過去の出来事 2013年 3月

ビックリまそ

2013年3月15日



最近、とあるお仕事で『十字架天使』について調べていたら (←どんな仕事だよ)、 ビックリマンシールが大量に掲載してあるサイトを発見しました。

うおおおぉぉぉぉ!なつかしい!

ビックリマンって言ったら私はそのブーム直撃の世代。 友達はみんな集めてました。 まぁ、私自身はあまり興味がなかったので、傍から見ているか、 たまに友達が余らせたチョコ菓子をもらいうける程度でしたが。 あのチョコウエハース、当時30円の割にけっこうおいしかったんだわ…。

とまあ、そんな思い出しか無い私でも 友達からよく見せてもらっていたせいか、シールの絵柄は大体見覚えがありました。

「ああそうそう、こんなキャラいたっけな…。」

軽くノスタルジーに浸っているうちに、 シール裏面の解説やストーリーなんかも気になりだし、 いろいろ調べてしまいました。

ビックリマン ストーリー(歴史)

当時はガキンチョでアホだったもんで、天使か悪魔かお守りかシールがキラキラしているか、 ぐらいしか興味がなかった。アニメも見ていたはずだけど内容をまったく覚えていない。

そんなわけで改めてストーリーを読んでみたところ、 「ええ、そんな話だったの!」といろいろ驚きの事実が続々。

あれ、ヤマト王子が主人公じゃないの?
ヘッドロココって聖フェニックスだったのか。
ブラックゼウスって始祖ジュラの口の中から顔出してんだ・・・。
ヘラクライストってロボットなのか。
ゴーストアリババってアリババ神帝が悪魔になった姿なのか。

へぇ、へぇ、へぇー。そうだったのか。
ポップでゆるい絵柄のあのキャラたちに、ちょっぴりシリアスなストーリー設定とかあったりして意外。大人になってから振り返ってみるとまた違った面白さが見えてくる。 一粒で2度おいしい。

中でも気になったのが ヘッドロココ サタンマリア のエピソード。

天使と悪魔、2大巨頭のヘッドロココとサタンマリア。 長きにわたりライバルとして争い合っていた2人が最後には和解し、 やがて愛しあうようになるといふ…。 そしてその間にできた子供がピアマルコって話の流れらしい。

マジか。なんだこの薄い本のネタに使われそうな香ばしい展開。

愛と憎しみは紙一重。天使と悪魔が恋をするってか。 大人なストーリーだなー。なんかちょっと胸がトキメクね。 神様、仏様、スーパーゼウス様、僕にもそんな偉大な愛というものを教えてください。

しかしまぁ、よくある展開とはいえ、 それまで戦っていた敵同士がある時急に恋仲になる言うのは少々無理がある気がします。 何度もぶつかり合ううちにだんだんと気持ちが変わっていって、 惹かれあっていったんじゃないかと、推測されます。

ヘッドロココだって男の子。 宿敵サタンマリアと必死の攻防をしつつも頭の隅っこの方では、 「でもサタンマリアって女の子なんだよな…」とか思ってたんじゃないだろうか。

「コイツなんか良いにおいすんな」とか、
「牙が小悪魔っぽくて可愛いんだよな」とか、
「少しやんちゃしてるかんじの子ってそそるなぁ」とか、
「最近髪型変えたけど前の方が好みだったなぁ」とか、
「あの爪で背中ひっかかれたらどんなもんかな」とか、
「やべ、今ちょっと強く殴りすぎた。怪我しなかったかな…」とか、
「あれ、なんか今ちょっと感触が柔らかかったんだが…」とかとかとか、

あ、ちょっ…うん、ストップ!
ストップ、ロココさん。ちょっと落ち着こうか。
このままいくとビックリマンチョコがR指定になる。
コドモにシゲキ、ヨクナイネ。

真面目そうなくせして意外とちゃかりやることやってる、ムッツリロココさん。侮れません。 争い事が嫌いな草食系男子?いやいや、彼はきっと肉食系天使ですよ。


皆様こんばんわ。ケンモチです。


と、まぁ。
そんなどうでもいい妄想をしている間に月日は流れましてね。

2月初旬から始まった1ヶ月半にわたる「まとめ作業」がようやく一段落しました。 脱稿であります!祝・脱稿・YEAH! 母さん、オレやったよ…これでもう同じ曲を聞かなくて済むんだ。

さて、そんなわけで少し時間の余裕がある今。 この作業が一段落したこのタイミングを見計らって 前々からあることを実行しようと思っていました。

それは、そう、制作環境の一新です。 具体的に言いますと、音楽機材を全とっかえ。 これまでずっとワークステーションシンセ1台だけでやってきたのですが、 さすがに限界を感じてくるようになりまして。 そろそろ意地を張るのをやめてPCベースに乗り換えようかと(笑)。

そんなわけでいろいろ情報集めて、PC組んで、セットアップして、マニュアル読んで、 日々DTMソフトとにらめっこしてトライ&エラーを繰り返している真っ最中です。 目下修行中。結果、私はどこまでパワーアップできるのか。 また機会があったらレポろうかと思います!

今更ながらにDTM一年生。 初心に帰って位置から学ばせていただきます。 オイラの成長期はここからだよ!

******************************

ニュースです。ニューヨークドールズです。

【肉音Vol.2 -肉と音楽好き全員集合企画-】
3/30(土) 16:00-21:00 ※以降は通常バータイム
@下北沢ARENA / 2000円+ワンドリンク(500円)※肉食べ放題
※肉が無くなり次第終了になります。 肉が無くなった場合は、500円のみお支払い頂きます。
わたくし前回はインフルエンザになり参加することができなかったこのイベント。 第2回が開催決定しました。今度こそ行きます(笑)。何か音を流したりもします。 夕方ごろからずっといますので、私とおしゃべりしたい方、肉に飢えている方、 いらっしゃいましたら是非お気軽にお越しください。

******************************

肉音では何かおもしろい告知をするかも、です。
気になった方は肉のついでに遊びに来てw

さてでは最後、最近気になったもののコーナーに行きましょう!


その1 『きゃりーぱみゅぱみゅ - にんじゃりばんばん』

あ、この曲なんかいい!PV見た瞬間にキタと思いました。 個人的に「つけまつける」以降で一番好きな曲かも。PVもかわいい。忍者最高! 中田さんのメロディは全体を通すと親しみやすくてポップだけど、 いつもどこか「えっ?」意表をつくような変なポイントがある。 そこが癖になるんですよね。うまいなぁ。こりゃ売れるわな・・・。


その2 『ジョジョの奇妙な冒険第2部 / BLOODY STREAM』

2部にはいってからも相変わらず絶好調のアニメ版ジョジョの奇妙な冒険。 ジョセフ役の杉田さんがいい仕事していますね。 シーザーの回はもうボロ泣きしながら見させていただきました。 そんな熱い2部のOPテーマがこちら。初めて聞いたときは「うーん」なんか ノリがいまひとつだななんて思ってしまったのですが、 聞き込むほどにどんどんハマっていきました。ほんのりアーバンで大人っぽいスルメ曲。歌詞も泣ける!
ちなみに 『その血の運命(恭一郎ver)』もある意味必聴。ほこっ♪


その3 『NMB48 - てっぺんとったんで!』

やっぱり大阪に来たからにはご当地アイドルNMB48をチェックしておかなきゃね。 ということで難波にあるNMB劇場も見に行きましたよ! (といっても入り口の前を素通りしただけだが) そんなこんなでデビューしてからの2年半の集大成となる1stアルバムが発売になりました。 既発のシングルを含め捨て曲なし!私的には「青春のラップタイム」が収録されていたのが嬉しい。 自己ベストだーよー♪ あ、ちなみに私は「みるきー」こと渡辺美優紀ちゃん推しです。


その4 『深煎りきなこプリン』

国産深煎りきなこを使用したプリン。きなこの香ばしさと渋みのある甘み、 黒蜜ソースがさらに味に深みを与えてくれます。 うまいです。コンビニで買ってよく食べてまーす。 きなこの風味が利いていて甘さがくどくない、そして食べ応えがある。 きなこLOVEな自分にとても俺得なプリンです。


ほいほい。ホイチョイ。
そんなこんなでございました。

あ、そうそう。
前回宣言したとおり3月3日は無人島に行ってきましたYO-!
人はいないし、風は強いし、マジで寒かった。

むじんくん、ラララむじんくん、ララララ♪

で、そんなところに何をしに行ったのかって? おっとそれを書くには誌面が足りないぞ。 ってことでその辺はまた次回に(汗)!



ではでは。
またね。

ちゃおー。

Ableton Live 9

2013年3月28日



新時代の幕開け。
制作環境の一新をはかっております。

やることがちょいと一段落した今、 ちょうど良い時期なのでケンモチスタジオ全とっかえのフルリニューアル中です。 シーケンサーも音源もレコーディング環境も鍵盤も、何から何まで。

私、これまではオールインワンシンセ一台にあれこれ全部素材をぶちこんで曲作りしていました。 「そいつがおーれのやりかたー♪」というか、 PCを使わないでやることに変なこだわりがあったのです。

しかし、それだとできることにも限界がありました。

他の人の曲を聞いて、 「うわー!これかっこいいなー!・・・でもうちのシンセじゃできないなぁ・・・あきらめるか。」 みたいなことがここ数年増えていました。ムズムズ。 そんな小さな心の葛藤が積もり積もってついに我慢の限界に達したのです。 長年連れ添ってきたRolandのシンセ『ファンちゃん(Fantom-G)』と別れ、 PCベースの制作環境にすることを決心しました。ばばん!

最近はもうハード機器だけで音楽作ってる人ってほとんどいなくて、 DTM・DAWでやるのが主流。そっちの方が安価で、機能的にも優れているのです。 いつかは自分もそちらに移行せねばと思っておりました。

しかしながら右も左もわからぬDTMの世界。
来る日も来る日もGoogle先生と2人3脚でネットで情報収集。 やりたいことや評判や予算やもろもろ思慮を重ねた結果、 BTOで組んだノートPCに 『Ableton Live 9』というソフトを乗っけて使うことにしましたッ!

「・・・というソフトを」なんて書くとわざとらしいですが。本当のところ私、恥ずかしながら今まで 『Ableton Live』というソフトの存在すら知りませんでした…。 そう、それほどまでに私はスーパーグレート初心者だったのです。

なんとか機材を買いそろえ、一通りインストール。 音が鳴るまではいきましたが、満足に曲を作れるようになるにはまだまだ先は長そうです。 使い方のわからないソフトと分厚いマニュアルに囲まれて四苦八苦、 ヒィーヒィーゆーとります。

いやーそれにしても、です。
まだちょっとしか使えてませんが それでもテクノロジーの進化にガクブルです。今のDTMってこんなすごいことになってたんですね。

私、マシンスペックを何世代かすっ飛ばして来ちゃったみたいです。 メガドライブから一気にPS3みたいな(しかもメガドライブかよ!)、そんなギャップに襲われています。

おかげさまで最近、独り言が止まりません。

「ひ、ひ、非破壊編集ッ!」
「トラック無制限ンンンンッ!」
「無制限アンドゥーだなんてそんなバカな!」

「エフェクトをそんなところに挿せるわけ…えぇ!」
「プラグインがこんな…いや、そんなにッ!」
「で、でたー!ホットスワァァァァップゥゥゥwww」

「ちょ、ま…、フェーダーが独りでに動き出したぞ!」
「な、ワープ機能だと・・・!バケモノか・・・。」
「こいつオーディオをクオンタイズしてやがる…」

「たったワンクリックでサンプルが分割されてラックに組み込まれちまっただ! う、うそじゃねぇ。オラこの目で見ただ!」 「取り込んだフレーズからMIDIノートを抽出だと!」 「これが噂に聞く最終兵器サイドチェイン…」

「おれは奴の前で階段を登っていたと思ったら いつのまにか降りていた」

まさにポルナレフ状態。
シンセ一台でやってきた私にとって、 ここはもはやルール無用のやりたい放題。 理解不能の無法地帯。 自分の中にあった制作の常識みたいなものが次々と崩れ去っていきます。

ちょっと待っておくれよ。みんな僕に黙ってこんな環境で音楽作ってたのかい? こんなのチートだ!ずるいよぉぉぉぉぉぉ!


皆様こんばんわ。ケンモチです。


さて、これでどんな音でも作れるようになった。 今後はもっともっと良い曲が作れるようになるはずだ!ヒャッハー。俺様無双だぜー。

っと行きたいところですがそれはちと早合点。

『できることが増える』ということは、 見方を変えれば『迷うことが増える』ということ。 どれだけ選択肢があっても最後に鳴らす音は ひとつに絞らなければならないわけで。 あれもこれも出来るDTMより、シンセ一発でサクッとやった方が良い場合も多々あると思うのです。

あくまでも道具は道具。 最終的に良し悪しを判断するのはアナログな耳と脳ミソ。 どう作ったか、ではなく、何を鳴らすか。 新機能を使いこなすことばかりに気を取られて、 肝心の音楽はクソっなんてことにならないようにしないといけません。

まぁ、ホラ、私、こういうところで勘違いして迷走するの得意なんでネ!

******************************

ニュースです。ニュースピリット・ヘルシンキです。

【肉音Vol.2 -肉と音楽好き全員集合企画-】 3/30(土) 16:00-21:00 ※以降は通常バータイム @下北沢ARENA / 2000円+ワンドリンク(500円)※肉食べ放題 ※肉が無くなり次第終了になります。 ※肉が無くなった場合は、500円のみお支払い頂きます。 前回はインフルエンザにかかり欠席することになってしまったイベント肉音。 第2回が開催決定。今度こそ行きます(笑)。 夕方ごろからずっといますので、私とおしゃべりしたい方、肉に飢えている方、いらっしゃいましたら是非お気軽にお越しください。

******************************

おいしょー!では今日も最後に気になったものを紹介しよう。


その1 『リンダ三世 / 未来世紀eZ zoo』

群馬県出身ブラジル系日本人のアイドルグループ(ややこしい・笑)。 和製グライムといいますか。 スカスカなビートとエキゾチックなラップが混ざり合って 妙な空間が生まれています。 群馬県出身、eZ zooっていうローカルネタを ちょいちょい盛り込んでいるのも好感が持てますね。 リリース元はヤマダ電機系レーベル発のインディーズだそうで、 これはももクロに続くヒットを狙っているのか。


その2 『新世界より EDテーマ / 割られたリンゴ』

先日、最終回を迎えたアニメ「新世界より」の一期EDテーマ曲。 幻想的なストリングスとチョップされたギターの摩訶不思議なフレーズ。 そしてちょっぴり和テイスト。 駆け抜ける想いとノスタルジー! そう、一言でいうなら、『東方系好きな人がハマりそうな曲』です。 ご多分にもれず私もハマりました。サビの掛け合いフレーズが好きっす! (ちなみにリンク先は一番が延々とループしているFuli映像です)


その3 『Peter White / Night after Night』

スムースで爽やかでお洒落なスムース・ジャズ界のスター。 イギリスのアコースティック・ギタリスト、ピーターホワイトさん。 いやーこの曲、かなりゴキゲンです。 この曲を聴いたならばあなたの心はもう春をすっ飛ばして夏! ベタベタしていない涼しげなピアノとベースもいい。素敵だよホワイトさん。 さぁ、そこの君、僕と一緒に夏のビーチをドライブしないかい? もちろん僕はペーパードライバーだがね!


その4 『RWBY "Black" Trailer』

儚げに戦う女の子シリーズ!RWBY! 前回のWhiteからわりと短めのタームで、第3弾のブラックが公開されました。 うん、かっこいい。すごく…、かっこいい。いや、かっこいいんだが・・・ なんかなぁ。"RED"の時に受けたあの心がざわざわする感覚は こんなもんじゃなかった。 戦闘シーンが動きまくるとかそんなんじゃないんだ、なんかこの、 女の子が背負っている運命とか宿命とか孤独とか儚さとか、とかとかとか、 そういう雰囲気とか心の機微を見たいのだー。あと棒読みセリフやめてw。 ・・・まぁ、そういいつつもラスト「Y」ではすごいものが出てくるのではないかと、 期待しております!


その5 『ペヤング / 激辛やきそば おたすけマヨネーズ』

これメジャーな製品が出す辛さのレベルじゃないだろ、 ということで一躍脚光を浴びたぺヤングの激辛焼きそば。 マイナーアップデート商品が出ました。 今回は辛さを調和する「おたすけマヨネーズ」が付いています。 マヨのおかげで辛みはまろやかに、味にはコクがプラスされて なかなか良い塩梅です。 半分まではそのまま食べ、途中でマヨを追加し味を変えるなんてのもオツですね。 気合いを入れたいときにぜひ食べたい一品です!


その6 『Native Instruments / Komplete 9』

プラグインのソフトシンセやエフェクトがこれでもかと詰まったモンスターバンドルBOX。まさにこれさえあればコンプリートな製品。 最新版のver.9がリリースされました。しかも私がver.8を買った直後に。 「お待たせしましたついにバージョンUPです!」みたいなインフォメーションメールが即効で来ましてね。 ハハハ、おいおい待て待て、 俺はまだver.8の箱も開けてねぇよ?みたいな。タイミングいとわろし。 お値段据え置きでソフトが8個も増えるんだってよ!チクショー早まった!


はい、そげなかんじです。

今日はまだ3月28日なのですが、月末は東京に行くのでちょっと早めに日記UPしちゃいます。 やること残しておくと遊びに集中できないからね。 スッキリさせて東京を満喫すっどー。

ってことで、3/30(土)は16:00から下北沢ARENAで「肉音vol.2」。
興味のある方は是非。そちらでお会い致しまSHOW!

ではでは。
またね。

ちゃおー。