過去の出来事 2011年 3月

旅立ちトランスファー

2012年3月4日



はい、突然ですがわたくしケンモチヒデフミ、
2月末より大阪に引っ越ししました。 

会社の都合で大阪に転勤の辞令が出まして。
いつ東京に戻ってこれるかは不明です。 少なくとも2-3年ぐらいは関西人になってます。 ひとつどうぞよろしくお願い致します。

そして今まで関東でお世話になった方、遊んでくれた方々、
いろいろとどうもありがとうございました。 突然のご報告になってしまいゴメンナサイ。 おいらのこと忘れないでね…。
(´・ω・`)・・・ショボーン

・・・と。なんかお別れっぽい感じになりましたが…。

しかしこれまで通り、音楽も人間活動もマイペースに続けていきます!
サイトの日記も月2回更新しますし、メールくれたりツイートくれたらメッセージ返します。 メールアドレス、他連絡先等は今までと基本同じです。変わるのは住所だけ。

今の世の中、東京-大阪間なんてあっという間ですよ。ご近所さん。
インターネットを使えばメールも、サイト更新も、音声ファイルのやり取りも思うがまま。 都内にいるのとそれほど環境は変わらないんじゃないかと。

肉体はどこにあっても、ケンモチヒデフミのゴーストにはどこにでも登場するのです。 必要としてくれる方がいるのならば私はいつもあなたのそばにいます! CDを聞けば音楽を届け、サイトを開けばくだらない日記を、 写真を撮ればいつもあなたの右上に写り込むことでしょう(怖いよっ!)

活動にはなんら変わりないのです!
ご安心召されるなー。フハハハハハー。

あ、たまには東京にも帰ってくる予定です。
なので本体とコンタクトを取りたい方は事前連絡くれたしー。


皆様こんばんわ。ケンモチです。


「しかし、なんでまたいきなり大阪に行くのっ?」
「やめちゃえよ、そんな会社ー。」
って、いろんな人に言われたんですが・・・

そりゃ俺だって本当は東京離れるの嫌なんだよー!
チクショー! (ノД`)・゜・

でも、辞令がでたら従う。それが社畜の定めなのです。
大阪にといわれれば大阪へ向かい、沖縄へといわれれば沖縄に、 網走といわれれば網走に、アラスカに、シベリアに、昭和基地に、笑顔でゆくのです・・・。 嫌だから、行きたくないから、やりたくないから、自分に向いてないから、仕事を辞める…とか。 そんなの甘え。俺の社畜根性なめるな。

自分はの場合「音楽をやりたい」ってことだけは曲げないで生きてきました。 逆に言えばその他のことはことごとく曲げまくって生きています。 仕事で出世したいとも、給料上げようとも、スキルを身につけようとも思ってません(オイッ)。 いつでも「YES!」。流れに逆らわず、強きには屈し、長きものには巻かれ、生きていくのです。

大阪に行っても音楽は作れる。 でも仕事を失ったら生活ができない、音楽作ってられない。 わがままは言っていられないのです。

No Life , No Music .
「音楽を続ける」ということは、「音楽を続けられる環境を続ける」ということ。 仕事しながら好きなことを続けるって事はそういうことでもあるっす。

******************************

ニュースでーす!

「大阪に引っ越しました。」
引き続き音楽活動はやっていきますので。
お世話になっています関係者方々、
今後ともよろしくお願い致します…。

*****************************

はい、そんなかんじで大阪よりお届け中の日記、 いつもよりも更新が遅れちゃいました。 ネットがなかなかつながらなかったものでして。

本当は引越し後すぐにネット開通予定だったのですが。
新居のポストに届いているはずだったプロバイダーのIDお知らせ封筒、 マンションの管理人さんが「チラシがいっぱい入っていたのでポストの中身、 全部捨てておきましたよ♪」とご親切にボッシュート。

速攻で再配達を依頼するも「速達で3日かかりますー♪」とのこと。
それぜんぜん速達じゃねぇだろぉぉぉ!
東京−大阪の実質的な遠さを早速体感したのでした。

そんなわけでインターネットも、テレビも、知り合いもいない、
自分以外に動くものが一切ない、静寂と独り言が支配する部屋で数日間。
引越しの片付けばかりしていたらちょっと調子悪くなってきまして。

いよいよ今日から大阪支社で初仕事だyo-!という日の朝。 なんか体調悪いなぁーと、思っていたらみるみるうちにヒートアップ。 昼過ぎぐらいにダウン。初日に会社を早退しましたとさ。 てへぺろ(・ω<)

って、オレ使えなさすぎるー!!!

やっとこさ家に帰ってもネットがないので病院がどこにあるのかわからず。 道行く人々に尋ねまくるも、どこの病院も閉まってるの。 ようやく開いてると思ったら産婦人科!接骨院!人工透析! 「だれかー内科は知りませんかー」と大阪市内を熱でふらふらしながら徘徊。

ようやく見つけた町医者に転がり込み診察を受ける。
熱を測ったら39度あった。風邪のせいだけではなくちょっとクラクラしたわ。 引越ししてきてからというものいろいろツッコミどころが多すぎる!これが大阪パワーかっ。

一人暮らしで、高熱を出して寝込んでると「オレ、このまま病気で死んだら誰にも発見されないんだろうな・・・」とか思うじゃない?さらにネット環境もなくて、ツイッターもできなくて、引っ越したばかりでご近所さんも知らず・・・。「あ、これ、積んだな・・・」と思いましたよ。実際。

検査の結果、幸いにしてインフルエンザではなかった模様。
んじゃ、何が原因なのかと考えたら、アレだ。
「熱くなれよ!」と松岡修造の声が思い起こされた。

さすが修造。やってくれる。ついアツくなってしまったよ。
じゃあなにかい。来週あたりオレは富士山にでもなるのか?

ハイ、そんなかんじでこっちでもマイペースにやっていきますよ。
『ケンモノガタリ 2ndシーズン、大阪編』スタートだ。
次回から本気出す! o(・∀・)○

ではでは。
またね。

ちゃおー。

満月ポン

2012年3月15日



新しい土地での生活。
ちょっとずつ落ち着いてきました。うぇい。

それにしても引越しは本当に体力使いますね…。 各種手続きやら生活環境の整備やら職場に慣れること等々、 日々をまっとうするだけでもヘトヘトですわい。

でも大阪という街は暮らしやすい気がします。
まだやってきたばかりですが今のところとっても良い印象Death。

まず、家賃が安い。
しかも東京に住んでいたころよりもはるかに好条件。 間取り広くて、鉄筋コンクリート造、駅から近くて、おまけにバストイレ別、オートロックで床暖房付き! すげぇ・・・。自分、オートロックとか一生縁がないものだと思っていましたyo-。 これだけ付いても東京のクソ狭いワンルームよりも安いとは。

そして物価が安い。
東京で68円だった「うどん」が大阪で25円で売ってて、 なんかすっごいテンションあがりました(笑)。だいぶ嬉しい。シャーッ!

あとはそう、電車が混んでない!人身事故とかもない!
というか基本的にどこへ行っても人が少ないです。これはかなり快適。 東京の朝の満員電車、毎日のようにおこる人身事故で遅延。 あれにすっかり慣れてしまっていたので 「ああそうか、電車って普通はそんなに人を轢くもんじゃないよな…」と、しみじみ。

その他、 職場の先輩の話では「東京にいたころより、鼻毛の伸びが遅い!」 だそうです。 ふーむ、そうなのだろうか、気をつけて観察してみよう!

あれ?これってみんな、大阪の良いところというより東京のダメなところか。 東京ってやっぱりすごい街だったんだな、いろいろと。 住んでいると気が付きにくいけど、少し離れると見えてくるカオス。 まぁ、そのカオスが得体の知れないエネルギーを与えてくれたりもするのですが。

「東京ー!狂った街ー!」って清春も歌ってたっけ。

関東を離れるの嫌だー!ってずっと思っていたのですが、 大阪での暮らしが板についてきたらそれはそれで悪くなさそうだ。 何年か住んだら大阪離れるの嫌だーっ!って言ってる、きっと。


皆様こんばんわ。ケンモチです。


こっちに来てから「満月ポン」 にハマッてます。
ふわっとさくっと食感の軽いせんべいです。

東京ではまったく見かけませんが、 関西圏ならコンビニでもスーパーでもほぼどこでも手に入るぐらいメジャーな存在のお菓子。 こちらの人に聞いてみると「えっ?満月ポンって東京には無いの?」ってかんじらしい。

ほかにもこういう大阪・関西にしかないものがいろいろありまして。 満月ポン・鶯ボール・みっくちゅじゅーちゅ・ポールウィンナー・紅しょうがのてんぷら… こちらではごくごくメジャーなのに関東では全然知られていないローカルフード。 こういうのを探すのが楽しいです。

たこ焼きやお好み焼きは有名ですが、東京でも食べられるじゃないですか。 こういうローカルフードはそれほどウマいわけではないのですが、 より東西の文化の違いを感じられる気がするのです!

会社の都合とはいえ、せっかく大阪に住むことになったんだし。 人生一度きりと思ったら転勤もエンターテイメントですよ。 なんでもかんでも楽しんでやるぜー!

******************************

ニュースでーす!

元気に生きてます。(ニュースじゃないだろ…)

*****************************

来月ぐらいには何か新情報をお知らせ!…できるかな。
しばしまたれよー。シバ☆マタ


さてさて、話は変わって。最近ハマッている動画のご紹介。

本気でスーパーサイヤ人を目指す海外の青年
音が出るので注意。(しかし音付きで見てほしい・・・)

私、今年に入ってからコレで一番笑いました。
この人最高すぎる。愛すべきバカとはまさにこのこと。

涙流してヒーヒー言って笑った。
引越しして早々、隣人に怪しまれるところだったぜ…。

いったい何が始まるんだろ?と見ていると青年のテンションスイッチがいきなりON。 「HAAAAAAAA−!」とか(笑)。意味なく服脱ぐし。 いろいろシュールすぎる。みんなのコメントもめちゃくちゃ面白い。 「DAAAAAA」とか、「1速、2速・・・」とか!

悟空はやくきてくれーーーっ!!!
日常で多少つらいことがあってもこの動画を思い出せば笑いを取り戻すことができそうです。 思い出し笑いに気をつけなければ。なぞの外人さん、どうもありがとう。

はいー、そんなかんじで元気にやっております!
ちゃらへっちゃらー♪

ではでは。
またね。

ちゃおー。

フォォォォォーー!くらぶ

2012年3月31日



え、ちょ、やだ、そんな、お好み焼きって…お、おいしい!
そう、それはほんの小さな衝撃だったのです。

そもそも、お好み焼きって「自分で焼くのが普通」だと思ってたんですよ。
みんなでガヤガヤしながら、恋人とイチャイチャしながら、ビールを飲み飲み、作る過程を楽しむ。 それがお好み焼きの醍醐味のひとつなのだろうと。いやむしろそっちがメインなのでは、ぐらいに。 自分で焼くから店によってうまい・まずいも無かろうと思ってました。

そんな私が大阪で初めて食べたお好み焼き。
お店のおじさんに焼いて出してくれたのですがジューシーで肉厚でふわふわでした。 たぶん使っている具材は同じだと思う。ってことは作り方次第でこんなに変るもんかね! ガクガクぶるぶる…。いや、本気でうまかったです。

スミマセン!自分が間違っていました!
やはり餅は餅屋、お好み焼きはお好み焼き屋なのだと実感。 プロフェッショナルのおじさんが作るお好み焼は偉大だったのです。 ああ、これからは焼いてもらうことに決めたよパトラッシュ!

はいーそんな前置きをそこそこに、リリース情報だっちゃ。

西原健一郎さん監修のコンピに2曲提供しました。
うぇいうぇい。2曲とも新録だz---!

******************************

「Kenichiro Nishihara / Folklove - Heartbeat Suite」
『全ての日常・ライフスタイルをより豊かに、スタイリッシュで心地よさを追求した音楽を届ける Kenichiro Nishiharaのプロジェクト“Folklove (フォークラブ)” 今作はKenichiro Nishiharaと親交の深いKenmochi Hidefumi、Calm、Tamalaや、巨勢典子を はじめとする、素晴らしいアーティストたちと作り上げたコンピレーションアルバムとなりました。』

******************************

はい、そんなかんじのコンピです。
西原さんやアンプライベートのレーベルと関わりの深い方々が参加されているようです。 Calmさん、Tamalaさん、巨勢典子さん、Namyさんなどなど素敵な方々がいっぱい。

そして『ライフスタイルをより豊かに、スタイリッシュで心地よさを追求した…』という、なにやら 格式高いコンセプト。そんなところに私のような日々堕落したメチャクチャ不摂生な生活を 送っているモノが参加していいのだろうか…。そう思うと胸が痛い今日この頃です。

収録曲は全15曲。私がやった2曲はこちらです↓

5曲目・That's the Way Love Goes / Kenmochi Hidefumi
14曲目・Can We Talk feat. Wami / Kenmochi Hidefumi

テヴィンキャンベルとジャネットジャクソンのカバーをやりました。
テーマは懐かしの90年代R&B。両方ともオリジナルは93年作です。

まず、ジャネットの「That's the Way Love Goes」
シルキーでムーディーですね。カッティングがなんとも心地よい。 もともと大好きだった曲でよく聞いてました。しょっぱい青春の1ページです。

この曲はいつものギターインストでやってみました。
ほのかな明るさとちょっぴり哀愁漂う曲調、 軽いラテンのノリで涼しげなアレンジに仕上がってます。 サビ前のドラムのフィルが「バスッ、バスッ」ってメロディとうまくハマってるとこが好きです。

そして、もう一曲はテヴィンキャンベルの「Can We Talk?」
個人的にはコレがかなりの押し曲なのです!

こちらは歌入りカバーです。
ボーカルはライブなどで何度もご一緒しているwamiさんに依頼しました。 やぁ、もう彼女の歌唱力がハンパない。 ハンパなく、ましてやパンパでもありません。

「オリジナルを超えるカバーなし。」なんて言いますけれども、これはひょっとするとオリジナルよりも良いかもしれない…。自分で言うのもなんですがね

最初に、「あなたのライフスタイルをよりスタイリッシュに…」
なんて言いましたがね。いや、まだ甘いな。
「お前のライフスタイルをアバンストラッシュしてやる!」(意味不明)。


皆様こんばんわ。ケンモチです。


そんなこんなでリリースされるこの2曲。
実は一年半以上も前から出来ていたのですが、紆余曲折ありましてお蔵入りになっていたのです。 wami姉さんとのコラボ曲は本当はもっといっぱいあるのです。 なぜあの企画は流れてしまったのかのぅ…(遠い目)。

今回はそれをちょっと小出しにする感じになりました。
ああ、お届けすることが出来てよかった…。拾ってくれた西原さんには誠に感謝です。 ありがとうございまーす!

******************************

ニュースどす。ごっちゃんどす。

【Kenichiro Nishihara】 Folklove -Heartbeat Suite-
2012年4月11日 / 2300円 / unprivate acoustics
参加アーティスト:Kenichiro Nishihara / Kenmochi Hidefumi / CALM / Tamala / Namy / 巨勢典子 / Daichi Diez / Substantial / 14?
・『That's the Way Love Goes』 / 『Can We Talk?』をやりました

******************************

ってことで発売は4月11日。
「ヒャッハー!!聞かないヤツは消毒だー!」


はい、そんなこんなで引っ越しして一か月たちました。
最近は近所にあるスーパーマーケット「ライフ」をよく利用しています。 いやぁ、すごく便利です。品揃え豊富で安い。夜に行くと値引きシール張りまくり。 40%引きの文字がまぶしいぜ。

さらに、そのライフの中に「小麦の郷」ってパン売り場があるのですが。 たかがスーパーのパン屋と侮ることなかれ。焼きたてでめっちゃ美味い!

カツサンド、海老カツドッグ、カレーパン、デニッシュロック、明太子フランスパンがお気に入りです。 カツサンドのカツなんかもう親のカタキかっていうぐらいの分厚さで食べ応え十分。 確かな満足!

そんなわけで、
朝はクロワッサンを買いにライフへ。
昼はカツサンドを買いライフへ。
夜は酒と、ツマミと、納豆と、うどんを買いにライフへ。
なんでもいいからとりあえずライフへ、、、。

自分に必要な飲食物は全部ここで揃ってしまいそうです。
私が生きているのではない、ライフに生かされているのだ…。
まさにマイライフ・イズ・ライフ!そんな私です。

では最後に、おすすめの動画のコーナー。

「ワールズエンド・エルシャダイ」

私の大好きなwowakaさんの「ワールズエンド・ダンスホール」と、エルシャダイのMAD動画です。 これだけだとすごさが伝わりにくいかもしれないので元ネタも置いておきます。

「ワールズエンド・ダンスホール」
「El Shaddai -エルシャダイ-」

下の二つを掛け合わせて作られたのが上の動画です。
いや、なんだ、なんだ、これすご過ぎやしないか。 こんなにうまくハマッていいものなのか。 クオリティ高すぎ、しかも何だかかっこいいし!

こんな凄いものをどこかの誰かが無償で作って、みんなでワイワイ言って盛り上がっているっていう。 本当にカオスな時代です。最高です。

さぁ、そんなかんじで今日も太陽がまぶしいぜっ!
一日がんばっていきまする。

まずはライフでカツサンドを買ってこよう。話はそれからだッ!

ではでは。
またね。

ちゃおー。