過去の出来事 2012年 10月

ナンでもないようなことが幸せだったと思う

2012年10月15日



私の中でインドブームが到来しています。

いや、より正確には「ナン」ブームというべきか。
近所のスーパーでよく買って食べてます。
日本ハムの 『ナーン&キーマカレー』ってやつ。

「米じゃない、パンじゃない、麺じゃない、、、俺は今、
猛烈にナンが食べたいんだよぉぉぉぉぉぉぉぉ!」
そんなナン発作が起きた時、手軽にナンをキメれる。

レトルトカレーは数あれど、 ナンを同封している商品はなかなか無いので貴重です。 日本ハムはユーザーのニーズをしっかり抑えているね。えらいね。

こいつが近所のスーパーで250円。とってもリーズナブル。 値段のわりにナンは3枚も入っていて、 レトルトのキーマカレーもフルーティでさわやかな甘みがありなかなかのモノです。

ただ、いかんせんルーの分量が少ない。 ナンを一枚半ぐらい食べたところでルーがなくなってしまうのです。 そこで残りのナンはとろけるチーズを乗っけて再度レンジでチンッ。 お手軽『チーズナン』の完成。これがまたオツなのである! ナマステー。

ナンでもないようなことが幸せだったと思う。
ナンでもない夜のこと二度とは戻れない夜。

虎舞竜でなくともそう歌いたくなる味だ。


皆様こんばんわ。ケンモチです。


そんなこんなで最近は近所に発見したインドカレー屋に行ったりもするようになりました。

大阪環状線の高架下にある『あでナン』というお店。 インド人のおっちゃん2人でやっている。 ランチタイムなら巨大ナンとなみなみのチキンカレーが500円でテイクアウトできるっす。

小麦とバターの香ばしくふわふわモチモチのナンの旨さはもちろん、 辛さも本場仕込みです。

『1.マイルド/2.普通/3.辛い/4.超辛い』から選ぶことができます。 一度ためしに「4.超辛い」を頼んでみたところ、 危うくヨガファイヤーしそうになりました。 インド人で無くともびっくりの辛さ。 気がつけば汗だらだら、口はビリビリ、目玉ちかちか。 あぶなかった。夏に食べていたら死んでいた。

やっとの思いで食べきるとカレーの器の底に青唐辛子がごろごろ入っていたとさ…。 あいつら俺を殺る気だったようだ。さすが本場、容赦ねぇ。

しっかしまぁ、ここでランチを食べると腹いっぱいです。 夜になってもおなか減りません。  インドカレーってヘルシーなイメージですが、 ナンとルーで軽く1000kcal超えるみたいね。 そりゃ腹もいっぱいになるわけだ。

こんだけ食べても500円っ!ブラボー!インド!

******************************

はい、ニュースです。ニルスの不思議な旅です。

Design Festa vol.36
[日時]2012年11月10-11日11:00-19:00
[場所]東京ビッグサイト[ブース]F-129

wasic vol.5
[場所]吉祥寺CAFE ZENON
[日時]2012年11月18日(日)19:00-22:00
[チケット]予約制 3000円(1和菓子+1ドリンク)
[連絡先]asano@wasic.jp
[HP]http://wasic.jp/wasic_vol.5.html

FINAL FANTASY TRIBUTE -Thanks-
[HP]「FINAL FANTASY TRIBUTE -Thanks-」l
[発売日]2012年12月5日 [価格]3000円
参加します。詳細は追ってUPしていきます。

******************************

おや、デザインフェスタが近づいてきましたね。
プレスした正規CDは間に合わないのですが、 最近作っているデモなどをまとめたCDRを 格安でバラ撒こうと思っています。 気になる方はぜひブースへお立ち寄りください。 新しいケンモチサウンドをお届けしますよー。


ハイ、というわけで最後は最近の気になったモノの紹介。

その1 『Rihanna - Don't Stop The Music 』

リアーナ嬢です。2007年の曲なのですが、最近になってハマりました。 ジャケットのイメージからなんとなく「よくある感じのR&Bだろう」と思ってずっとリアーナをスルーしてました。 すみませんでした。メチャかっこよかったです。 色気たっぷりの彼女、当時まだ10代だったというから恐れ入ります。

サンプリングのネタに『マイケル・ジャクソンのスタート・サムシング』が使われてます。 「ママセー・ママセー・ママカスッサ♪」の印象的なコーラスが不思議なグルーヴを生んでますね。これはフロアで流れたらアガるだろうなー。


その2 『ギターがとってもうまいお姉さんの動画』

ナイスバディの美人なお姉さんがなんとなくギター弾いてみました。 …っていう動画だと思ったんです、最初はね。それが0:30過ぎたあたりから一変。 パチーンとスイッチが入ったかのように、啼きのチョーキング&ピッキングハーモニクスが炸裂します。 う、うまいじゃないかぁぁぁぁ!熱き情感が伝わってくる。サンタナも真っ青だ。 「おっぱい、おっぱい!」とか思っていた自分が情けないっす。 すみませんでした。あと、弟子にしてください。


その3 『日清カップヌードル メガミート』

カップヌードルレギュラーサイズ史上最大の肉重量だそうです。 豚肉、鶏肉、牛肉、三種の謎肉(なぞにく)が一気に食べられる。 謎肉ファンの謎肉ファンによる謎肉ファンのためのヌードル。 そのくせ普通のカップヌードルと同じ値段。お得感たっぷりです。 ペッパーの効いた切れのあるスープもなかなか良い感じです。 最近のお酒飲んだあとのシメはもっぱらこれ。ミステリーミート、ブラボー!

はい。そんな感じでした。

さて、いよいよ秋めいてきた今日この頃。
先日スーパーの生鮮食品コーナーで柿の試食があったのですが、 ためしに一口食べてみて驚愕。「柿うめぇぇぇぇぇぇぇ!」と感動しました。 やっぱ旬のものは旨いね。秋サイコー。

『秋から冬にかけて』っていうこれからの時期が私は一番好きです。 少しずつ気温が下がってきて気分もピリッと引き締まってくる。 テンションが高まっていく季節なのだ。

よっしゃ、行くぜ!
「このまま加速する!」

ではでは。
またね。

ちゃおー。

ちぇんじおあだい。

2012年10月31日



自己啓発本・・・っていうんでしょうか。

「明日からあなたの生き方が変わる!」とか、
「十倍仕事がこなせるようになる!」とか、
「30代でやるべき20のこと!」とか、
「歴史を変えた名言集!」とか、
なんかそういう、やたら前向きな言葉が書いてある本。

どーもウソくさくないですか。
うさん臭さがプンプンする。 成功した人の後付けの話、そんだったら何とでもいえる。 書いてある事は結局どの本も同じことばっかだし。 そもそもこの著者が誰だか知らないけどこの人は成功してんの? こんな本読んだぐらいでそうそう人が変わったり 夢がかなったり人生がバラ色になったりしたら誰も苦労しないわい。

…っていう、そんな類の本。大好物なんです私。
ついつい読んじゃうんです、こういうの。

もちろん「この本さえ読めばどうにかなる」とかは全然思ってなくて。 単純に前向きな言葉ばっかり読んでいると気分がアガってくるから好きなんです。 松岡修三の熱いメッセージと同じで、「お前!あきらめんなよー!」とか 「やればできる!」言われるとね、 「オッシャー!そこまで言うならもういっちょがんばってみよー!」 ってなってしまうんです。単純思考バンザイ。

ブックオフに行けば100円コーナーにいっぱい置いてある自己啓発本。 気分転換・景気付けにちょうどいいのです。缶コーヒー買うみたい感覚。 じっくり読めばもちろん、パラパラーっと読んでも 確実に100円以上の価値は得られるはず。

あと、本から読み取ったことはすんなりと心に入ってきやすい。 自分が答えを欲しているとき、新しい発想を得たいときに読んでるから。 自然と心が意見を受け入れる状態になっている。

同じことを不意に他人からアドバイスされても それを肯定的に聞けなかったりするんです、私の場合。 「えー、うーんそうかなぁ…」とか適当に受け流してしまう。 人から言われて考えを改めることとか、あんまり無いの(爆)。 それはただ、私が頑固者なだけかもしれませんが…。

まぁまぁ、そんなことでなくとも季節は読書の秋ですよ。
面白い本を読んで損はありません。

私は最近、NHKの番組『トップランナー』に出演したゲストの言葉を抜粋した 『トップランナーの言葉』という本を読んでいました。 おうおう、ふむふむ、なるほど、なるほど。 良い言葉にいっぱい揉まれて気持ち前向き、テンションじわじわUP。

中でも『池袋ウエストゲートパーク』などを書いた、
作家の石田衣良さんの言葉が心に刺さりました。

以下、一部抜粋。

「新しいものへ挑戦することは慣れに対する恐怖でもあります。会社の株価を見ているとわかりますが、 新しいことを試さない会社の株価はどんどん落ちていきます。 作家も、常に新しいものを入れていくという視点を持っていないと小さくなっていってしまいます。」

「『自分のことを真似する人』『最高だった自分を追いかけて同じことを繰り返す人』は小さくなっていきます。 変わらないものは死ぬのです」
(NHK「トップランナーの言葉」より。)

グサリッ!ですよ。イテテテ。心に刺さる言葉です。

というのも…

今までの私の表現の傾向はどちらかというと、『自分のことを真似する人』の部類にあったと思うから。 一応自分なりには毎アルバム新しい試みを取り入れているつもりなのですが、 人に聞くと「いや、毎度変わらないケンモチミュージックって感じだったよ」って感想が多い。

また、過去に『最高だった自分を追いかけて同じことを繰り返す』みたいなことをしようとして、 逆に制作の手がパッタリ止まってしまったこともあったりしました。

よくできたからもう一度真似をしよう、過去と同じものを作ろうとしている時点ですでに逃げ腰なんですよね。 運よく100%マネできたとしても、できた作品の価値は確実に一回り小さいものになっている。

十年一日のごとく熟練の技や伝統を受け継ぐ職人さんならいざ知らず、 音楽・小説・映画・漫画などのエンタメは常に新しい表現、刺激、楽しみ方を提供できてナンボだと思います。

そういうモノに出会いたい。斜め上を行く感動を味わいたい。 ちょっとぐらい未熟でも未完成でも構わないから、新しいものが見たい。

そうやって外側には新しいものを欲しているくせに、 自分で作るものは結局今までとあまり変わらないというジレンマ! く、くそう、くやしい…!オレってちっちゃい。

「変わらないものは死ぬのです」

なーんてズバリと言いきられると、「ホントその通りだよな」 とすがすがしい気持ちにすらなってしまいます。 悔しさを通り越して快感!(アレ?)

次こそ変わろう、次こそ変えてやろう、そう思い続けて十数年。 変わらなくても死ぬんなら、変わって死んだ方がマシだ。 変わって死んで、またそこから生まれかわる! 俺はその可能性にかけるぜ!ジョースターさんよぉぉぉぉ!


皆様こんばんわ。ケンモチです。


ところで私の夢の一つに、 『NHKのトップランナーにゲストで呼ばれたい…』っていうのが若い頃からずっとあったんですが。 達成されないうちに番組が終了してしまいましたね…。ぐっすん。

あとは『情熱大陸』か、『プロフェッショナル 仕事の流儀』かな。 出たい、というか出れるぐらいの人間になりたいなぁ…とぼんやり思ったり。 番組がなくなっちゃう前に頑張らないと。

そんなことを思いながら今日もライフで買ってきたカツサンドをほうばる昼下がり。 もふもふ。うまい…。

******************************

はい、ニュースです。ミューズです。

Design Festa vol.36
[日時]2012年11月10-11日11:00-19:00
[場所]東京ビッグサイト[ブース]F-129

wasic vol.5
[場所]吉祥寺CAFE ZENON
[日時]2012年11月18日(日)19:00-22:00
[チケット]予約制 3000円(1和菓子+1ドリンク)
[連絡先]asano@wasic.jp
[HP]http://wasic.jp/wasic_vol.5.html

FINAL FANTASY TRIBUTE -Thanks-
[HP]「FINAL FANTASY TRIBUTE -Thanks-」l
[発売日]2012年12月5日 [価格]3000円
参加します。詳細は追ってUPしていきます。

******************************

さてー。もうすぐデザインフェスタだす。

今回は大阪に引っ越してからの初参戦となります。 東京ビッグサイトが遠いっす…。旅費ハンパねぇっす。 運べる荷物の量も限られるのでちょっと寂しいブースになるかも。

あとブース(F-129)の位置がいつもよりもわかりづらいです。 いつもは壁際ブースでしたが、今回はだだっ広い平野のど真中。 西尾維新言うところの『モロヘイヤ』(もろ平野)とはまさにこのこと。

他のブースに囲まれているのであまり音は出せないかもしれません。 アウェイです。圧倒的に不利な状況下。

だが、それでもオレは負けないッ!あきらめないッ!

大阪に引っ越しして少し生活にも慣れてきて気がついたんだッ。 東京にいたころのあの刺激、あの会場、あの空気、あの人ごみ、 あのエネルギーを感じにデザインフェスタに戻らなければならないッ!

音楽を作ろう、ブースを出してCDを売ろう、次はもっと良いものを作ろう、 曲作りをしながら思い浮かべるのはいつもブースに来てくれるお客さんの笑顔ッ! 半年に一回の約束の地ッ! 楽しみにしてくれている人がいる限り俺は出展をやめないッ!

ドォォォォォォン!!!

…うん、いや、まあ、なんだ。
熱いことをまくし立てたがとくに深い意味はない。ばびょーん。

今回は完パケ新作CDは無いのですが、 現在進行中のラフデモをまとめたCDRなんかを格安でバラ撒こう かと思っております。 正月の紅白餅の勢いでバラ撒こうと思っているので皆様キャッチしに来てください。

内容はシークレットシークレットです。 実際にゲットした方だけの秘密のお楽しみ。何が出るかな、何が出るかな。


さてーラストは最近気になったものをご紹介です。

その1 『livetune adding 中島 愛 / 「Transfer」』

PVが秀逸すぎる!
走る、踏み切る、地面が割れる、跳躍!
何気ない一連のワンシーンが場所を変え、時を超え、何度も何度も繰り返えされる。 繰り返されながら少しずつ世界が変わっていく、変えていく、みたいな。 バタフライエフェクトとかシュタインズゲートとかの タイムリープもののを見ている気になった。 いいですね。こういうの大好きですね。


その2 『Z.O.E / Beyond the Bounds』

うわ、かっこいい…。『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS』ってゲームのオープニングテーマだそうです。やるなーコナミ。 声が入ってきた瞬間に「ええーw」って衝撃が走ります。 民族調のリリック(フィンランド語をベースにした造語らしい)、 明るくも暗くもない無調性なあいまいさ。 この変なハモりすごいスピード感と力強さを生み出してますね。


その3 『ジョジョの奇妙な冒険』

大人気マンガの映像化。アニメ版ジョジョの奇妙な冒険。 原作があまりにも有名だし、個人的に第一部はそんなに好きじゃないし、 正直あまり期待していなかったの本作。 すみません!メチャクチャおもしろいですー! 熱い、濃い、それなのにテンポが良い←ここがミソ。 ストーリーを知っていても見入ってしまいます! あとディオ役の子安さんの演技が光ってますね。
「俺は人間をやめるぞ、ジョジョーッ!!!」


その4 『まらしぃ - ナタリーインタビュー』

ニコニコ動画から現れたスーパーピアニスト、まらしぃさん。 ニューアルバム発売でナタリーのインタビューに出ていました。 ピアノを始めてから今までの経歴が本人から語られています。 なるほど興味深い。 人生って何がどういうきっかけで転がっていくかわからないものですね。
あと『蠍火』を音源化してほしい。お願いまらしいぃさん。


はいよー。そんなかんじでおじゃる丸。

あ、相変わらずインドカレー屋のカレーも食い続けてますよ。 本場の香辛料のおかげでケツが痛いです。なにくそ、これも修行のうちか。 ヨガフレイムが出せるようになるまで頑張りマス。

「戦士としての誇りがお前にはあるのか!?」

ではでは。
またね。

ちゃおー。