過去の出来事 2013年 4月

水曜日のカンパネラ

2013年4月15日



すいすいすーだらっだっだー♪
すらすらすいすいすいー♪

っと。
『水曜日のカンパネラ』というユニットをはじめました。ウェイ。
以後、どうぞよろしくお願いします。

水曜日のカンパネラ(web site)
水曜日のカンパネラ(twitter)

2013年も4月の新年度ということで、新しい試みを始動。
『謎が謎を呼ぶ、新感覚 そわそわ系ポップス』とでも言いましょうか。 頭に軽くハテナマークを浮かべつつまったりお楽しみください(汗)。

このユニットはいわゆる『ソトシゴト』ではなく、『じぶんごと』です。 ソロ名義のギターインスト音楽とはまた別のラインで、 中・長期的にまったりと活動していく予定です。たぶんね。

ちなみに、メンバー構成は以下の通り。

・コムアイ 歌い手
・けんもち 音屋
・ディレクターF 何でも屋

サウンド面に関しては全面的にケンモチが担当しております。 歌詞はメンバー3人で臨機応変に書いております。

なお、私とF氏は裏方なのであまり表には出ません。 ユニットとは言いましても基本はコムアイが一人で歌っているという絵になります。 いわゆる「T.M.Revolution≒西川貴教」みたいな形式です(と、適当にいってみた)。

まず手始めに、5月のデザインフェスタで1stアルバム販売予定です! 興味のある方は是非お買い求めを! いや、興味無い人もだまされたと思って買ってくだされー。

※参考までにyoutubeにUP済みのデモ曲をいくつかご紹介。
↓↓↓↓

「お七」

「オズ」

「空海」

「月詠」

「ヒカシュー」

他にもいろいろとyoutube上に転がっているので興味をもたれた方は 見つけてみて下さいな!


皆様こんばんわ。ケンモチです。


と、まぁ。いきなりいろいろカミングアウトしましたが。

半年以上前からちょこちょこYoutube上でデモ曲を流したり、 Twitterでもそれっぽいことをつぶやいたり、 前回のデザインフェスタではデモCDRを販売していましたので、 ご存知の方もいたかとおもいます。

「ケンモチヒデフミがまたよくわからんことを始めたらしい」と。
はい、そのウワサの本体がコレでした。

ボーカルもので、しかもポップスで、かなり趣味の色合いが強い音楽性です。 今までのケンモチ音楽ファンは少々面食らう可能性がありますが、 ご容赦くださいませ(汗)。

しかしまたなんでまたこんなことを始めたかと言うと…。
うん、まぁ、早い話ちょっとインスト作るのに飽きたんだわ(ええー)。

ギターのインストスタイルでアルバム4枚(さらにその前にもミニCDを2枚) も作って、さすがにちょっとおなかいっぱいになりまして。 特に「フォーリシア」と「シェイクスピア」は自分でも少しだけ満足できてる作品で、 このまま同じスタイルでやってあの2枚を超えるものにはならないだろう、と。 たとえ同等のレベルまで持っていけたとしても、 それではかつての刺激や感動は与えることができないのです。

もし仮に、自分がケンモチヒデフミのファンだったとして、 次も同じようなインストだったら、そのCD買うかな?

そういったことを、後ろ向きではなく前向き考えた結果。 作る側としても聞く側としても、 『新鮮さを保つために、自分が成長するために、 一度違うことをやったほうが良い』んじゃなかろかと思い到りました。

ほら、ソフトオンデマンドの社長、高橋がなりさんもAV会社を作ったあとに 農業事業を始めたりしているわけで。そうさ、やりたいときにやりたいことをやるのが人生。 まさに、私にとって水曜日のカンパネラは農業事業みたいなものなのです (じゃあいままでのインストはAVだったのか…)。

ということで今後、『水曜日のカンパネラ』をよろしくお願いします。
もちろん今まで通り、ソロ名義のギターインストもバリバリ続けますのでお見逃しなく!

******************************

ニュースです。NEU!です。

早速ですが水曜日のカンパネラでライブ出ます。
(注:ケンモチは出演しません。)。

【SHIBUYA GOLDEN GIRL】
2013/04/30(火) OPEN 18:00
@渋谷O-Nest / 前売り¥2,500 当日¥3,000(ドリンク代別途)
[出演]南波志帆、AZUMA HITOMI、転校生、藤岡みなみ&ザ・モローンズ、 水曜日のカンパネラ
いきなり渋谷O-nestでやらせてもらえるというだけでもありがたい上、 対バンがみんな私の好きなアーティストさんばかりという。 なんという俺得ライブ!私は裏でこっそり見てます(笑)。 もし会場で見かけたら声かけてネ。

【デザインフェスタ VOL.37】
2013年5月18日(土)・19日(日), 11:00 - 19:00
東京ビッグサイト西ホール / ブースNo.G-449
・水曜日のカンパネラの1stアルバムを販売します。

******************************

はいよー、最後は気になったモンのコーナーだぜ。


その1 『凛として時雨 / imperfect』

キタァァァァァァァァァァァァ!凛として時雨のアルバムゥゥゥゥ! 待つこと2年半まさに待望!の新作です。 いやー良いです良いよ時雨!TKの作る新譜を聞くたびに 「音楽はここまでカッコよくなるものなのか…」と思い知らされます。 底なしの才気。同じ人間のなせる技とは思えない。 彼の発想力にただ畏怖するばかりです。

ジャケットの雰囲気にも現れていますが少し明るめな印象を受けました。 キャッチーできれいな歌メロをしっかりと押している。 過去2作でエレクトロニカ・打ち込み方面に行っていたアレンジも、 今作でシンプルでがっしりしたバンド然としたアレンジに戻ってきました。 私は3枚目のインスピが出た時にファンになったもので、 この勢いのあるバンドアレンジが嬉しいです。

かといって、わかりやすくイージーになったというわけではありません。 時雨のタブー領域をまた押し広げて変態性はますます過激さを増しています。 あととにかくリズムチェンジが激しい。キメ、キメの嵐。 5秒と同じビートが続かない。聞いているだけで脳が骨折しそうです。

いやーしかし今も聞いているんですけど、これ本当にすげぇわ。 これは2年半待ったかいがあった。 時雨が活動している限りは死ねないな!


その2 『STEINS;GATE / 負荷領域のデジャヴ』

想定科学アドベンチャーゲーム『シュタインズゲート』。友人から強くおすすめされなんとなくゲームをプレイ。最初は何だこれ…なんて思っていたのに、最後までやったら感動の嵐!その後のアニメ化も大成功でまたまた大号泣させられました。そんなシュタインズゲート、オリジナルストーリーで劇場版が4月20日より上映開始だそうです。観に行くしかない!エル・プサイ・コングルゥ。


その3 『90秒で絵を描き上げる達人がテレビ出演⇒衝撃の結末に』

アンダーソン・クーパーさんの番組に出演した速筆の達人。 「僕は90秒でを絵を描いてみせるよ、ハハッ!」と、皆が見守る中、 絵を描き始めたものの・・・あれ、なんかこれ、もしかして間に合わねぇんじゃね?ってか何描いてんのかもわからないし・・・ちょ、これ生放送だけど大丈夫なのかyo-!な空気に変わっていく会場。はい残念、タイムアーップ(笑)・・・あ、あれ!?アメリカ人はこういう大逆転劇、好きですよね。お見事!


その4 『ナディア・コマネチ』

「ああ、たけしの『コマネチ』って体操選手の名前なんでしょ?」。なーんて認識ぐらいしか持っていませんでした私。ルーマニアの体操選手「ナディアコマネチ」さん、何かのテレビ番組で彼女の当時14歳のオリンピックの映像を目にしまして…あれ、天使が踊ってるぞ?って思いました。するとここは天国なのかい?!
『Nadia Comaneci-Montreal AA BB 10.00』
『NADIA COMANECI - PERFECTO SALTO』
『Nadia Comaneci - Floor Exercise - 1976 American Cup』
モントリオールオリンピックで史上初の10点満点をたたき出した脅威の演技。 動きすげぇ!そしてかわええ!あと新体操って競技を考え出した人はきっと変態だ…。こんな子にこんな衣装着せてこんなことさせて…いやまったく本当にありがとう。
ちなみにこちらは現在の彼女。たけしさんも形無しのようですね。
『笑劇!! ビートたけしvsナディア・コマネチ 歴史的対談』


その5 『おかめ納豆 完熟トマトソース風味』

タカノフーズからトマト風味たれの納豆が登場。 いやまてまて、納豆とトマトが合うわけなこれ合うわ! 完熟トマトのうまみを活かし、ローストオニオン、フライドガーリックで味に深みを 加えた、ご飯以外の食べ方にも合うように仕上げた「完熟トマトソース風味たれ 」を添付しているそうな。確かにどこか洋風の味わい。 完熟トマトの旨みと玉ねぎ等の甘みとコクが食欲をそそります。 あ、この味は日清のチリトマトヌードルの雰囲気に似てるな(辛さはないけど)。 気分はちょっぴりイタリアン。トーストにも合いそうです。


ハイ、そんなところですー。

リニューアルした機材の使い方も少しずつわかってきましたyo-。 まだデモの段階なのですが今までとは また一味違った曲に仕上がっていきそうです。

日々、新しいことを知り、学び、取り入れ、生み出す。 カハァーたまりませんね。なんとも贅沢な生き方でございます。

人生なんて見方ひとつでいつでもバラ色だよネ。
嫌なことなんか気にしない。今日もワクワク・ウハウハ。

俺の毎日がエレクトリカルパレードです。

ではでは。
またね。

ちゃおー。

クロールと逆上がり

2013年4月29日



ハッ、そういえばすっかりレポるのを忘れていることがあった。

さる3月3日、全国的にひなまつりの日。
その日私は無人島に行ってきたのでした。

突然、人間不信に陥り誰もいない場所へ一人逃避行に… などという深刻な問題ではなく、 水曜日のカンパネラのミニアルバムジャケット撮影の為でござんした。

「やっぱジャケット撮影って言ったら廃墟でしょ♪」
という安直な理由によりお手頃な場所をリサーチしたところ、白羽の矢が立ったのがこの無人島、 『友が島』というところでした。大阪と和歌山の境目ぐらい、淡路島との間にある島です。

「要塞の廃墟、友ケ島探検」

戦時中は旧日本軍の軍事施設がありましたが現在は使用されておらず、 人も住んでおりません。 朽ち果てた建造物と豊かな自然が共存する不思議な場所になっています。 わかりやすくイメージするならば 『コナン君が遊びに行ったら確実に殺人事件が起こるであろう島』といったかんじです。

しかしこれ実際に目の当たりにしてみるととってもノスタルジックでロマンチックでした。 その光景はさながら、ジブリの 『天空の城ラピュタ』の雰囲気にそっくり ではありませんか。パズー!シータ!

砲台跡、弾薬庫、通信室などかつての軍事施設だった建造物は 手入れもされず、錆びれ、朽ち果て、廃墟と化しています。 なんという悲しき美しさ。退廃美。ナイス、デカダン。

特に煉瓦にツタが絡まっていると錆びれた雰囲気が出まくります。 名づけて「ツタ・エフェクト」。かっこいいです。

ああ、脳内の退廃欲が満たされていく。 もうこの画だけでどんぶり飯3杯ぐらい食えるわ。 ごっちゃんです。ハイキョよい。のこったのこった!

そんなこんなでテンションあがるカンパネラご一行。
ですが、私とディレクターF氏はカメラの横でキャッキャと騒いでいるだけ。 実際に撮影されるのは主演のコムアイの担当です。

ところがこの日、彼女の体長は最悪でした。 前日にカキを食したところ運悪くノロウイルスに当たったらしく、 終日顔面蒼白で完全にグロッキー状態。

しかも撮影当日は気温が低く、冷たい風が吹き荒れる中で薄着で撮影。 そしてここは風をしのぐ建物はおろか遮蔽物もない無人島です。ハッキリ言って「寒い」。 もはやこれは何かの罰ゲームの様相。

それでも気丈にポーズをとり続けるコムアイ女氏。偉い、よくがんばった。なんとも感心な子だこと。 そんなことをダウンジャケット着こんでポカポカしながら思った私でした。 ああ、オレじゃなくてよかった…。

ちなみに写真を撮ってくださったのはフォトグラファーの『野本ヒロヒトさん』。 彼の写真は白と黒と青が反転した様な不思議な色彩になり、とても独創的です。 日常の風景を非日常に、見慣れた街並みを異次元に変えてしまうスタンド使いなのです。

『ノモト ヒロヒト Hirohito Nomoto』

作品を観たディレクターF氏が惚れ込み、 ジャケ写撮影を依頼したところ快く引き受けてくださいました。 作風は怖い感じですが、野本さん自身は大阪在住のユーモラスな方で 終始場の空気を盛り上げつつ、素晴らしい写真を撮ってくれました。ありがとうございました!

そんなかんじでどうにか無事終了したジャケ撮影。 友が島の廃墟の磁場、野本さんの能力、コムアイのノロウイルス、 3つの強力なエネルギーが混ざり合い、なんか濃ゆーいモノが撮れましたとさ。

このときの写真の一部、下記の曲にもちょっと使われております。 よろしければご観賞のほどを。↓↓↓↓

『水曜日のカンパネラ / ゴッホ』


皆様こんばんわ。ケンモチです。


ということで水曜日のカンパネラの1stミニアルバム、 着々とリリースに向けて準備中。 ちなみにタイトルは『クロールと逆上がり』です。

全9曲入りです。
ミニアルバムなのかフルアルバムなのか中途半端な曲数ですが、 私的には9曲ぐらいがちょうど聞きやすい量かなと。 10曲超えてしまうと集中力が持たず、一曲ずつの印象が薄れてしまうので(歳のせいかしらねぇ)。

あと、価格は1500円とちょっと抑え目にしました。
これぐらいならお試しで買ってもらえるのではいかと思いまして。 うまい棒を150本ほど我慢するだけで買えます。たった150本! うまい棒を毎日5本我慢して一か月でCDが買えます!

あれ?…なんかお値打ち感が薄れた気が。 これじゃむしろうまい棒がスゲェじゃねぇか。 比較対象を間違えたッ。

なお、お取り扱いにつきましては、 今のところデザインフェスタでの販売は確定。 店舗販売・ネット通販等は、現在検討中でごんす。 しばしお待ちをば!

******************************

ニュースです。NEU!です。

【デザインフェスタ VOL.37】
2013年5月18日(土)・19日(日),11:00 - 19:00
東京ビッグサイト西ホール / ブースNo.G-449
・水曜日のカンパネラの1stアルバムを販売します。 ご希望とあればサインもさせていただきますので是非お立ち寄りくださいませ。

******************************

んじゃ、最後は気になったモンのコーナーだZ−ッ。


その1 『Jesse Ruins / A Film』

え、うそ、これ日本人のバンドなの?!と疑いたくなるほどイカした(イカれた)センスを持っているバンド、ジェシー・ルインズ。 ニューウェーブっていうかポストパンクっていうか、これ本当に2013年の音なんですか(笑)。 私の好きなポイント突きまくりです。眩暈がするほどサイケでローファイで。 ハマれる人はずっぽしハマれると思います。 このPVとかもヤバすぎるでしょ。センスが狂いそうだ!センスが暴れそうだ!
Jesse Ruins - Shatter the Jewel [OFFICIAL VIDEO]
サクマ、ヨッケ、ナーの3人組。 ほとんどバンド経験もない素人が集まってできたバンドだそう。 「とにかく退廃的で、ずっと夕方みたいな感じの音楽をやろうと思ったんです。」 …それでいきなりこんな音楽やるんだから恐ろしいです。どうしてここに行き着いたんだよ!(笑) コズ・ミー・ペインというインディーレーベルを自分らで立ち上げ、カセットテープとアナログ盤のみの リリースを続けてきたそうな。やっていることもいちいちカッコいいです、痺れます。 この度の初のアルバムリリース。これを機にさらに認知が広がるといいですね! 要チェックバンドだ!
エレキングのインタビューも是非。


その2 『はたらく魔王さま!』

今期やっているラノベ原作のアニメ。 勇者に敗れた魔王サタンは異世界『日本』の東京・笹塚に飛ばされてしまい、 駅前のファーストフード店でアルバイトをしながらフリーター生活。 魔王を追って時空を越えた勇者エミリアもテレアポとしてOL勤務をしているというストーリー。 キャラ設定やギャグのテンポが良くて見せ方がうまいです。 魔王は根が良い奴で後輩の面倒見がいい働きもの。勇者はツンデレちゃん。ギャップがたまりません。


その3 『タルトタタン / 1st LIVE @ SHIBUYA WWW』

先日、亀高綾乃、有井優の2名の脱退が発表されたタルトタタン。 ってそしたらもう誰も残ってないんじゃ…(汗)。ただいま新メンバーを募集中だそうです。 そんな2名がタルトタタンにいた時の初ライブを収録したのがこちら。 スタジオ作品よりも一層声が生々しく瑞々しいです。爽やかさと切なさが同時にかけぬけます。 バンドの演奏も超豪華ゲスト陣の活躍で安定感バツグンです。 ああ、しかしもうこのメンバーでのライブは見れないのかと思うと本当に残念です。 私が女の子だったら新メンバー応募するのに!


その4 『ファミリーマート / くるみメロンパン』

ファミリーマートの新製品。くるみ入りのビスケット生地をのせて焼き上げたメープル風味のメロンパン。 くるみの渋みがメロンパンの甘さと混ざって味わい深い。そしてメープルの香りが何とも言えず良いです。ビター&スイートな大人のメロンパンです。端っこのビスケット部分がかなり分厚く、食べ応えもばっちり。確かな満足。


その5 『tofubeats × error403対談』

「ネット世代のクリエイターが向かう先」というテーマでこの春大学を卒業した若きクリエイター2人、 トラックメイカー/DJのtofubeats氏とイラストレーターのerror403氏が対談しております。 1990年、それぞれ神戸と北海道で生まれ、ネット上での活動で注目されてきた二人。 SNSを通して自分の居場所や発信する方法を見つけてきた世代。 ネットであれリアルであれ、周りにいる人達と環境がその人を作るうえで重要なようです。 そして若いのに考え方がしっかりしています。 私も見習わなければ…!


はい最近はそげなかんじでーす。

今月もサイト日記を早めにUP。 明日4月30日は東京に行き、ライブ鑑賞を楽しみたいと思います。

【SHIBUYA GOLDEN GIRL】
2013/04/30(火)18:00@渋谷O-Nest
[出演]南波志帆、AZUMA HITOMI、転校生、藤岡みなみ&ザ・モローンズ、 水曜日のカンパネラ

うーん、もったいないぐらいの豪華ラインナップだこと。
ちなみに私はライブに関してほとんどノータッチなので、 イチお客さんの気分で楽しんで観るつもりです。ザ・無責任(笑)。

ホイでは、会場でお会いした際は一声おかけくださいませー。

ではでは。
またね。

ちゃおー。