過去の出来事 2013年 1月

Heavy年

2013年1月15日



「こちらスネーク…大佐、聞こえるか?」
「良好だ スネーク。どうした。」
「正月早々することがない・・。性欲をもてあます。

はい…。
2013年、ヘビ年ということで縁起よくMGSネタでした。
(ただの下ネタじゃねぇか)

あけましておめでとうございます。
今年もいろいろとソリッドな一年にしたいと思います。
皆様よろしくお願い致します。

さてさて、世間は正月といいましても、 やっぱ例年のごとく独り身の私には日常とほぼ変わりないわけで。

仕事は平常どおりあるので実家に帰るわけでもなく、 人ゴミが面倒なので初詣や初売りに行くわけでもなく。 ましてや今年は大阪に引っ越したばかりで友達もおらず新年会のお誘いもなし。

仕事をして、家に帰って、音楽制作。 夜は酒におぼれながらアニメを観るという、 わりと地味でローコストな年始を過ごしておりました。

ジョジョ、中二病、怪物君、ガルパン、猫物語、
まおゆう、ビビパン、ささみさん、gdgd妖精s、ちはやふる。
見たいものはいっぱいあったので退屈はしませんでしたyo-。

ああ、そうだ。
唯一、正月っぽいことと言えば日本酒はよく飲みました。 やっぱり正月はジャパニーズ・サケが飲みたくなりますね! あの独特のお米の香りと味、 なんとなくおめでたい気分になれるんだな、うん。

子供のころはまったく何がおいしいのか理解ができなかった日本酒。 ニオイをかぐだけで吐き気がしていたぐらいなのに。 今じゃこう、半ば中毒症状的に飲んでいるわけで。 やぁ、もう大人って信じらんないっすね。

酒を口に含んだらちょっと舌の上で転がしてコクッと飲む。 そして飲んだ後に軽く息を吸い込み、深く鼻から息を抜く。 フワァーっと駆け抜ける酒の香りと多幸感!タマランチ会長です!

やっぱ米は偉大だねー。
「お米食べろ!!!」(byしゅーぞう)

あと、日本酒の時はツマミもちょっと変えます。

ビールとかハイボールのときは脂っこくて味の濃いフードでゴクゴク!だけど、 日本酒とか焼酎の時はさっぱりあっさりしているものでチビチビ行きたい。 ちびりたい。

そこで私が昔からチョイスしているのが、いなば食品の 「ミックスビーンズ」 です。 ガルバンゾー、青えんどう、赤いんげんの3種の、 なんの味付けもされていない豆の水煮缶。 スーパーでだいたい一缶100円ぐらいで売ってます。

枝豆のような塩味もなく、それ自体もすごい美味いってわけでもない、 自己主張のない豆。まさに『ただの豆の味』しかしない。 でもだからこそ嫌味もなく飽きることもなく、ひたすら食える。

例えるなら、
「『豆まきの節分』の時に 年齢の数だけ豆を食おうとして 大して好きでもねぇ豆をフト気 づいてみたら一袋食ってたっつーカンジかよぉ―――っ!」
(by.億泰)

コイツをちょいちょいとつまみつつ、日本酒をクイクイっとやる。 酒の味を邪魔することなく気長にまったりとしたペースで飲み続けられる。 うーむ最高。特にガルバンゾーが癖になるんだわ。

ガルバンゾ食って、今年もガンバルゾってね。
ワハハ…ん?どうした!応答しろ、スネーク!


皆様こんばんわ。ケンモチです。


はい。そんなわけで。 酒、肴、ときたら後は、「だらだら観れる素敵なコンテンツ」でございましょーが。

ゆるゆるとマイペースで酒を飲みながら、 好きな音楽・動画・アニメ・マンガ・お笑い・ゲーム・ラノベ、をむさぼる。 独り身で生きてて、「人生ってヤツは割と最高だなッ!」って思える瞬間はやっぱこ れでしょ! (←まぁこんなんだからいつまでも独り身なんだろうな・笑)

最近見つけてよく読んでいたのがこちら。
『裏サンデー』

無料で読めるWEBコミック誌です。毎日更新されています。 「週刊誌サンデー」の裏の存在、ということで「裏サンデー」というそうな。

月曜日から日曜日まで、7本の連載作品が各曜日で更新されています。 読者は感想コメントを残すことができ、 それをもとにリアルタイムでランキングが作られます。 作り手も読み手にも刺激的なシステムでなんか新しいですね。

んで、ちょっと興味をひかれたのが↓

『ゼクレアトル-神マンガ戦記-』
原作: 戸塚たくす / 作画: 阿久井真

これ、面白い。
次の展開がどうなのるか予想がつかない。

画力やキャラの魅力はそれほどでもないものの、 毎回毎回意表を突かれるストーリーが秀逸です。 最初はほのぼの系のマンガかと思いきや…予想の斜め上をいく展開に。 「なるほどこんな話の持っていき方があるのかー!」っと感心しちゃいました。 ありがちなテンプレみたいなマンガに飽きている人にはおススメかと。

まだ現状10話なのですが、 すでに1話目とはまったく違うものになってます(笑)。 この発想力でどこまで走れるのか、 途中で息切れしないよう頑張ってもらいたいですね。

いやはやしかし。
こんなマンガがただで読めてしまう世の中。 創作物でお金を得るっていうことが ますますレベルUPしてきている気がします。 まったくもって素敵で恐ろしいことだわ!

******************************

はい、ニュースです。ニューオーダーです。

FINAL FANTASY TRIBUTE -Thanks-
[HP]「FINAL FANTASY TRIBUTE -Thanks-」l
[発売日]2012年12月5日 [価格]3000円
※初回限定盤をタワレコ・ヴィレバンで購入するとボーナスDISCが付いてきます。 私は本編Disc2の『運命のコイン』とボーナスDISCの『双界儀メドレー』をやりました。

【肉音Vol.1 -肉と音楽好き全員集合企画-】
1/26(土) 16:00-21:00 ※以降は通常バータイム
@下北沢ARENA / 2000円+ワンドリンク(500円)※肉食べ放題
※肉が無くなり次第終了になります。
※肉が無くなった場合は、500円のみお支払い頂きます。
こちらはちょいとしたお知らせ。 1月26日に下北沢・ARENAというお店で2000円で肉食べ放題の会をやります。 DJブースもあるので気が向いたらゆるくDJするかもです。他の方によるDJやミニライブもあるみたい。

夕方ごろからずっといますので、私とおしゃべりしたい方、肉に飢えている方、 いらっしゃいましたら是非お気軽にお越しください。

******************************

はい、そんな感じで最後。
最近気になったものコーナーでしめましょう。

その1 『日本人の夢調査』

キリンビール「のどごし 夢のドリーム」キャンペーンの一環として、「日本人の夢調査」を 行なったそうな。『10年前と比べて夢の価値は変わらない、さらに上がったと答えた人 が約9割』『2013年新成人で夢を持っている人は約85%。どの世代よりも夢の保持率は 高い』『夢を諦めるのは平均24歳から、諦めた理由は「才能の限界を感じたから」が約 半数。』などなど。日本人の夢に対する興味深い意見がうかがえます。

何気に嬉しかったのは、新成人で夢を持っている人の多さ。 20歳ぐらいの私の知り合いには「特にやりたいことが無い」っていう人が結構いて、ちょ っとさびしく思っていたのですがね。夢はいいぞー。夢に生き、夢に生かされ、夢に死ぬ べし!叶うかどうかが問題じゃない、叶える為に頑張ってるときが楽しいのだよ。


その2 『Try Again Stories / 奥仲麻琴』

夢つながりでもう一個。 GILLEが制作した夢を追いかける人々を追うPVシリーズ「Try Again Stories」。 その第5弾に、ぱすぽ☆(PASSPO☆)の不動のエース「まこっちゃん」こと奥仲麻琴が 出演しています。一生懸命がんばってる姿、悩みや葛藤、それでも諦めない夢。 まぁ、感動させてやろうっていう雰囲気バリバリのPVなのですが、 わかっていてもやっぱり感動しちゃいますわな…。 いやーしかし、まこっちゃんはマジでかわいいっす! 俺のPASMOと交換してほしい。 PASMOの代わりにポケットに入れて持ち運びたいぐらいです!(意味不明)


その3 『007 スカイフォール』

知り合いの方に誘われて映画館に観に行きました。 私は今までこの007シリーズをまったく見たこともなくて、 「ルパン3世の実写版みたいなの?」 なーんて適当な認識しかなかったんです。…いや、すみません。めちゃ凄かったです。 超大迫力のアクションシーン、魅力的なキャラクターと俳優の演技力、 カメラワークと街並みの美しさ。 長く続いているシリーズだけあって、本当に隅々までよくできてるなぁと。 主役ジェームズボンドのダニエル・クレイグはもちろんカッコ良かったのですが、 悪役のハビエル・バルデムの演技も一癖あって魅力的でした。変態っぽくって素敵ネ。


その4 『無印良品 フランスパンラスク メイプルシュガー』

ファミマにある無地良品コーナーのラスク。 189円で8枚入り。最近よくリピッてます。 メイプルの香りと程よい甘さとザクザク感がナイス。 コーヒーと一緒にいただくとほのかな幸せに包まれますな。 「パンがなければラスクを食べればいいじゃない。」


その5 『カレー職人』

最近、レトルトカレーをよく食べています。 いろんな商品が売っていますが私がチョイスするのは主に100円以下のものです。 では、その中で何が一番うまいのか? 『100円レトルトカレー頂上決定戦』を食べ比べをしてみました。 ククレカレー、ボンカレー、カリー屋カレー、なっとくのカレー、、、 いろいろ試したところグリコの「カレー職人 中辛」が 個人的には一番お気に入りという結果に。 100円という価格の安さもあって具は小さく少ししか入っていないのですが、 ルーにちょっぴりコクというか独特の癖があるんですよね。そこがいいの。 ちなみに200円まで出せるならば「カレーマルシェ」だね!


その6 『鍵の仕組み』

一瞬で終わってしまうので集中してみてください。
すごい!目からウロコでした。なんか美しささえ感じる。


はい。
そんなわけで2013年もスタートしちゃいましたね。
今年もいい年になればいいなぁ…なんて思いつつも、 思っているだけじゃ何も変わりはしないもの。 そう、動き出すなら今。新年の勢いに乗じて猛然とスタートダッシュするのです。

失敗を恐れるな。失敗の数だけ人は強くなれる。そもそも失敗は楽しい。 失敗を恐れて何もしないこと、それが一番怖い。
「スクラップ&スクラップ、すべてをぶち壊すことだ!」

そんな感じで皆様、本年もよろしくメカドック。

ではでは。
またね。

ちゃおー。

味・塩・ヘリショー

2013年1月31日



イン☆フルになりましたー♪
うぇいうぇいうぇい!のPONPONPON!
しかも東京に帰るという日の明け方。
タイミングいとわろし☆

・・・・・・まったくなんてこったい・・・・・・

そのため帰郷はキャンセルすることに。
せっかくの連休は病気療養のため家でひたすら寝て終わってしまいました。 よく修学旅行の前日に風引いたりする中学生とかいますけどね、 アレとまったく同じ失態です。大人になっても学習してなくてあきれますわ…。

肉の会のイベントに来てくださった方々、お会いする予定だった方々、 誠に申し訳ありませんでした。 この埋め合わせはいつか必ずさせていただきますので!ボクを見捨てないで!

いや、しかし今回はかなり厄介なヤツでして。
完治するまでけっこう長期戦になりましたよ。

発病初日の高熱が出る日が辛いのはもちろんですが、 私的には7割ぐらい治ってきた日の夜とかも意外と嫌なんです。 もう連日連夜寝まくっているので寝疲れしちゃってる、おめめパッチリ。 しかも中途半端に体力・精力も回復しててそわそわ。 でも薬を服用してるから酒を飲んで寝るわけにもゆかず。

普段は酒飲んで布団入ったら1分以内に寝落ちする私。 シラフだと寝つきが悪い悪い。 寝なきゃ治らない、治らなきゃ呑めない、呑まなきゃ寝れない。 愚か者トライアングルですね。

しかもなぜか風邪って治り際になってくると、鼻が詰まってきませんか。 あれが余計に寝苦しくさせるのです。 スーピースーピー、自分の鼻息が気になって眠れない。

そうなると私、鼻息でビートを刻んでしまうんですよね。 「すーーっぴーーっすっすっすっぴーーーー・・・」ってアメーンブレイクを。 無意識にやってるんですけどこれ最高に気になるんですよ。 本当にいい加減にしてほしい!(俺に)

あ、いけない。余計なこといってしまった。
夜な夜な眠れなくてお困りの方々は今すぐに 『鼻息でアメーンブレイク』という呪文を忘れてほしい。 思い出したら最後。きっと夜が明けてしまうことでしょう。

閑話休題。

うーむ、しかし困ったことになったぞ。

旅行にいけなかったおかげで今回日記に書くはずだったことが 全部飛んでしまったではないか。 東京に行って、お友達と会って、実家でのんびりして、お買い物して。 「Hahahaha!Tokyoってタノシイネー!」って書こうとしていたのに…。

よし、今日は趣向を変えて最近見つけた面白いものでも紹介しよう。 (ってこれ、いつもと同じになってもーた!)

本日ご紹介するのはコチラ。

アメリカはサンフランシスコを拠点とする4人組のサウンドプロデューサーグループ。 『Helicopter Showdown(ヘリコプターショーダウン)』

あ、今「グループ名がちょっとダサい」って思いましたね。
や、まぁ、そこを何とか、騙されたと思って聞いていただきたい。

『Helicopter Showdown - Anymore』

ほーらとっても美しいイントロ、流れる旋律、ステキ素敵。
あなたをきれいな青空へ連れていくヘリコプター。
いつの間にやら夢見心地でふわふわフッフーですわ。

と・・・油断させて、か・ら・のーきりもみ回転!
奈落の底に叩きつけるようなベース・ベース・ベース!
ちょ、ちょ、待って待って待っ……ウェーイきもちぃぃぃ。

笑っちゃうぐらいの急降下で三半規管がバグッてハニーしそうです。 前半部分がキレイめな分、後半の激しさがより際立って聞こえます。 大事にあげて、あげて、あげて、落とす!!ナイスな展開が秀逸です。

『Helicopter Showdown - Masutazu』

こちらも気持ちいいですね。いいっすね。いいっすね。
相変わらず予想の斜め上を行く壊れ方です。
五臓六腑がバグッてハニーしそうです(もういいって)。

さあ、そんなクールで知的なビートジャンキー集団、ヘリコプターショーダウン。 メンバー4人の写真も見ていただきましょう。せーの、どん。
『last fm : Helicopter Showdown』

ワーワー、ひゅーひゅー、やいのやいのやいnおや?
あれ、おや、なんかこう、すげぇイケてないぞ…。 なんかぐだっとしててむさくるしい。 こんな普通の兄ちゃん達があんなイケてる音楽を作っているだなんて…。

なんかいい!むしろ愛嬌がある、愛着がわく、応援したくなる。 そう、彼らは愛すべき兄ちゃん達、中身で勝負だ。 男の中の男、ヘリコプターの中のヘリコプター、ショーの中のダウン! 今、ヘリショから目が離せない!


皆様こんばんわ。ケンモチです。


いやーそれにしても上記の『Anymore』って曲、なんなんでしょうね。
どうしてこんな極端な曲展開になっちゃったのよ。

出来上がっている曲を聴いていると当たり前のようにかんじますが、 いざ作ってみるとなかなかここまでこっぴどくブチ壊すことは出来ません。

思考を超えた偶然性。そう、もしかしたら制作の途中で何か普通じゃない、いつもと違うことが起こったんじゃないでしょうか。

推測するに、たとえばそう彼ら鼻が悪かったのかもしれない。 しかも右鼻は水っぱなで、左鼻は詰まっていて。 そんな中で4人は制作していた…。

*******************

(再現シーン・スタジオで製作中のメンバー達)

「よしここまでは綺麗にまとまったな、OK」
「問題はここからさ。後半をどうしたらいい。」
「それは難しい課題だね。なぁ、マイク?」

しゃらららーーん・・・
(前半の綺麗なフレーズが終わりしばし静寂。)

サッ。
(マイクがティッシュを取る音)

「ビーーーーー!ぷぴぴ、ぷぴぴ、ゾォォォォォォ! ビービーぷぴーぴッびーびーピピピピピピッ! プピーピ!ゾォォ!ゾォォ!ゾォォ!」 (マイク、鼻を強くかんだりすすったりする)

「Hey、マイク、お前の鼻はクレイジーだぜ!」
「Oh-!!マーイク!イッツ、アメーイジーンッ!」
「Yes!こいつがまさに「ゴッドノウズ」だ!」
「So!俺たち乃木坂、上り坂、ヘリコプターショーダーウンッ♪」

*******************

・・・っていやいや、待て待て!「ダーウンッ♪」じゃねーよ!

な、なんてことだ。恐ろしい。 きっと彼らスタジオでこんなやり取りをしてたんだ! マジはんぱねぇ!アイツら狂ってやがる。マネできっこねぇ……ちくしょう。

特に最後のゾォォ!ゾォォ!ゾォォ!って3回に分けて素早く ハナをすするところなんか完全にキれちまってるぜ…(そこじゃない)

まぁ、そんなどうでもいい話をしつつもですね。

「もうこれ以上新しい音楽なんで現れない」なんて言われ続けて数十年。 でもなんだかんだ言って注意深く探せば毎日でも 新しい何かが見つかるじゃないですか。

メロディと和音とリズムの可能性と組み合わせは星の数ほどあって、 出来た音楽が人に与える感動のパターンはそれこそ無限大。 まだ見ぬ星を目指して小宇宙を旅する漂流者でありたいものです。

音楽の仕組みは全部バッハが作った、
モーツァルトが全部頭の中に描いていた、
可能性はビートルズが全部試した、

そしてボクとヘリショの4人は鼻が悪い。

どうだ、これでみんな互角だろ?
ゴチャゴチャ言う必要ないぜー!

******************************

ニュースです。

しばらくおうちで引き篭もって制作しましゅ。

******************************

東京に次に帰れそうな時期は…5月のデザインフェスタのころかな。 だいぶ先になるなぁ。ブヒー。

はい、そんな感じで最後。
最近気になったものコーナーでしめましょう。

その1 『つぶやき隊』

友人から教えてもらいました。シュールテイストが好きな人ならとってもおススメ。 深夜に一人でこそこそっとヘッドホンとかで聞くと特にハマるかと。 絵といい、ネタといい、声といい、いちいちムズムズくる。 ハムスター、富士山、東京タワー、、、といった 擬人化キャラ選びの着眼点も鋭いですね。 特にお気に入りのネタがこちら。
『崖さんのつぶやき』 /  『マリオのつぶやき』
つぶやきシローの声がまたたまらん(笑)。 脚本などを作っているのは谷口崇さんという方。 この人の作品、過去の物も毒と笑いに満ちていてすごいです。癖になるー。


その2 『惑星アブノーマル』

アレックスたねこ(Vo)とテナ・オンディーヌ(Syn, Key)からなる ちょっぴりエキセントリックな女性2人組ユニット・惑星アブノーマル。 ニコニコ動画にいくつか曲がUPされていますがどの曲もユニークです。
『フラレ唄』 /  『ユキコ』
なんといってもたねこさんの歌声とキレキレの演奏が痛快です。 あと『ユキコ』のドラムフィル…なんかXの紅っぽいところが(笑)。 3月6日には初のミニアルバム「何でも無い凶器」をリリースするそうな。 コイツは要チェックだぜ!みんなもレッツ・アブノーマル!


その3 『そんなこと裏のまた裏話でしょ? / 中島 愛』

今期アニメ最大のダークホースと言われている 「琴裏さん」。 そのオープニングソングです。第一話を見た人ならわかるはず、 真鍋君の登場とこの曲によって流れかけた涙が音を立てて引っ込みました。 本当にすばらしい「コシコシソング」です。あ、 まめぐさん本人 によるPVも素敵ですので是非ご覧ください。


その4 『カップヌードルブラックみそ』

日清カップヌードルの季節限定、新商品。 味噌とポークのうまみをベースに、黒コショウと唐辛子を利かせたパンチのあるスパイシーな黒辛味噌スープ、だそうです。とてもあっさりしている「カップヌードルMISO」とは違ってかなりドロリと濃厚にな味になっております。そこがいい!やっぱり冬はドロッとしたものが欲しくなりますのー。黒コショウの刺激もGOOD!


その4 『世界で最も重要な6秒のドラムブレイク』

鼻息でアーメン…のところで「アーメンブレイクって何よ?」ってなった方、 とてもわかりやすい解説動画を発見しましたのでご紹介します。 っていうか私自身も知らない豆知識がけっこうあって すごくタメになっちゃいました。テヘへッ。 よく聞いたことのあるあのヒップホップも、ビッグビートも、ファンクも、ドラムンベースも 全部同じドラムブレイクから出来ていたんです。ビックリでしょ?


はい。今日もそんなかんじでござっした。

さーて、数日寝込んでおったらやることがいっぱい溜まってしまったぞ。 まずはくたくたになった服でも洗濯してリフレッシュ。 そして食器を洗って、トイレ掃除。 さぁ、周りをすっきりさせたらそこからぼちぼち本腰いれましょ。

俺の逆転劇が始まるぜー!
今年はまだ始まったばかりだがやー!

ではでは。
またね。

ちゃおー。