過去の出来事 2013年 12月

能率手帳

2013年12月15日



2014年の手帳を買いました。ウェイ。

こう見えてもマメな人間でして、私は『手帳魔人』と呼ばれるぐらい手帳を書きまくります。 …いえ、ウソです。魔人とまで呼ばれたことはありません(なんだそれ)。

ちなみに使ってる手帳は「能率手帳」ってやつ。
能率手帳 ベルノA5バーチカル

ちょっと大きめサイズだけど一週間見開きでメモ欄もいっぱいあるのが嬉しい。 ルーズリーフでページをどんどん追加していけるシステム手帳タイプのもいいのだけど、 私はこの一年ごとに本になっている昔ながらの手帳が好きです。

一年ごとに手帳を買い替えるから、大切なメモや覚書などを毎年書き写さなければならないのだけど、 その作業があるおかげで手帳を読み返すきっかけが生まれ、一年を振り返ることができる。 今年もそんな時期になったのだなとしみじみ。ああ2013年もいろいろあったわなー。

---回想中(ぽわわわーん)---

思いおこせば2013年のスタート時はすべてが宙ぶらりんでした。 まだ水曜日のカンパネラも漠然としたイメージしかなく、 ひたすらデモ曲を作ってはYoutube上にUPしていたころ。 毎週の水カンラジオも「これ、誰か聞いてるの?」的なかんじで。

今までケンモチ名義でやっていたインスト曲のストックもゼロ。リリースの予定もなし。 大阪で一人迎える正月。東京へ帰れる目途もなし。

「あれ、オレけっこう積んでるんじゃ…」って正直思いましたネ。 年のはじめはそんなかんじで、あまり明るくないスタートだった気がします。

「とりあえず春にデザインフェスタがあるからそこでCDを出そう!」。 と、水カンの足踏み状態に終止符を打つべくデモ曲のまとめ制作に入ったのが2-3月。 そうして四苦八苦しながら作ったのが1stアルバム『クロールと逆上がり』でした。

ヴィレッジヴァンガード・下北沢店限定でリリースしたこのCD。 当時はもちろんまったくの無名だったしニュースもほとんど出さなかったので、 反響らしい反響はありませんでした。とりあえず『自分たち用のまとめ』というかんじのリリースでした。

でもね…。今だから言いますけど実は私、 『クロールと逆上がり』はちょっと失敗したなーという気持ちもあって(汗)。 早く次の作品を出して塗り替えたい!って猛烈に思ってたんです。 それが原動力になったからか、2nd「羅生門」までは早かった。

そして楽曲制作ペースもさることながら、 コムアイとディレクターF氏の動きはさらに輪をかけて早かった。 速過ぎて肉眼でとらえきれないほどでした(若干誇張ぎみ)。

忘れもしない私が初めて観たコムアイのライブ。 4月30日、渋谷O-nest「SHIBIYA GOLDEN GIRL」。 あれがいろんな意味でのスタートだった気がしてます。 そこから始まった怒涛のライブ&制作&レコーディング。

デザインフェスタ春、 ノルウェイの盛り配信、 ゆるフェスも、 Rigo A-GO-GO、 Bis・エスペシア・Yucatとのシェルター対バン、 マリー/シャアの100円CD発売、 りんご音楽祭、 タワレコメン、 羅生門発売、 東方力丸さんとの漫読会、 シブカル祭、 名古屋・大坂タワレコインストア、 ミナミホイール、 新宿タワレコインストア、 OTOTOYでの映画企画開始、 鹿の解体、デザインフェスタ秋、 りんご飴音楽祭、仙台・松本遠征、MusicるTV、 音泉温楽、MushiFest…そして今。

よくわからないままに転がり続けてまいりました。 いやー猛烈でした。 今までのケンモチ名義でやっていたころとは全く違うスピード感。 尻たたかれまくり(あうっ)。

マイペースにとか、納得できるまでとか、そんな悠長なこと言ってられない。 深く考える暇もなく、出来たてホヤホヤのブツをそのまま投げつける毎日。 脇目も振らず、ちぎっては投げ、ちぎっては投げ。これはもはや制作という名のスカム。

そうしてふと気がついて周りを見てみると水曜日のカンパネラは一年前とはだいぶ違う、 かなり変な場所にいたのでした(笑)


皆様こんばんわ。ケンモチです。


いやー忙しかったけど楽しい一年でした。
「考える暇がない」ということは「悩む暇もない」わけで。 がむしゃらに前だけ見て突っ走れたのがよかったのでしょう。うむうむ。

というわけで。
手帳の写しを終えた私はもうちょっぴり2014年モード。 この手帳には何を書き込むことになるのか。 そしてまた一年後書き写す時、振りかえって何を思うのか。

こうして私の思いは手帳というジーン(遺伝子)となって受け継がれていくのであった! ででん!!!(どやッ)

******************************

ニュースです。ニューカレドニアです。

【タワーレコード京都店 インストアライブ】
日時:2013.12.25(月・祝)開演:14:00
会場:河原町OPA 9F エスカレーター側通路スペース
ミニライブは無料で見ることができます。 イベント当日、タワーレコード京都店にてミニアルバム 『羅生門』をお買い上げ頂いた方には先着でサイン会参加券がついてきます! ※なお、ライブには出ませんが私も観に行く予定ですw。

その他のライブ情報は「水曜日のカンパネラ公式HP」にて。

******************************

はい、では最後に気になったモノコーナー!ででんでん!


その1 『ゲスの極み乙女 / キラーボール』

2012年5月に結成された、川谷絵音(Vo)、休日課長(Ba)、ちゃんMARI(Key)、ほな・いこか(Dr) からなる4人組。 プログレ、ヒップホップを基調としているちょっとユニークなバンド。 12/4に発売になった2nd mini album「踊れないなら、ゲスになってしまえよ」から一曲ご紹介。 軽快なキーボードのリフに乗ってくる澄んだ歌声とナイーブなラップ。 このやたら耳に残る独特のボーカル。何度か聞くうち気がついたらクセになってハマっていました。 間奏のベース、ショパンのピアノなどの展開もおもしろい。 他にもバンド名、個人のキャラクター、芝居がかったPVなどなど、 何かと「気になる」要素が多いバンドです。 ちなみに来年にはワーナーミュージックのレーベル、『unBORDE』からメジャーデビューするとのこと。 今、旬の新人がいっぱいいる『unBORDE』。これは来年あたりブレイクする匂いがぷんぷんするでゲス。

ドラムのほないこか嬢がかわいいこちらのPVもおススメ。
『ゲスの極み乙女 / ぶらっくぱれーど』


その2 『The Novembers / dogma live performance』

2005年3月に結成。4人組のオルタナティブロックバンド。 5月に発売された4th EP『Fourth wall』より『dogma』のライブPV。 退廃的なゴス、ポストパンクなヒリヒリ感。 「グワシャーン!」という強烈な破壊音、ゆれゆれなギターのアルペジオ、 突き抜けるサビへの高揚感、神経質なシャウト。Oh-!カコイイyoー! 奈落の底までGo-! PLASTICZOOMS、Lillies and Remainsとかと合いそうだなーと思っていたら すでに彼らの自主企画ライブで対バンしていたらしい。 あーなるほど。これはまさに私が大好物とする方向性ではございませんか。 また最近は長年在籍レーベルから独立し、自分たちと少数のスタッフで ライブ、作品の流通、プロモーションなど行う自身のレーベルをスタートさせるそうな。 強いDIY魂を感じますね!頑張ってほしい。D・I・Y!D・I・Y!


その3 『Tam Tam / Polarize』

平均年齢20代前半の新世代ダブバンドTam Tam。 自ら「21st Century Dub Band」というだけあってライブでも常にDUB PAが帯同するという本格派。 でもズブズブのレゲエとかベースミュージックってわけじゃない。 黒田さんの瑞々しい歌声ときれいなメロディが基本にあるのでとても聞きやすくてポップ。 若いバンドでダブをやる人って最近あまり聞かないので是非とも頑張ってほしいですね。 他にも、地元の北海道厚岸(あっけし)町の「厚岸音頭」を元にした 『Akkeshi Dub』などのネーミングセンスもありw。

こちらはライブ映像。気持ちいいですー!
『proof(live at meteorite release party) 』


その4 『チーズポテトディップ / マクドナルド』

マクダーナルの季節限定新メニュー。 チェダーとモッツァレラの2種類のチーズが混ざったポテトフライを アラビアータソースにつけて食べるという、マックナゲットとポテトが合体したような商品。 ポテト5つにソース付で150円なり。 ソースはトマトの酸味とハーブのエキゾな風味がこれまでのマックに無い感じでおいしかった。 ポテトそれほどチーズっぽさを主張せず控えめなお味。カリカリした食感が良い塩梅です。 期間限定だしクーポン券もあるしもちろんおいしいのだけど、ポテト5個だとちょっとさみしい感じ。 どうせならあと40円出してマックナゲットを買っちゃうかもなぁ。アラビアータソースは単品で売ってくれ!


その5 『ファミリーマート / ラーメンまん』

ファミリーマートの「キン肉マン」タイアップ中華まんの第2弾。 今回は直球勝負の食品キャラ「ラーメン」。辛さを抑えたマイルドな担担麺入りらしい。 ほうほうどれどれ!と食べてみたのだけど…うん、なんか普通でした(爆)。 坦坦なのに全然辛くない。辛さ抑え過ぎだろ!そして麺も細切れでラーメンぽくない。 これ目をつぶって食べたら普通の中華まんと同じじゃねえの? しかも外見も第一弾のウォーズまん程のインパクトがあるわけでもなく。 これが180円はちょっとうーんといったかんじ。 でも第3弾まで予定されているこのシリーズ。ラストは凄まじいのが来ることを期待しています。 ここまで来たらもう全部食べますよ!私は!


へい。そんなかんじでござーした。

あ、そうだ。最後は音泉温楽の話をちょこっと。

12月7-8日の長野の渋温泉、金具屋旅館で行われた温泉フェス。 水カンはトップバッターで気持ちよくライブさせてもらいました。 この日のコムアイはなかなかいい調子。特に新曲の「ミツコ」が特に良かったですー。

そして早々に出番が終わったあとはもう天国。 いろんなアーティストさんのライブが観れて、 素敵な旅館、いい温泉、うまい食事と酒…と 思う存分に羽を伸ばしてきました。湯治ッ!湯治ッ!

いやぁこんな楽しんでいいのだろうか。 まさに夢のような時間でした。めっちゃドリーム!

しかも東京への帰りの車中が青葉市子さんと一緒になったりなんだり。 ちょっとおしゃべりしたりアルフォートをもらったりしちゃった。 緊張したけど楽しかった。 これも夢のような時間でした。めっちゃドリーム!

ライブ観てくださった方々、スタッフの方々、どうもありがとうございました。 また行きたい音泉温楽。呼んでもらえるように来年も頑張ろう、そう思えた2日間でした。

俺は来年の手帳にもきっと温泉マークを書き込むぜーーー!

ではでは。
またね。

ちゃおー。

家ぇーがー

2013年12月31日



年末ゥ!大みそかぁ!除夜の鐘ぇ!
ってことで気がつけばあっというまに今年も最終日ぃ!

ありがとう2013年。そして今このページを読んでいるあなたにも感謝の言葉をお届け。 やぁ、どうもありがとーう。

毎年この時期になると、「いやぁ今年もあっという間でしたな」 「本当にそのとおりですな」「わっはっはっは」 的な会話が慣例的になされるわけですが。 私にとって、今年は一年が長く感じました。

「締切まであと何日!あと何日!」ばっかりで、ずっとカレンダーとにらめっこしていたからかもしれません。 時計を見ていると時間の経つのが遅く感じますが、カレンダーも似たようなものなのかもしれませんね。 ウェイのポン。

さてさて、そんなわけでして今回は年末恒例のこの企画。 ちびちびと酒でも飲みながら 『2013年の音楽私的ランキング』を発表したいと思います! 今年リリースされた邦楽のみの超個人的ランキングです。 もはやこのご時世、アルバム・ミニアルバム・シングルを別ける 意味もなさそうなのでごちゃまぜで行きまーす。

ででんでん。

********************

1.Linked Horizon / 紅蓮の弓矢・自由の翼
2.きゃりーぱみゅぱみゅ / にんじゃりばんばん(関根梓ver.)
3.黒木渚 / 黒キ渚
4.tricot / 99.974℃
5.赤い公園 / 今更
6.パスピエ / 演出家出演
7.Seiho / I Feel Rave
8.ゲスの極み乙女 / キラーボール
9.Bis / Die・Fly
10.やくしまるえつこ / RADIO ONSEN EUTOPIA
11.禁断の多数決 / トゥナイト トゥナイト
12.マキシマム・ザ・ホルモン / 予襲復讐
13.凛として時雨 / I'mperfect
14.KANA-BOON / 盛者必衰の理、お断り
15.Tofubeats / university of remix
16.Charisma.com / アイ アイ シンドローム
17.NMB48 / てっぺんとったんで!
18.割られたリンゴ / 渡辺早季
19.クルミクロニクル / 輝け空色少女
20.乃木坂46 / 君の名は希望

********************

ってことで、一位は進撃の巨人のOP2曲でしたっ♪
いぇーがー♪

二位はきゃりーぱみゅぱみゅ♪
鮮やかに恋してにんじゃりばんbあ…
あ、今、こいつ今年音楽聴いてねぇなって思いましたね…。

一位が売れに売れたアニソンで、二位がニコニコの「踊ってみた」動画。 他のも基本的に聞きやすい感じのJ-POP/J-ROCKで。 相変わらず中二…いや、中学生でももうちょっと音楽聴いているのではなかろか。 実に軽薄なセレクト。もうあまりに軽すぎて薄すぎて、 身に付けているのを忘れてしまいそうなぐらい 軽くて薄いくて多い日でも安心なセレクト。(サイドギャザー付)

本来ならここは音楽を作ってる身として、 洋楽とかクラブ系とか、なんかカッコいいものを羅列していくべきなのかも知れないけど。 でもオレ英語よくわからないし、歌が入ってない曲って難しいじゃん?(ヒドイ理由)。

もともとインストを作っていた人間が言うのもなんだけどさ。 今年は進撃の巨人で一番感動したし、 関根梓の踊ってるにんじゃりばんばんが一番可愛かったんだよ! もういいんだ、軟派でいいんだよ。 いぇーがーばんばん!

最近の私の指向は、カッコいいだけ、上手いだけ、綺麗なだけの音楽には あまりピンと来なくなっていまして。 音楽を通した上で、それがどう面白いのか新しいのか個性的なのかっていうのが けっこう重要になっています。

純粋な音楽の出来の良さで言ったら昔の方が全体的に質が高かったと思うんですよ。 リスナーもいっぱいいたし、業界も活発だったし、お金も時間もいっぱいかけられたから。 でも今はそうじゃない。 ミュージシャンはみんなお金ないし、副業でやってるから時間もないんです。

だから足りない部分は頭をひねって工夫する! アイディアを出して面白くする! コンセプトを絞って個性を出す! そういうところを見聞きするのに興味があるし、自分もやるならそこが勝負のポイントだと思っています。

これこそが2013年の音楽の聞き方だー!


皆様こんばんわ。ケンモチです。


…うん。まぁ、ちょっといい気になって言ってみましたが、 薄っぺらい(サイドギャザー付) ランキングになってしまったのは私がチェックを怠っていただけです。ごめんあそばせ。 来年はもうちょっと真面目に音楽を聞いていこうと思い…いやぁどうなんだろうなぁ。(遠い目)

******************************

はい、ニュースです。ニューオーダーです。

水曜日のカンパネラdemo4
[発売日]2014年2月12日 [価格]100円
[収録曲]1.ミツコ(セーラー服ver.) 2.二階堂マリ
やってきました100円CD第2弾!タワレコ店舗限定&数量限定発売 になります。買いに走れー!

水曜日のカンパネラpresents オトトイの地下室
日時:2014年3月1日
コムアイのライブ活動1周年を記念し水曜日のカンパネラ企画でイベントやります。 が好きなアーティストや鹿の解体や漫読などなど盛りだくさん!

その他のライブ情報は「水曜日のカンパネラ公式HP」にて。

 ******************************

ほい、そんなかんじで今年最後のお知らせも終わり。 やぁ、今日は大みそかということもあってちょっと酒を飲みつつ書いているのですが、 ちょっと眠たくなってきたので今回は『最近のオススメのコーナー』パスしますね…。

まぁ、たまにはこういう時があってもいいよね。
年末だもの。みつを。

さてさて、来年は2014年。うまどし!
馬だけに百万馬力で前進していきたいと思いまーす。
ちょっと先ですがまずは2月、100円CDの発売です。

ちびっこのみんな、親戚のおじさんおばさんからまきあげたお年玉で 100円CDをいっぱい買おう!一万円あれば100枚買えるよ!
わーい!いっちまーんえん!いっちまーんえん!

そんなこんなで皆様、来年もよいお年を!

ではでは。
またね。

ちゃおー。