過去の出来事 2010年 12月

俺の部屋の壁がこんなに薄いわけがない

2010年12月03日



引っ越ししました。シュワッチ。

「よーし、新しい部屋、新しい街、新しい気持ちで頑張るぞー!」
とか、そういう前向きな引っ越しではなくてですね…。

近隣の方とすったもんだがありまして、
急遽私が部屋を移ることになったのでした。
全く予想外の出来事で面食らっています。シュン…。

ナイフを突き付けられたうえ、「今すぐ死ぬか、引っ越すかしろ…」
凄まれるという何かのタチの悪いドッキリみたいな、 シャレにならない物騒なもめごとになりまして(涙)。 ホント一時はどうなる事かと思いました。
一生モノのトラウマですわ…。

とりあえず今は引っ越しを終えて一段落。
いろいろ大変でしたが私は元気です。
「こんなところでやられてたまるかよぉッ!(切実)」
ご心配してくださった方々、どうもありがとうございました。

そんなわけでとにかく引越すことになったものの、 なにせ寝耳に水の出来事。 準備も何もしていなかったので荷造りやら届け出やらいろいろ大変でした。 肉体的、精神的、金銭的トリプルパンチ。ムギュ。

『1.死別、2.結婚、3.引っ越し』
これが人生のストレスのトップ3だそうです。
あら、引っ越しって何気に上位なのね♪ 全然嬉しくないけどな!

『引越し』といえば、かの大作曲家ベートーベン。
彼は生涯に79回も引っ越しをしたらしい。 部屋が散らかっても片付けないで、そのまま次の部屋へ引っ越しってな具合だったそうな。 まさに引っ越し魔。英訳すると「ハウス・ムーヴィング・デビル」。なんかカッコいい。 やはり歴史に名を残すレベルの偉人は生活のスケールも違うぜ。

それにしても79回って…どんだけエネルギー余ってたんでしょ。
それだけ引越しする元気があったら作曲なんてちょろいもんだ。

そんなベートーベンの引っ越し癖が良いか悪いかはともかく、 身軽な生き方にはちょっと憧れます。 モノにも、人にも、住む場所にも、執着がない。 無駄なものを持たない。 自分と音楽以外に興味なし。 ペンと紙とピアノと、あと少々の生活必需品だけ。 そういうストイックな生き方カッコイイ。

人生ってシンプルな方が良いもの。失うものが無ければ恐れるものも無い。
そうさ、今こそ人はベートーベンスタイルであるべきだ!


皆様こんばんわ。ケンモチです。


それに引き換え、自分のモノの捨てられなさたるや。
いざ引っ越しをしようとして物の多さに愕然としました。
CDや本や楽器や、けっこう収集癖がある人間でして。

いつか聞き返すかも、読み返すかも、演奏するかも…カモカモパラダイス。 実際の所は半分ガラクタばかり。 結局、何年も部屋のどこかに眠り続けてそのうち存在すら忘れられる始末。 これはいけない。今こそベートーベンスタイルだ!

そんなわけで「モノを捨てる、整理する方法」的なサイトをいろいろ見ていたのですが、 その中に思わず目からウロコな考えを発見しました。

それは「お店に売っているものやネットですぐに買えるものは、部屋に置かない」 というもの。 必要になった時にお金を出せば手に入る、 物の場所がわかるということはすでに所有しているのと同じ。 なのでそのままお店を自分の倉庫みたいなものと考えてモノを置いておき、 必要になったときにお金を出して取り寄せればいいという考えらしい。

これはすごい発想じゃないですか!
無限のリアルタイムカタログ、インターネットがあればこその考え方。
まさに2000年代の考え方だなーと感心したのでした。

「物の場所がわかるということはすでに所有しているのと同じ。」
なんというジャイアニズム的発想。素晴らしい。

物を捨てる、整理する時もそうだけど、これから新しい物を買う時に特に役立つ。 これは果たして今必要か、保管するだけの意味があるか? と、一歩引いて冷静に考えてみるとかなりの確立で消費欲がおさまる。

そうだ結局は欲しいものなんてほとんど必要性が無くて、
ただ所有欲を満たすために買ってたりしてただけなんだ。
まだここに置いておこう…。

うわ、なに、このスッキリ感!いいこと知ったわー。

******************************

できるだけ、ニュースです。

【RICE-bowl Kenmochi Hidefumi release party】
2010.12.4(sat)@MULTI CULTI(大分)/ 22:00 OPEN
With flyer/1500円(1D) Door/2000円(1D)
Guest DJ :Kenmochi Hidefumi
DJ:Taichi / Kazuhiko / Takahiro / Kyoshin3 / Takushi
VJ:kaz
・今年で3回目となった大分遠征。みんな良い人たちばかりです!
・大分の地元の方、九州にお住まいの方、是非いらしてください。

【LOVE LOVE NIGHT】
2010.12.27(Mon)@西麻布eleven / OPEN: 22:00
With flyer/1500円(1D) Door/2000円(1D)
12月生まれの方は1000円(1D)(要写真付き身分証明書)
Guest Live : TBA
DJ : ロケットマン/MITSUU/KENSHU/Leina/YUMIE/KIWA
Lounge DJ:Kenmochi Hidefumi / YOSHIII / TONBO / senshu / SHOJI
VJ : I-WORLD / Fab lab.
・オールジャンルのイベント。ロケットマン(ふかわりょう)さんも出るらしい。
・個人的にはクリスマス&忘年会なノリで気楽に楽しもうかと思ってます。

【Namy Silver Release Party】
2011.1.9(Sun) 16:00-22:00@渋谷JZ Brat
当日3,500円 / 予約 3,000円 / 着物でのご来場者2,500円
LIVE : Namy / RELEASE GUEST LIVE : XS
LIVE PAINTING : 中塚翠涛×isao osada TOJO
DJ : Kenichiro Nishihara / Kenmochi Hidefumi /
ヨシノスケ /勝矢和紙 / DJ Novu / BOSCA DJs
FOOD : 千の里(正月料理) / VJ : 小木曽功治
・ホッピー会で意気投合したNamyさんのCDリリースパーティー。
・ライブにDJにライブペインティングに…他いろいろ豪華仕様です。

【Modal Soul Classics II dedicate to...Nujabes/V.A】
2010年11月11日より発売中 / 2500円(税込)
hydeout productions/HPD12
・6曲目“modal soul Kenmochi hidefumi Remix”収録されています。

【Shakespeare (シェイクスピア)】
2010年11月3日より発売中 / 2500円(税込)
11曲入り 2nd Album / UNPRIVATE ACOUSTICS
・オリジナル2ndフルアルバムです。みんな聴いてね。

******************************

はい、ということで11月3日にアルバム『シェイクスピア』を発売したわけですが、 世の中も常に動いております。激動です。特に音楽界はリリースラッシュの戦国時代。 そんな中での個人的な注目盤↓↓↓

10/06・ふくろうず『ごめんね』
10/20・小林太郎『DANCING SHIVA』
11/03・阿部真央『19歳の唄』

自分が好きだと公言していた若手アーティストが、図らずも『シェイクスピア』と 同じ時期にCDをリリースしていました。何、この偶然の一致。胸熱。

いや、これは、むしろ、まさか…!
Kenmochi Hidefumiの発売日に当ててきた!?(ただの妄想です。)

もちろん御三方とも愛聴させてもらっております。
皆、素晴らしい作品です。若いエネルギーがあふれてる!

そんな刺激とパッションとコラーゲンを音楽を通して耳からいただきつつ、
自分も気持ちと感覚ぐらいは若くありたいと願う今日この頃です。
さあ、ハッスルハッスル!(←もうすでに若くない発言)

そんなわけで、明日は大分に向かいます!
大分にお住まいのミュージックラバーの方、何卒よろしくお願い致します。

ではでは。
またね。

ちゃおー。

ヘイ、ミスター!

2010年12月16日



どもー!こんしわーっす!(師走)

やいのやいので、もう2010年も年の瀬ですよ。
あらまぁ、やあねぇ、もう年の瀬ですってよ奥様、早いわねぇ。
『わたるがぴゅん!』ってかんじだったわね(古い)。

さて、年末といえば我が社は恒例の健康診断の時期。
その結果が返ってきました。恐る恐る見てみると、 心配されていた肝臓や貧血、その他の数値もオールOK じゃないですか。やっほう!

が、ただひとつ体重だけがだいぶ増えてました。たるーん。
ええ、わかっていましたよ、自覚してましたとも。

もっと言うとここ2カ月ぐらいだけでも4kgは太りまぴた。たるるーん。
ストレスとか、寝不足とか、なんかまぁ、そんなんでね(涙)。
皆、生きているといろいろあるよね♪しょうがないよね。

しかし、悲しいかな。ちょっと体重が増えたら生活がラクなんです。
もともと痩せ気味だったので若干脂肪がついたぐらいでもいいのかもしれない。と前向きに考える今日この頃。

重いものを持ったり、階段の上り下りとか、以前よりもラク。
そしてなんといっても体があったけぇ。冬場でも例年より寒くない気がする。
脂肪ありがとう。ナイス・ファット!ナイス・ファット!

さてさて、そんな「太ったり、痩せたり♪(byあやや)」な私、
まだ痩せていた頃の写真がTowerRecordsのフリーペーパー
『Bounce』に掲載されていました。

『Kenmochi Hidefumi』
「ポスト・クラブミュージックを標榜する気鋭の才能が描いた優美な音世界」

アー写マジック第2弾。やや、こうして取り上げられると
本当にアーティストっぽいじゃないか。

アー写撮影のとき、いろいろ試していたらなんだか不思議なバランスの一枚が撮れてしまいまして。 「このフワフワ感はまるで木村カエラみたいじゃない?」とか言って採用にしました。

友達に見せてみると、「ほうほう、ふむふむ、へぇ…。で、これ誰?
みたいな反応を多数いただきます。あ、いちおう僕です。

Bounceは昔から常々読んできた雑誌だったし、 ライターの出嶌孝次さんの書く記事はジャンル幅広くて面白くて以前から気になっていました。 そんなわけで、今回の記事掲載は私的にとても光栄だったりします。ありがとうございます。

おっしゃ。これを励みにこれからも頑張りますyo-。
バンドやってた若かりし高校生の頃、 「オレもいつかはタワレコの『NO MUSIC NO LIFE』のポスターに出るんだ!」とか思ってました。 まだまだそこまでには全然遠いけど、いちおう小さいけど記事になったぞって、ちょっとあの頃自分に自慢したい。

「未来からきた12年後の僕だ!Bounceを見せに来たよ!」
「ええー!本当に!タイムスリップしてきたの?!」

「そうさ、僕は今でもちゃんと音楽続けてるよ。バンドは解散したけどね。」
「え、宅録インスト?なんか地味だな…ルナシーみたいなバンドやりなよ。」

「うっさいな!今後のお前の努力が足りないからこうなるんだよ!」
「29歳のオレってもっとイケてるんじゃなかったの。オタクくさいじゃん。」

「ほっとけ!まぁいい。とにかくこのBounceの記事を読んでみてよ。」
「ポストクラブミュージック?なにそれ意味わかんね…、で、これ誰?


皆様こんばんわ。ケンモチです。


そんなかんじで上がったり下がったりバウンスしまくりの日々の中。
12月4日は大分にいってまいりましたよ。

『RICE-bowl Kenmochi Hidefumi release party』
2010.12.4(sat)@MULTI CULTI(大分)

今回で3回目。それでもやっぱり毎回新鮮。行く度に魅力を発見します。
壮大な自然、海に山にうまい食べ物、気持ち良い温泉。
そして優しく接してくれる人々の暖かさ。大分最高!

激寒かった昨年とは打って変わり、
今年は気温は暖かめで天気も良く絶好のクラブ日和(?)でした。

新譜からの曲を多めにかけました。 発売間もないのに、ちゃんと反応が返ってくる喜び。 毎度「どうして大分の人が自分の音楽を知ってくれてるんだろう」と 不思議な感覚になります。とても嬉しいです。ありがとうございます。

こんな自分の音楽でも、 普通だったら知り合う機会のない人達と繋がるキッカケになるんだ。 場所を越えても音楽は届く。 そう考えると頑張ってきてよかった、これからも発信し続けよう、って思いますよ。yeah。

去年は、「ライスボール!ナイスボール!」と目の前で始終連呼していた人がいて、とても目立っていたのですが今年は見当たらず。 こうしていなくなってみるとちょっと寂しい。 そんなわけで今年は私みずからマイクを持ち、 「ライスボール!ナイスボール!」と叫ばせていただきました(笑)。

また来年も、こんなナイスな大分にやってこれたらと思ってます。
meansの皆さん。いつもいつも本当にありがとうございます。
今後ともごひいきに!!!

******************************

できるだけ、ニュースです。

【LOVE LOVE NIGHT】
2010.12.27(Mon)@西麻布eleven / OPEN: 22:00
With flyer/1500円(1D) Door/2000円(1D)
12月生まれの方は1000円(1D)(要写真付き身分証明書)
Guest Live : カケラバンク / Tengal6
DJ : 博多めぐみ/MITSUU/KENSHU/Leina/YUMIE/lolo
Lounge DJ:Kenmochi Hidefumi / NORISHIROCKS DEEJAYZ / KIWA /
KM /TONBO / Senshu / Katsura / NAMI
VJ : I-WORLD / Az / Fab lab.
・オールジャンルのイベント。大忘年会スペシャル☆らしいです。
・個人的にはクリスマス&忘年会なノリで気楽に楽しもうかと思ってます。

【Namy Silver Release Party】
2011.1.9(Sun) 16:00-22:00@渋谷JZ Brat
当日3,500円 / 予約 3,000円 / 着物でのご来場者2,500円
LIVE : Namy / RELEASE GUEST LIVE : XS
LIVE PAINTING : 中塚翠涛×isao osada TOJO
DJ : Kenichiro Nishihara / Kenmochi Hidefumi /
ヨシノスケ /勝矢和紙 / DJ Novu / BOSCA DJs
FOOD : 千の里(正月料理) / VJ : 小木曽功治
・ホッピー会で意気投合したNamyさんのCDリリースパーティー。
・ライブにDJにライブペインティングに…他いろいろ豪華仕様です。

【Modal Soul Classics II dedicate to...Nujabes/V.A】
2010年11月11日より発売中 / 2500円(税込)
hydeout productions/HPD12
・6曲目“modal soul Kenmochi hidefumi Remix”収録されています。

【Shakespeare (シェイクスピア)】
2010年11月3日より発売中 / 2500円(税込)
11曲入り 2nd Album / UNPRIVATE ACOUSTICS
・オリジナル2ndフルアルバムです。みんな聴いてね。

******************************

ところで、

もう完全に流行に乗り遅れているのを承知で言わせてもらいますが、
『KARA』が熱いです。激熱です。あの「ミスター」っていう曲ね。

話題になっていたのは何となく知っていたのですが、
最近になってようやく聞いて、あっさりKOされてしまいました。

はじめはPVのヒップダンスばかりに目が行って、
「俺は、この娘達の腰についているサスペンダーになりたい。
とか意味不明なこと言っていたんですが。 何回か見るうちにいつのまにか曲が頭からはなれなくなってしまいました。 中毒性高し。

ポップスとしてとてもよく出来ていて。
エンターテイメントが何たるかを熟知していますよ、これは。

言葉の違いとか、トラックのつくりの上手さとか、PVのダンスとか、 いろいろ複合的に絡まって「ハマり感」が凄まじい。 思わず何度も聴いてしまう。

キックとかシンセの鳴りとか心地いい。引く所はちゃんと引いてるし。 歌も上手いし。そしてなによりベースラインが鬼カッコいい。 スラップ気味にグイグイ引っ張っていくのがもうたまらん。 たぶん独特の「ハマり感」はあのベースラインに(あとヒップラインに) あるんだと思います。

今ではもうあのイントロとダンスが始まった瞬間に脳内のドーパミンスイッチが 入っちゃうかんじです。えらい幸せな気持ちになる。アヘアヘします。
ミュージック・ヒロポンと言ってもいい。

「ミスター」にガッツリ持って行かれた後、『LUPIN』『Wanna』『Jumping』と
立て続けにチェックしてみたのですが、どれもえらくカッコよくて参った。
K-POPやばし。これはJ-POPももうちょっと頑張ってもらわないと…。

まずはそうだ、アイドルにはサスペンダー着用を義務づけましょう。
きっとそこに活路があるはず(私的フェチズムまるだし)。


はい、日々そんなかんじです。

ではでは。
またね。

ちゃおー。

年の瀬!

2010年12月28日



さーらばいばい、さーらばい♪
げんきにさーらーばーーーい♪

さらば2010年。早いもので今年も最後の日記となりそうです…。

が、そんな年の瀬にちょっぴりサプライズッ!oh!yeah!
以前、お伝えしていた謎のスペシャル対談。
記事がアップされましたのでご紹介します。ジャカジャン。

【TYO magazin (トーキョーマガジン)】
『Kenmochi Hidefumi×藤田二郎(FJD)-Shakespeareな対談(その1)』


はい、ということで、 アルバムFallicciaとShakespeareのジャケットを手掛けてくださった 藤田二郎(FJD)さんと対談をさせていただきました。 ずっと憧れだったアーティストとこんな形でお話しする日が来るとは。 まさに夢のような体験でした。ドリがカムった!

藤田さんと会ったのはこれで2回目。じっくりお話をするのは初めてでした。
最初は若干緊張したものの、藤田さん穏やかで落ち着いた雰囲気にリラックス。 いろいろ興味深い話をさせてもらいました。ありがとうございます!

今回は第一回目。二回目もあるようなので乞うご期待。
なにより、私自身が一番楽しみにしています!

******************************

いやーそれにしても今年はいろいろありました。
良いことも悪いことも、悲喜こもごも。

動いた、作った、はたらいた、そしてテンパった。
サボり気味だった去年に比べて今年は5倍ぐらい濃厚に生きた気がする。 風のように過ぎさる今日、そして振り返る間もなく明日。 昨日のことはすでにうる憶え状態。あれ?昨日何やってたっけ?

脳ミソの容量少ないから、無意識に憶えることや思い出すことを放棄していたのかも。 詰め込もうとしてもメモリーがどんどんが上書きされちゃう。 いいのさ、いいのさ。忘れることも大切なのだ。「まったく記憶にございません!」

とにかく、その日その日で何をすべきか考えて、こなして。 夜は酒飲んでサッサと寝る。明日も良い日になりますように。 (:D)┼─┤バタッ
そんな毎日を繰り返してました。

でもそれが苦痛だとか嫌だとかむなしいとか、そういう気持ちはなくて。
『これが自分には最適な生活サイクルなのかもー。充実、充実♪』
とか思ったりしたもんです。

欲しいもの買ったり、うまいもの食ったり、どこかに出かけたり、友達と遊んだり、 そういうことで心を満たそうっていう感覚がほぼなくなっちゃってます。 お金を使って贅沢に遊ぶよりも、お家で音楽を聴いて作って、している方が刺激的。 このフレーズ、ちょっとヤバいかも・・・(´∀`*)ウフフ。 なんてニヤニヤしたりしてます。 いわゆるただのオタです。

「最近の若者は嫌消費世代」、なんて言われてますけど。
それまさに自分です…。ごめんね日本経済。
でもCDはちゃんと買ってるから許して…。


皆様こんばんわ。ケンモチです。


さてさて、せっかく年末なのでそれっぽいことをやってみましょう。
個人的に【よく聞いた2010年リリースのJ(K)-POP新譜まとめ】です。
1-20位まで、ドドーンと行ってみよう!それそれー。↓↓↓

1. still a Sigure virgin? / 凛として時雨
2. ポっぷ / 阿部真央
3. BEST 2007-2010 / KARA
4. kikUUiki / サカナクション
5. シンクロニシティーン / 相対性理論
6. ループする / ふくろうず
7. SINGLES 2004-2009 / フジファブリック
8. Orkonpood / 小林太郎
9. Kimonos / Kimonos
10. Revolutionary / 9mm Parabellum Bullet

11. シングル・コラボもの全部 / やくしまるえつこ
12. Nicheシンドローム / ONE OK ROCK
13. スポーツ / 東京事変
14. 幻聴と幻想の現象 / ピロカルピン
15. 24/24 / 川嶋あい
16. amp-reflection / school food punishment
17. ZOLTANK / オーラルヴァンパイア
18. クロなら結構です / モーモールルギャバン
19. GOLD / JASMINE
20. WHITE ASH / On The Other Hand,The Russia Is...

うーん、こんなかんじかな…。ポップだなぁ。

自分の音楽を作る時はものすごい考え抜いて、神経すり減らして…というかんじなので。 リスナーになるとその反動でめちゃくちゃポップものが聴きたくなってしまうんですわ。 歌モノ、バンドものが良い。もうね、正直ね、インストの曲なんて聞きたくもな(ry

オホン…。で、そんな中、やっぱり位になってしまったのが時雨でした。 好きなんだから仕方ない。 自分の感覚とのシンクロ率がハンパ無いんです。

そして2位は今年大ファンになってしまった阿部真央ちゃん。 アルバムはもちろん、この前出たシングルも良かった。 この調子でどんどん自由に曲を書いてほしい。 今後も熱い歌を期待してます!

3位は滑り込みでランクインしてきたKARA。 最近ベストアルバム買ってからずっとリピートしてます。ヤバイ。 ハングル語ってカワエエなぁ。私はメンバーの中も「スンヨン」が好きですねー。

4位のサカナクションは「アルクアラウンド」のPVが衝撃的でした。アルバムは逆に渋くてスルメな曲が多かった印象。アゲっぱなしじゃないから何度も聞けた。

5位の相対性理論はいつも全曲ハズレなし。抜群の安定力。やくしまるえつこ、D.V.D、他のコラボものも、全部良かったですね。

あ、それと余談ですが自分のリリースもちょこっと紹介(余談なのかよ)。

・2ndアルバム 『Shakespeare』
・Chill SQ 『聖剣伝説Remix』
・Nujabesトリビュート 『Modal soul remix』
・その他、企画ものをボチボチ。(これはまたそのうちご紹介します)

…はい。こんなかんじです。
うーん今年は結構頑張ったかな。過去最高に曲作ったかも。
が、しかし、来年はもっとやりたい。血ヘド吐くまで頑張ります。
俺の力はまだまだこんなもんジャネイロ・ジャレル!

******************************

できるだけ、ニュースです。

【Namy Silver Release Party】
2011.1.9(Sun) 16:00-22:00@渋谷JZ Brat
当日3,500円 / 予約 3,000円 / 着物でのご来場者2,500円
LIVE : Namy / RELEASE GUEST LIVE : XS
LIVE PAINTING : 中塚翠涛×isao osada TOJO
DJ : Kenichiro Nishihara / Kenmochi Hidefumi /
ヨシノスケ /勝矢和紙 / DJ Novu / BOSCA DJs
FOOD : 千の里(正月料理) / VJ : 小木曽功治
・ホッピー会で意気投合したNamyさんのCDリリースパーティー。
・ライブにDJにライブペインティングに…他いろいろ豪華仕様です。

【大宮のカフェでイベント(仮)】
2011.2.6(Sun) open 18:00 start 19:00@大宮 ROOT☆CAFE
charge ¥1000(1drink込)
[Live] ケンモチヒデフミ/kentarow/Wami
・いつもお世話になってる、wasicの浅野さん主催のイベントです。
・詳細がわかったらまた追記します。

【TYO magazin (トーキョーマガジン)対談企画】
『Kenmochi Hidefumi×藤田二郎(FJD)-Shakespeareな対談(その1)』
・ウェブマガジンに記事が掲載されてます。
・続きもあるので乞うご期待。

【Modal Soul Classics II dedicate to...Nujabes/V.A】
2010年11月11日より発売中 / 2500円(税込)
hydeout productions/HPD12
・6曲目“modal soul Kenmochi hidefumi Remix”収録されています。

【Shakespeare (シェイクスピア)】
2010年11月3日より発売中 / 2500円(税込)
11曲入り 2nd Album / UNPRIVATE ACOUSTICS
・オリジナル2ndフルアルバムです。みんな聴いてね。

******************************

おいっす。こんなかんじです。よろしくです。

さあ20代最後の一年も終わり、いよいよ来年は三十路。oh!yeah!
おっさん化を目前に、考え方が少しずつ変わってきてます。
ひとことで言うと「思考が単純」になってきました。

こだわりがなくなって、人生を軽く考えるようになりました。
物を覚えなくなって、すぐ忘れるようになりました。
過去も気にならなくなって、後悔も反省も減りました。

とにかくやってみるってのが多くなりました。
そのかわりあきらめるのも早くなりましたw。

好き嫌いの許容範囲が広がりました。
とにかく「嫌い」っていうのが無くなくなって、
「大好き!」か「まぁいいんじゃない?」ぐらいの二択になりました。

総じて、以前にも増して「ちゃらんぽらん」になったってことです。
チャラン・ポランスキー監督です。こんな私が29歳。世も末だわ。

そういえば最近知ったんですが、 相撲取りの横綱「白鵬」はまだ25歳なのだそうな! そんなに若かったのか。なんてしっかり者なのだろう。心も体もデカいです。

かと思えば、神聖かまってちゃんの「の子」も25歳だそう。
もうけっこういい歳だったんだ…。25歳であれだけ自分をさらけ出せるなんて、 その生き様は本当にかっこいいと思う。

人間、いろんな歳のとり方があるもんだ。
っていうか実年齢なんてほとんど関係ないよね、社会に出たら。
ボーっとしてても勝手に歳とるんだし。

こうなったらもう、永遠に『ガラスの十代』で行くしかないでしょ。
こわれそうなものばかり、集めてしまうよー♪

はい、こわれるのは得意です!
そんなかんじで一年間お世話になりました。
来年もまたよろしくお願い致しますよ。

ではでは。
またね。

ちゃおー。