過去の出来事 2014年 01月

UMA

2014年1月15日



午年・うまどし・UMADO-SHIT!

新年一発目Death。
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ってなわけで、さる1月6日。 ちょっと遅めの年始休みとなったわたくし、 2年ぶりに埼玉の実家に帰ってきました。

帰ったらとりあえず、茶でも飲みつつ両親と近況報告とかしたりしてね。 風呂に入って夕食食べて、テレビのチャンネルをコロコロ…。んで、もうすることがないんだわ。 来る前はあれほどワクワクしていたのに、いざ帰ってくると実家というものは恐ろしく暇なのでした。

することが無くなってくるといつも、昔の雑誌を読みふけりだします。 私が実家にいたころよく読んでいた雑誌とかがタンスにそのまま仕舞ってあるのです。

Grooveとか、Remixとか、サンレコとか、ミュージックマガジンとか。 学生の頃よく読んでたあの雑誌。もうかれこれ10年以上も前、時の経つ早さは恐ろしいなぁ。 表紙の石野卓球がまだ若々しくてテカテカしてる。 よく考えたらこの時の卓球さん、今の俺より若いんだもんな・・・ちょっとショック。

記事を読むと当時の記憶が蘇ってくるのです。 学生のころはお金もなかったので一冊雑誌を買ったら何度も何度も隅々まで読んでましたもの。 Youtubeなんてなかった当時、機材が買えないから、CDが買えないから、文章から音を想像するしかなかった。 そういうところで私のイマジネーションは鍛えられたのかも知れません(エッヘン)。

あ、あと実家に帰ったらアレ。 家族そろって近所の100円回転寿司に行くのが楽しみなんです。

じーさんばーさんから、うるさいガキんちょ、ガラの悪いチーマー達まで。 わいわいがやがやしている中に、ベルトコンベアーで運ばれてくる寿司、プリン、ケーキ。 このカオスはまさに日本の食文化ならでは。 俗っぽさにゾクゾクする。最高!

そんなとこでメシを食いつつ、一家団欒くだらない会話をする。 何でもない幸せ。最高の贅沢です。 あと何度、家族そろってこんな時間を過ごせるのかなー。 そんな思いが皿と一緒に巡りつづけるのでした。


皆様こんばんわ。ケンモチです。


翌日は水カンメンバーと渋谷で落ち合いまして。
新年の挨拶もそこそこにミーティングやらRECやら新宿LOFTでのライブやら。 ライブ会場では普段なかなか会えない方々とゆっくりお話しすることが出来ました。 皆さんフレンドリーであったけぇ。 いやはや、有意義な時間を過ごさせてもらいましたyo-!

コムアイのライブは2014年に入りさらに狂気的になっていました。 なんというフリーダムさ…。頼もしい子になったもんだぜ、と感慨深くステージを見守っていると コムアイが巨大な魚肉ソーセージをミサイルのごとく客席に投げつけていました。 あの、それ、人に当たったら普通に怪我するからね。

「狂気」&「凶器(ソーセージ)」。今年もヤバい一年になりそうです。

と、そんなこんなで今年もあっぱれな正月を過ごさせてもらいました。 気力満タン、バヒンバヒン。 今年は去年以上に躍進する年にするぜいぜいぜーい。

******************************

はい、ニュースです。ニューオーダーです。

水曜日のカンパネラdemo4
[発売日]2014年2月12日 [価格]100円
[収録曲]1.ミツコ(セーラー服ver.) 2.二階堂マリ
やってきました100円CD第2弾!タワレコ店舗限定&数量限定発売 になります。買いに走れー!

水曜日のカンパネラpresents オトトイの地下室
日時:2014年3月1日
コムアイのライブ活動1周年を記念し水曜日のカンパネラ企画でイベントやります。 豪華アーティストや鹿の解体や漫読などなど盛りだくさん!

その他のライブ情報は「水曜日のカンパネラ公式HP」にて。

******************************

はい。そんなこんなで最後は気になったモノのコーナーに、 しっぽりしっぽりしけこみてぇ!わけですが。

昨年末に発表された「2013年のアイドル楽曲大賞」を聞いていたら、 自分の知らなかった曲がいっぱいありまして。 いまさら感もありますが今回はそのあたりを中心に攻めてみたいと思います!


その1 『私立恵比寿中学 / 誘惑したいや』

スタダ所属、ももクロの妹分的ポジションのエビ中。 昨年はデビュー後史上最速でさいたまスーパーアリーナ単独公演を実現など大活躍だった彼女ら。 自称「King of 学芸会」というだけあってハチャメチャなイメージばかり持っていたのですが、 こんな曲もあったのかーと思わずほっこり。 作詞作曲編曲はたむらぱんさん。 「誘惑したいや」なんてちょっとエッチなキーワードからこんなまっすぐで力強い曲が 出てくるなんて素晴らしいセンスです! ユニークな曲にダンス、汗をかきながら泣いて笑って一生懸命歌う PVを見ながら聞いていると思わずグッと来ちゃいます。 「ゆわくわくわくわくわー♪」 ちなみにエビ中は『永遠に中学生』というコンセプトのため、 高校生のメンバーは『中学4年生』、『中学5年生』として進級していくらしい。 …それ留年じゃないか!


その2 『RYUTist / Beat Goes On-約束の場所-』

新潟市中央区古町から生まれたアイドルユニット。 「柳都( りゅうと・新潟の旧市街地の呼称)」という言葉に、「アーティスト」を加え、 RYUTist(りゅーてぃすと)と読むそうな。 メンバーは全員、新潟生まれ新潟育ち。いいね! 曲は7分もあってちょっと長めの大作。最初はちょっと凡庸な滑り出しだけどそこはご愛敬。 印象が変わるのは3:30からのラップと泣きのCメロで入るハモリ。 豪雪地帯の新潟、厳しい自然に負けず力強く生きる子達のポジティブなラップに涙腺は撃沈。 ああもうそれだけで救われた気持ちになるじゃないですか。 俺も頑張って生きます!


その3 『青SHUN学園 / 手紙。』

福岡発のロック系アイドルユニット『青SHUN学園』。 5才から20才までの「女子部」、女装男子2人の「オカマ部」と、 学園長でプロデューサーの「SHUN」で構成されているという謎グループ。 が、しかし曲がやたらにエモい。 曲も歌詞もダンスも、イントロの掛け声から間奏のピコピコなシンセまでも。 あまりのエモさに思わず夕日に向かってGOせずにいられない。 ちなみにアイドル楽曲大賞2013年、インディーズ部門で堂々の一位となった曲のようです。 私もなんかAMAZONでCDポチッちゃいました。 クッ、いったいこの曲で何人のドルオタさんを夕日に向かってGoさせたのかっ!


その4 『TEAM MU / ゆるメーター』

静岡県富士宮市、市制70周年を記念して結成されたご当地アイドル。 街おこしの一環らしく、かの有名なB級グルメを題材にした「みんなの富士宮やきそば」なんて曲もあります。 作詩曲は石田彰さんというプロデューサが担当されているようです。 絶妙な絡みを見せるベース、ギター、ホーンの上にラップとも歌ともつかないような声が乗るおもしろい曲。 メロディもちょっと変わってる。キレのあるカッティングにヘタウマなラップに太いベース。 キレがあるのにゆるい、そしてお洒落という不思議感覚。 ちなみにグループはすでに解散してしまっているようです。えーなんで?と思ったら、 市役所が運営するにあたり「アイドルに税金を使うのか」などの批判があったらしい。 うーむ…なるほど、アイドルに興味無い人からしたらもっともな話かもしれない(汗)。


その5 『まかないサンド』

新幹線で東京に帰る時、新大阪駅でいつも買うのがこれ、「まかないサンド」。 「とんかつ」や「2種類のチーズ」などそこそこの具が入ったサンドイッチ。なんとお値段100円。 しかもこれが意外とうまいんです。 駅構内の駅弁とかサンドイッチって馬鹿に高いので、私はいつもコレ2個買ってます。 2個で200円!安い!実際安い!量も手軽でちょうどいい。 どこにでもあるのかと思ったら他の駅では売っていないようです。 まさに大阪ならではのお得な商品です。お土産にもいいかも?


その6 『池袋大勝軒 カレー中華そば / エースコック』

元祖つけ麺で有名な池袋大勝軒。創業当時のメニューであったカレー中華そばを再現したものだそうな。 動物系と魚介系の旨みを合わせたダブルスープに、固形のカレールーがダイナミックに入っています。 カツオやサバの出汁のおかげで蕎麦屋のカレーというか和風っぽい風合いがして好きな味。 麺はふとめで食感しっかり。量も多めで満足度タカシ君。 具はメンマの歯ごたえがいぶし銀でした。やっぱり寒い季節はカレー系ラーメンに限るぜ!


その7 『キン肉まん / ファミリーマート』

キン肉まんシリーズ第三弾。ラストを締めくくるのはやはり主役のキン肉スグルさん! 中身はキン肉マンの好物「牛丼」風の具。さすがに吉野家とのダブルコラボは無かったかw。 だいぶ甘目の味付けで牛肉らしきものがちらほら入っています。 可もなく不可もない味ですが値段も高いのでもうちょっと量が入っていてもいいんじゃないか、と。 が、一番残念なのはとにかく外見。キン肉マンに似てない(爆)。なんか目と口が違くない? 作画崩壊か。

シリーズ通しての感想は、ウォーズまん>キン肉まん>ラーメンまん。結局第一弾が一番良かったなぁ。


はい、そんなかんじでしたっ。

さてさて、2/10に出る「水曜日のカンパネラ demo4」。
100円のくせに収録曲は2曲入っております! 「ミツコ」と「二階堂マリ」という二人の女傑が暴れまわる問題作です(笑)。 出血大サービスCDですので是非ともGETしてくださいましー。 次回はこの2曲についてちょっと解説しようかと思っています。 こうご期待!

ってなかんじで、2014年。
今年も精進してまいります。
何とぞ、よろしくお願致します!

奈落の底までGO-!

ではでは。
またね。

ちゃおー。

demoフォー!

2014年1月31日



お前はきちっと堕ちてこい!!
私のとこまで堕ちてこい!!

Ho-!

っということで来る2月10日、タワーレコード全店にて
「水曜日のカンパネラ / demo4」が発売になりやす。
うおー!ぴーひゃらぴーひゃら!どどんかどん! おめでたい、おめでたい。かあさん今日は赤飯を炊こう。

そんなこちらのCD。「1.ミツコ / 2.二階堂マリ」の2曲が収録されています。 今回はそのあたりをちょっと解説しようかなーと思ってます。

まず一曲目、ミツコ。

この曲は鬼才、園子音監督の「恋の罪」という映画がテーマになっています。 楽曲配信サイトOTOTOYとの企画でいただいたお題でした。

この映画は渋谷区の円山町、通称ラブホテル街を舞台にエロとグロが色濃く描かれた怪作でございまして。 うーむ、これで曲を作るとなると…と試行錯誤の末行きついたのが「ソーセージRAP」でした(爆)。 なんでソーセージやねーん!って思った方は是非映画「恋の罪」をご覧下さい。 きっと納得してもらえる…かもしれません。

サビでは「堕ちてこい!」とか「3000ポッキリ!」など、インパクトのあるリリックを コムアイがシャウト。なんか凄いことになっています。 既にライブでは定番になりつつあるこの曲。CDを聞いて気に入ったら是非ライブに! そしてコムアイが投げつけるソーセージをキャッチしましょう!(ケガをしないように注意)

お次は2曲目、二階堂マリ。

これは何を隠そうキン〇マンのRAPです(笑)。 二階堂マリ(通称マリしゃん)はキ〇肉マンの恋人。 でもこれはアニメ版だけの設定で、原作漫画では「ビビンバ」という女超人のが恋人役なのです。 ふむむ、、、なぜだ?

まぁ、そんな大人の事情は置いておいて。 ともかく二階堂マリが超人たちの名前を連呼していくという曲です。 30代のオッサン達のみにド直球のこのネタ。コムアイ世代にはチンプンカンプンかと思います…。

これまでどんな曲を投げても淡々と歌ってラップしてきたコムアイ。 ですがこの二階堂マリに至っては「この曲は恥ずかしい…」と つぶやいておりました。 まぁ確かにそうだわな。「ヘイ!Stop!肉離れー!」とか俺でも怯むわ。 本当に申し訳ない。

…と思いつつも結局歌詞を直さないまま完成したりする(笑)。 恥じらいながらラップしているコムアイにもちょっぴり興奮しちゃったり。フハフハフハ…! はい、私のことはゲス野郎と呼んでくださってけっこうです。

あとサウンド面では、チョッパーベースが大々的にフィーチャーされたファンク仕様になっております。 このベースは大晦日の夜に紅白歌合戦を観ながら私が演奏したものです。…どうでもいいか(笑)。


皆様こんばんわ。ケンモチです。


ということでインパクトバッチリ、JPOP界に妙な風を吹かす2曲が詰まった 「水曜日のカンパネラ / demo4」。 タワーレコード全店にて、なんと100円でお買い求めいただけます! 安い!実際安い!ニンジャが出て、買う!

単価が安いので、複数枚買って知り合いにプレゼントするというのもアリかと思います。 ホラ、時期的にバレンタインデーも近いじゃないですか。 意中の男子にチョコの替わりにdemo4をプレゼントするっていうはどうですかね?

「あ、あの、もしよかったら…このCDを聞いて私と一緒に堕ちてくれませんか?!」

高校の体育館倉庫の裏、頬を赤らめた女子高生からこんなこと言われたら、、、 私は間違いなくイチコロで落ちる、否、堕ちる自信があります!

奈落の底までGOー!

******************************

はい、ニュースです。ニューオーダーです。

水曜日のカンパネラdemo4
[発売日]2014年2月12日 [価格]100円
[収録曲]1.ミツコ(セーラー服ver.) 2.二階堂マリ
やってきました100円CD第2弾!タワレコ店舗限定&数量限定発売 になります。買いに走れー!

水曜日のカンパネラpresents オトトイの地下室
日時:2014年3月1日@新宿LOFT / チケット3500円(学生は3000円)
<出演者> 水曜日のカンパネラ / 向井秀徳アコースティック&エレクトリック / クリトリック・リス / NATURE DANGER GANG / 山田広野(活弁) / 東方力丸(漫読) / 瀧川鯉八(落語) / ぼく脳(演芸)
コムアイのライブ活動1周年を記念した水曜日のカンパネラ主催企画。 豪華アーティストや鹿の解体や漫読などなど盛りだくさん!

水曜日のカンパネラpresents 水曜日の視聴覚室
日時:2014年3月19日(水)@渋谷WWW / チケット1000円
<出演者> オオルタイチ / 水曜日のカンパネラ
<VJ>SphinkS / Akiko Nakayama
初のツーマンライブ。オオルタイチはSphinkS、 水曜日のカンパネラはAkiko Nakayamaと、どちらも気鋭映像作家によるVJを伴っての パフォーマンスを予定しております!

その他のライブ情報は「水曜日のカンパネラ公式HP」にて。

******************************

ってなわけで、水曜日のカンパネラ主催の企画2本が一気に告知となりやした。

まず、3/1新宿LOFT「オトトイの地下室」。 向井秀徳さんとクリトリックリスさんとNATURE DANGER GANGさんと、 そこに漫才・漫読・落語・活弁…そして鹿の解体。 これだけやってチケットは3000円ポッキリ。

そして、3/19渋谷WWW「水曜日の視聴覚室」では、 オオルタイチさんとのツーマンライブ。 なんとこちらは1000円ポッキリ!

なりましたがなんじゃこりゃー!(爆) なんという狂気、カオス。両企画とも内容がぶっ飛び過ぎ。 コムアイの観たいもの、やりたいことを集めたらこんなことになってしまいました。 おそろしすぎる。これ本当に大丈夫なの…?

2014年3月は、コムアイがライブを始めて1周年の節目だそうで。 やたらと気合の入れて活動するようです。 なるほど考えてみたらまだ人前で歌うようになって一年も経っていない。 一年間で人は変わるのだなぁ。

ささ、では最後。気になったモノのコーナーで締めます。


その1 『The Weeknd / Belong To The World』

カナダ出身の23歳男性R&Bシンガー、エイベル・テスファイさんのプロジェクト「ザ・ウィークエンド」のアルバム「Kiss Land」から。 暗くて退廃的でダビーなトラックに妖艶で繊細な歌声が乗る、R&Bとポストダブステップが混ざったような音楽。 チルウェイブみたいにドリーミーなモヤモヤ感は薄めで割と歌メロがはっきりしています。声が好き。なんか薄暗い部屋の隅っこで膝を抱えてるマイケルジャクソンみたいな(笑)そんなかんじ。 まさに私の好きなものを全部詰め込んだ雰囲気で、 Youtubeで試聴して即アマゾンでポチりましたわ。 アルバム全曲このダウナーさで最高。ずっとコレばっかり聴いてます。中毒性高し! このウィークエンド、彼の趣味なのかどうなのかわかりませんが PVやサンプリングネタにちょいちょい日本が出てくるんです。 コレがまたビミョーにエキゾチックになっちゃってて面白い。 曲がシリアスなのに日本語が意味不明。 まさに「ニンジャスレイヤー」のノリ。

奇妙な日本語ネオンのPV 『The Weeknd / Kiss Land』
こちらはそのライブ 『The Weeknd Live @ Mod Club』


その2 『失敗しない生き方』

失敗しない生き方、という6人組のバンド。 1stアルバム『常夜灯』より一曲ご紹介。 バンドプロフィールは公式ページによると 「住環境の良い三鷹周辺でヌクヌクと生まれ育ったヌルめの若人たちが、 どうしようもない暇をつぶす為だけ一時的に結成された、 コンビニエント・サバーブ・ポップ・グループ」とちょっと自虐的なかんじですが、 サウンドは非常にアーバンでお洒落です。 ジャズやカントリー、歌謡曲やノイズミュージックなどの要素を昇華した ポップサウンドが展開されています。 まだまだ荒い削りな感じですが、バンド名とかアルバムタイトルとか、 言葉のセンスとかやたら冷めた姿勢とか、イマドキの若者っぽくて気になります。
こちらはCINRA.NETでのインタビュー。 『謎だらけの6人組ポップバンド 「失敗しない生き方」インタビュー』 あと、まぁ、音楽にのめりこみ過ぎると 人生失敗しかねないので気をつけてほしいです(笑)


その3 『Roland / AIRA』

世界中のアーティストから愛され続ける名機RolandのTR-808/909。 テクノとかハウスとかで鳴ってるキックがTR-909の音だったり、 ドラムンベースとかでドゥーンって鳴るベースがTR-808の音だったり。 とても有名なドラムマシンです。 で、その伝説の両機が現代にパワーアップして蘇る?と話題になっております。 Rolan社が突然『AIRA』というサイトを立ち上げ、 謎の機材の動画をYouTubeで公開中。 808に良く似た、見たことの無い機材が一瞬だけ映されています。 詳細な全貌は2/14に明らかになるそうな。 うぉぉ気になる! 私は機材とかあんまりこだわらないタチなのですが、 これはなんか見た目カッコイイなーとか思っちゃいました。 シンセやリズムマシーンは音よりも外見が意外と大事だったりします(爆)。


その4 『日清食品 / ホワイトシチューヌードル』

2014年2月7日に開幕されるソチオリンピックを記念した商品。 冬季オリンピックの雰囲気に合わせてホワイトをイメージした ホワイトシチュー味のカップヌードルです。 「まろやかで濃厚なクリーム感たっぷりのスープ」だそうな。 ホクホクのジャガイモと香ばしいベーコンの風味、 そしてちょっと甘めでとろみのついたシチュースープがヌドールとよく絡みます。 うーまーいーぞー!しばらくシメの一杯はコレになりそうです。 ちなみに他にも日清からは「白ちゃんぽん」「ホワイトカレー焼きそば」が出ており、 ではソチオリンピックの日本代表応援商品『ホワイトトリオ』キャンペーンがなされています。 うわぁ適当な感じ!でもそういうノリ、嫌いじゃないです。 さあ、そち(ソチ)もカップヌードルを食べ日本を応援するがよいぞ!


ってなかんじ。
あ、ひとつ個人的なお知らせが。
先日、携帯電話を修理に出したところ手違いでアドレス帳を全部消去してしまいました。ジーザス。

なので電話をいただくと「で、あの、失礼ですがどちらさまでしょうか…?」的な反応になってしまうかもしれません。ご了承ください。ぺこり。

うーんこれを機にますます形態の利用頻度が減りそう。
もうここまで来たら私はずっとガラケーで行きますわ!!!

スマホなんて必要ないわい!
レッツ・ガラパゴス!!!

ではでは。
またね。

ちゃおー。