人組エレクトロ・ミクスチャー・ユニット、 クリーン・バンディット。 クラシックとベース・ミュージックを融合させた音楽が 「今まで聞いた事の無い音楽」と話題になったそうな。 バイオリンの音色が入るととたんに優雅になりますね。 リズミカルな打ち込みと相まって心ウキウキ、足取り軽やか。 日曜日の朝とかに聞きたい感じ! ちなみにこの曲のPVの舞台は日本。築地や渋谷の日常的な風景を 映していますが、日本人が切り取る画と少し違う感じがして面白いです。 なおこの曲だけ聞くとお洒落なだけのバンドに思うかもしれませんが、 他にもいろんな曲があって侮れませんぞー。
『モーツァルトハウス』
『A&E』


その4 『チョコボール / みたらしだんご味』

森永製菓の定番おかし、チョコボールに期間限定フレーバー 「みたらし団子味」が登場。 もち米粉入りのグミがもちもちの団子のようで チョコボール史上かつてない食感が楽しめます。 味の方も粉末しょうゆを使用した「みたらしシーズニング」 により和風な仕上がりに。 ホワイトチョコの甘さと、醤油のしょっぱさ香ばしさで ちょうどみたらし団子っぽい味になっています。 しかもこれがなかなかに合う! 子供よりもちょっとオトナ向けの味のような気がしました。 74円でこのクオリティ。さすが森永製菓やってくれるぜ。


その5 『サッポロ一番 ふなっしーの船橋ソースラーメンなっしー!』

船橋のご当地ラーメン「船橋ソースラーメン」に ふなっしーのイラストがついた商品です。 ふなっしー人気に便乗してんじゃねぇよ! (←まぁ俺もつられて買ったがな・爆) ソースの酸味にスパイシー感が食欲をそそる辛口系ソース味スープ。 確かに他のラーメンではあまりない味です。 いい意味でジャンクな「安っぽいソースの味」がします。 ふたを開けた時の香りは駄菓子のキャベツ太郎の匂い。 懐かしさとほのかな哀愁を感じます。 具の紅しょうがはいいアクセントになっていました。 むしろこのソースラーメン、ちゃんとしたラーメン屋で食べるよりも 「カップめん」で食べることで真価を発揮するのかもしれません。 駄菓子感覚のチープな感じが凄く合うなっしー!


ほいなー。 そんな感じでした。

そんなわけで最後はまたまた手前味噌で、 水曜日のカンパネラの新曲PVのご紹介。

『水曜日のカンパネラ / ミツコ』

渋谷区円山町のラブホ街をテーマに歌った問題作。 ライブでもすっかり定番曲に成っている、 3rdアルバムの一曲目を飾るキラーチューンでございます。 PVを作ってくださったのは音楽関係を中心に様々なアーティストを撮っている、 写真・映像ディレクターの 雨宮透貴さん。 まだまだ若いのに多方面で活躍中の彼。敏腕すぎる!!

今回のPVはコマ撮りの手法を活かした独特の質感が見どころです。 一コマ一コマ、撮ってはちょっと動かし撮ってはちょっと動かし、を延々繰り返す。 膨大な労力がかかった力作です。映像も音楽もインパクトバッチリ! 作ってくださって本当にありがとうございましたー!

あ、最後の最後に告知です。

3月19日!水曜日の視聴覚室!
渋谷WWWでオオルタイチさんとのツーマンライブ。 なんと1000円ぽっきりでやらせていただきます。 ふるってご来場くださいませー!

なお、オオルタイチさんはVJスフィンクス、 水曜日のカンパネラはVJ中山晃子さんと、 音楽と映像のコラボレーションライブとなるようです。

あ、私はまたただのお客さんとして観に行く予定です(汗)。 楽しむだけなのだ!わっはっはっは!

じゃ、皆様会場でお会い致しましょう!!!

ではでは。
またね。

ちゃおー。

シネマジャック・ニコルソン

2014年3月31日



3月19日に「シネマジャック」発売になりましたー。

前作「羅生門」より半年。 サウンドはさらにアグレッシブにキレを増し、歌詞は悪ノリに拍車がかかり、 コムアイの声は個性的になりました。 ライブの回数を重ねるうちにこのような現場で力を発揮する曲調に吹っ切れてきました。

「1st『クロールとさかあがり』のころとは全く別のグループになってますね。」 なんて感想をいただきます。やぁ…確かに。どうしてこうなった。(汗)

まぁ、そんなわけで3rdアルバム『シネマジャック』。 タワレコ全店とヴィレヴァン下北沢店で取り扱っています。 興味がある方は是非買ってみてください。 興味がない方は試聴してみて、そのあと買ってください(結局買わせるんかい)。

あと、CDの発売日には水カン自主企画のイベントもありました。 3月19日渋谷WWWで、オオルタイチさんとのツーマンライブ。 ライブとVJのセット、目と耳で楽しめる。 イベント名はずばり『水曜日の視聴覚室』。

オオルタイチさんはVJスフィンクスさんと。 水曜日のカンパネラはVJ中山晃子と。 それぞれ音と映像を合わせたライブを披露しました。

オオルタイチさんはラップトップでダブ、サイケ、民族系トランス的な音を出したり、 ギターの弾き語りで沢田研二のカバーをやったり、と幅広いスタイルでステージ上を 縦横無尽に駆け巡っていました。 人懐っこさと凶暴さが交互に顔を見せる、プリミティブなエネルギーにあふれる音楽性。 音も映像も「行くところまで行っちゃってる」かんじが出ていて凄かったです。 最後、虎さんが赤血球を吐き出し続ける曲でぶっ飛ばされました…。圧巻。

そして、コムアイと中山さんのライブも負けず劣らず素晴らしかった。 2人の個性が混ざったりぶつかり合ったりして相乗効果を生んでいました。 全13曲、約一時間の長時間ライブでしたが最後まで集中力が途切れることがなかったのは 中山さんのVJによるところが大きかったと思います。 全部手作業で行われるVJは色も動きも生々しく有機的で綺麗だった。 水カンのイメージによく合っていました。

水カンがライブを初めて一周年を記念して主催したイベント。 ちゃんとその集大成的な内容にすることができました。 えがった、えがった。 コムアイがライブの初めにMCで「今日は任せてください!」と言ったのが私の中でのハイライト。 こんなに頼もしいことを言うようになったのか。

ちなみにこの水曜日の視聴覚室は今後も定期的にやる、らしいです。 今回来れなかった方はまたの機会に是非!


皆様こんばんわ。ケンモチです。


その他にも、3月はアルバムリリース月間ということで連日あちこちでライブしてました。 タワレコ大阪なんば店は近所だったので私も観に行きまして。 ライブが終わった後にDir.Fと日本橋(東京で言うところの秋葉原的な街)の オタロードを徘徊したのが楽しかった。 マンガ・アニメ・レトロゲームを観て回り、ゲーセンで遊びまくっちゃった。

二人とも音楽の話は一切せず、 「普通にトモダチと遊びにきた」っていうかんじのノリでなんだか新鮮でした。 たまにはゲーセン行くのって良いストレス解消になるなぁーと実感。 500円ぐらいでこんなに遊べるんですね。

そしてDir.Fは格ゲーが強いということが判明しました。

******************************

はい、ニュースです。ゲイリーニューマンです。

水曜日のカンパネラ/シネマジャック
[発売日]2014年3月19日 [価格]1500円
3rdミニアルバム、8曲入り。 全国のタワレコ&下北沢ヴィレッジヴァンガードで絶賛発売中。 買ってね!

ぐるぐるTOIRO2014
日時:2014年4月6日(Sun)@さいたまスーパーアリーナTOIRO
<出演者> BiS / THEラブ人間 / 笹口騒音ハーモニカ / トリプルファイヤー / ジョニー大蔵大臣(水中、それは苦しい) パスカルズ / ヒカシュー / 王様 / チャラン・ポ・ランタン / DJ掟ポルシェ / Negicco / Cutie Pai / GORO GOLO / 水曜日のカンパネラ / and more
さいたまスーパーアリーナ内のイベントスペースTOIROで2日間にわたり行われる ライブイベント「ぐるぐるTOIRO2014」。 水カンは2日目に出させていただきます。出演者が豪華!

サカエスプリング2014
日時:2014年6月6日(Sun)@名古屋市栄のライブハウス
名古屋市栄のライブハウスで2日間にわたり行われるライブサーキット です。詳細は追ってお知らせします。

その他のライブ情報は「水曜日のカンパネラ公式HP」にて。

******************************

あ、そういえば雑誌、ロキノンの5月号に記事が掲載されてるようです。 機会があったら読んでミソ。

はい、気になったモノのコーナーですうぉ。


その1 『神聖かまってちゃん / フロントメモリーfeat.川本真琴』

神聖かまってちゃんが4月9日にリリースするニューシングル「フロントメモリー」。 このPVに出演しているのは新垣里沙さん。ボーカルを務めるのは川本真琴さん。 今年で40歳になる川本さんですが、声も勢いも危うさも若いころのまま! の子さんの作るメロディ、かまってちゃんのバンドの音と良く合っていますね。 しかしこう、ボーカルがの子じゃなくなると神聖かまってちゃんの曲って だいぶポップなんだな、と改めて気が付かされます。 逆に言えばその曲のポップさを捻じ曲げるほどの彼の強烈な歌い方こそが このバンドの「らしさ」なのでしょうが。


その2 『米津玄師 / リビングデッド・ユース』

ボカロP『ハチ』としても有名なシンガーソングライター 米津玄師さん。4月23日にリリースされる2ndAlbum『YANKEE』より。 なんか曲が速い、語量が多い、メロディが新しい! 聴き手の耳を引っ張るコツをとてもよくつかんでますね。 情報量が多さで聴き手を圧倒するというか。 ボカロPとしてニコニコ動画で鍛え上げられたスキルはさすがの一言。 しかも米津玄師さんは初音ミクでもバンド編成で自分で歌っても、 ちゃんと支持を集めています。これけっこう難しいことだと思います。 (ボカロ好きには生歌に拒否反応を示す人多い…) うーん、恐るべし23歳。。。私とちょうど10歳も離れているのか…orz。 うおおぉ、オッサンも置いて行かれないように頑張らねばー!


その3 『ゲスの極み乙女 / パラレルスペック』

最近どこでも引っ張りだこのゲスの極み乙女。メジャーデビュー作となる 3rd mini album「みんなノーマル」(←このタイトルいいなぁw)より 軽快なファンク調ながら綺麗なピアノが絡んでくる、 センチメンタルとハズシが交互に混ざり合ったような曲です。 白と黒を強調したPVも「パラレル」な二面性を出したんじゃないかと。 とにかく始終ベースがカッコイイ。 そしてボーカルの川谷さん、ザクザクカッティングを弾きながら 平然と高速ラップをまくし立てる芸達者ぶり。凄い。 そしてドラムのほないこか嬢は相変わらず美人です! ところで川谷絵音さん率いるもう一つのバンドindigo la Endも 同時にメジャーデビューするそうですが、 うーんなんというかこちらはあんまり気にならないんですよね(汗)。 ゲスの方が圧倒的にメンバーに華がある。バンド名も曲調も狙った感じがゲスの良いところ。 こういうザックリとしたイメージってとても大事ですね。


その4 『クルミクロニクル / Second Spring EP』

3月19日にリリースされたクルミクロニクルの新作「Second Spring EP」の 一曲目 『Prismic Step』。17歳等身大の女の子の気持ちを歌ったダンスチューン。 しょっぱなから良いメロディだなーと思っていると「ヴェヴェヴェヴェヴェー!」とか エグいベースが入ってきます。さすがです(笑)。 EPには新曲3曲とリミックス2曲が収録されていていろいろな曲調が楽しめます。 ちなみに、クルミクロニクルさんと水曜日のカンパネラはデビューがほぼ同時期で、 エレクトロ系の女子ソロユニットで、対バンでもよくご一緒していて、 そして今回のCD発売日も同じ日だったという。いろいろ共通点がありまして仲良くさせてもらってます。 先日、大阪でクルミちゃんと会う機会があったのでサインをお願いしたところ、 「健持さんへ」と未だかつて見たことがない漢字で名前を書いていただきました。 ありがとうございます、一生の宝物です!


その5 『ガリガリ君リッチ・ナポリタン味』

「コーンポタージュ」『クリームシチュー』とチャレンジングなフレーバーを出し続ける 赤城乳業のガリガリ君第3弾。今回はナポリタン味! ナポリタン味のキャンディーとかき氷の中にプルプルとしたトマトゼリーが入っています。 このトマトゼリーの食感がちょっと気持ち悪いです(汗)。 食べ始めはおいしいような気がしたのだけれどだんだん飽きてきちゃった。 ナポリタンよりカルボナーラの方が良かったかもしれません。 個人的にシチュー味、コンポタ味は本当においしかったので、 ガリガリ君には「クリーム系」の味がしっくりくるんじゃないかと踏んでいます。 これからもガンガン攻めた味を出してほしい!頑張れ赤城乳業!


はーい、そんなかんじでした。

近頃、小腹減った時に『ゆでたまご』を食べるのがマイブームです。 コンビニで一個ずつ売ってる、ほんのり塩味つきのゆでたまご。

あれ食べると口の中の水分全部持って行かれるじゃないですか。 なんかのどに詰まるかんじ。でもそれが良い具合に満足感を出すのです! 小さいゆで卵一個でも「しっかり食ったぜ」っていう気分になれて プリンとかよりよっぽど腹にたまる気がする。 ちっちゃくても力持ち。さすがゆでたまご先生!

さてさて、4月はぐるぐるTOIROがあります。 私も観に行く予定。さいたま新都心だから実家も近いしね! 来られる方はそちらでお会いしましょー。

ではでは。
またね。

ちゃおー。