過去の出来事 2010年 08月

ホッピーでハッピー

2010年8月13日



ホッピー好きです。

わざわざ酒屋で買ってきて家でも飲みたい、というほどではないのですが。
でも飲み屋さんのメニューにあったらついつい注文しちゃう。 たまに飲むと「あーなんか東京の下町って気分!」に浸れるからいい。 風鈴の音、蚊取り線香のにおい、かき氷の舌ざわり、、、みたいな粋なポジションにホッピーもいるんです。 レトロな風情があるじゃないですか。

なーんて話をすると、「ホッピ…あー、アレね。なんなのアレ?」
って聞き返されることが多いのです。なんとなくあのロゴを知っていても、実際飲んだことある人は少ないみたい。 もったいない。ホッピーのおいしさを知らずに「とりあえずビール」とか言っちゃってるんだ。みんな損をしているぞ!

そこで今日は私なりにホッピーの魅力を紹介してみたいと思います。

ホッピーは簡単に言うとビアテイストのノンアルコール飲料です(度数0.8ぐらいあるけど)。 それに安い甲類焼酎を混ぜ合わせて「なんとなくビール?」っぽくして飲みます。

発泡酒よりもずっと前からあった元祖フェイク・ビール。
1948年当時から、ちょっとリーズナブルなお酒としてお金のないお父さんたちの強い味方だったのあります。 プリン体が無く、ビタミン類・必須アミノ酸など含まれているので健康指向の人にも受けてたとか。

注文すると、冷えたグラスに焼酎が1/3ぐらい入って出てくるので、ホッピーと氷を入れてお好みの濃さに割る。 ぐびぐびー。プハー。うーん。ホッピー!

最近の出来の良い発泡酒と比べたら全然ビールっぽくない。
完全にホッピー丸出しの味。けれどそこが良い。着飾らないかんじがいい。

飲み方は人それぞれです。
ホッピービバレッジの公式ページには、 「焼酎とホッピーの割合は1:5」「氷はホッピーの風味を悪くするため使用しない。」 とか載っているのですが、 これはホッピーをいっぱい消費させるために言ってるところもあるのであんまり気にしなくてOKです。

お店で頼むと焼酎をいっぱい入れてくれるので度数が高くなるし。私は氷もお構いなしにドバドバ入れちゃいます。 かさが増えてホッピー消費量が抑えられる。 そう、むしろホッピー愛好家にとっては、1瓶で焼酎を何杯おかわりできるかが勝負どころなわけです。

最初の注文でホッピーと焼酎が一緒に出てきて360円。 以降は180円で別々におかわりができます。 ちなみに焼酎だけのおかわりは「ナカ」、ホッピーは「ソト」と呼びます。 氷をいっぱい入れてホッピーの分量を少なくすると、 ホッピー1瓶で焼酎3杯飲めちゃうんです。

360円+180円+180円=720円。

ってことでビールよりも度数高めのジョッキが3杯、720円。安い。
もともとアルコールに強くない私なんかは、これだけでもけっこうへろへろできちゃうのです。 お財布に優しくってステキ。

ホッピー、ナカ、ナカ♪ ホッピー、ナカ、ナカ♪
「すみませーん。ナカァ、くださぁーい。」

さぁ、今年の夏は冷えたグラスにホッピーで乾杯!
これでアナタもグラスホッパー(byスピッツ)です。


皆様こんばんわ。ケンモチです。


そんなこんなでつい先日もホピっちゃいました。
この前の代官山LOOPのイベントでDJされていたNamyさんと。
金曜日の夜、会社帰りのオッサン達にまぎれて大井町でローカル飲み。

二人でホッピー頼んで乾杯。Namyさんは白ホッピーで私は黒ホッピー。
つまみはレバーやササミの刺身、モツ煮など。おろしにんにくと生姜をドバドバかけていただく。

ホッピーでプハーッ。レバーとにんにくでムハーッ。
いやー濃厚、濃厚。暑い夏にピッタリ。ガッツが出ます!ガッツ石松!
超ローカル&男臭い飲み。ビバ大井町。

濃厚なおつまみに刺激され、会話もついついディープな方向へ。
音楽とは、夢とは、愛とは、生き方とは…。 熱い意見を交わし合い、共に歩んできた道を振り返り、がっちりと固いきずなが結ばれ、 血で血を洗い、時に助け合い、明日という希望の光を目指し…

ま、簡単に言うとホッピーでハッピーなオッパッピーでした。(意味不明)

Namyさんありがとうございました。本当に楽しかったです。
また飲みに行きましょう!

******************************

ニュースですじゃ。

【Nujabes Eternal Soul】
2010年08月14日(土)@渋谷UNIT/Open:22:00
Admission: 5000yen in Advance, 5500yen at Door
*前売券が規定枚数に達した場合、当日券の販売はございません。
[LIVE]
Cise Star/Emancipator/Five Deez/Funky DL/haruka nakamura / kadan
/Pase Rock/Shing02/Substantial/Uyama Hiroto & more
はいー、明日ですよ!来たれ!

【Modal Soul Classics II dedicate to...Nujabes/V.A】
2010年10月リリース予定
hydeout productions/HPD12
[参加アーティスト]
calm / clammbon with yamazaki, mino & yamane from toe / Emancipator
Five Deez / FK / haruka nakamura / Kenmochi Hidefumi / Pase Rock
Specifics / uyama hiroto / Zack Austin / ライナー 橋本徹(suburbia)
発売日が近づいてきたらまた詳細をお知らせします。

******************************

大井町の飲み。Namyさんとのトークにすっかり気分が良くなりまして。

家に帰ってからもう一杯飲みなおしだ。今夜はまだまだいっちゃおう。
ついつい調子に乗って発泡酒を開けてしまいました。プシュッ。

…ZZZ。

うん。で、栓を開けたところで力尽きて寝てました。
こういうことするからゴキブリが寄ってくるんだね。反省。
(以前のゴキブリ日記からまた新たに2匹倒しました…涙。)

そして翌朝は何かの強烈な臭気に襲われて起床。

何だ?、くさい、くさいぞ!と思っていたら自分の息でした。
ハイパーニンニクくさい。自分のにんにく臭さでご飯食えるってぐらい。
自業自得・・・いや、むしろ自給自足?いつでもどこでもガーリック気分。
オレはなかやまにんに君かっ!と思った。(それは、きんに君)


はい。そんなどっちらけな日々を過ごしております。

しかーし、やることはバッチリやってんよ。
最後の追い込み。いまだない勢いで曲作りしてます。ラストスパート。

マリオ、スターをとって爆走中。
そろそろ効果が消えかかる瀬戸際ってところです。 もうあと一歩進める、あと一匹ノコノコを倒せるはず・・・!ってかんじで猛然とBダッシュしてます。

ちょっと手元が狂ったらゲームオーバー。でもこの緊張感がたまらない。
もうすぐ感動のゴールだ。ピーチ姫を助けるまで頑張ります。

…えぇ?またキノピオ!!!


そんなかんじです。
ではでは。またね。

ちゃおー。


DA・DA・DA・DAKKOU

2010年8月26日



アルバム楽曲制作が一段落しました。
プリプロ終了です。祝・脱稿!
とりあえず山場は越えました。おつかれサマランチ会長。

やったー。おわった、終わったどぉーーーーー。
パチパチ、わーい、わーい、セイヤ、セイヤ。
ピーヒャラ、ピーヒャラ、テンツク、テンツク。
はっけよい、のこったのこった、ごっちゃんDeath。

まぁ、私の作業がとりあえず終わった、という段階なのですが。
まだミックスダウンとかマスタリングとかジャケット打ち合わせとか、なんやかんや残ってますけど。 その辺はスケジュールに沿って淡々とこなしていけばなんとかなるでしょう。

苦節2年、ようやくここまでたどりついた…。
長い道のりであった。ナガカタヨォー。うるうる。

最後の曲制作が終わって、トラックパラデータにしてCDRに書き込み。 エンジニアのチェスターフィールド君宅に発送しました。 毎日毎晩、明けても暮れても作って聞いて、耳タコになった楽曲達。 いよいよ巣離れの時がやってきました。ミックス・マスタリングされて素敵な曲になってくるんだよ…。

そして発送終わって、不要になった大量のデータ。
その日のうちに外付けのハードディスクにデータ保存して、シンセ本体のメモリー全部削除してやったった! はい、これで全部終わり!アデュ♪

大事に大事に育ててきた曲データを一瞬にしてオールデリート。 ひとつ間違えたら一大事。いいんだよね?もう消しちゃっていいんだよね…?ってビクビクしながら。 この背徳感がたまらない。

ポチッ。
「ハイ消えたー!」(キンキン風に)。
きれいさっぱりすっからかん。今の俺は丸腰さ。

CDとかレコード出すのって「リリースします」って言うけど、これなかなか意味深いです。 釣りをした後に獲った魚を川に逃がすのもリリースっていうじゃないですか。 私の中ではむしろそっちの感覚に近いんですよね。

【release/リリース】
・〈映画などを〉封切りする,〈レコード・新製品などを〉発売する。
・釈放する,自由にする。
・放つ,離す,はずす,投下する。
・〈財産・権利などを〉放棄する, 譲渡する。

こんなかんじでいろんな意味がある『リリース』って言葉。
私的にはこんな気分です↓↓↓

「うぉっしゃー、制作から解放された!」
「これでお家から出られるー(涙)」
「もう好きなことしていいんだー♪」

「もうこれっきり!もう知らないんだから!」
「あとは煮るなり焼くなり好きにして…」

「これでも食らえー!ずばーん!」
「よくわからんけど…放出!」
「恥の垂れ流しじゃーい」

心身ともに、いろんなモノがリリースされているのです。
発売、開放、放出、放棄…もちろん全部良い意味で。

丸2年間かけて作り上げた楽曲たちだから、もちろんすごく愛着もあるし大事なものなんだけど。 大事なものだからこそ、いつまでもしがみついていたくない。 ここで満たされちゃいけない。

獲った魚はサッと川に流して、次の釣り場に行くのさ。
まだまだ大きな獲物を求めて旅は続くのであるよ。


皆様こんばんわ。ケンモチです。


ということでアルバムリリースします。
フルアルバム発売は2ヵ月後くらいになる予定。
タイトルとか詳細もろもろは…次回お伝えします。お楽しみに。

コンセプトは『ポスト・チルアウト』
チルアウト・ミュージック以降の…ちょっと新しい音楽みたいな。
『カッコつけた』ものじゃなく、もっと単純に理屈抜きに『おもしろい』もの。
とにかく聞いてて新鮮、楽しい。ハッとしてグー!させられるもの。

DJやってる人にも、バンドマンにも、フェス好きの人にも、
キャピキャピの女子高生にも、ハナたれ中学生にも、
そして音楽なんかまったく聞かないウチの両親にも。
どんな人にでも、

ワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oワク

してもらえるような音楽。そんなものがお届けできたらと思います!

******************************

ニュースなりー。

【Modal Soul Classics II dedicate to...Nujabes/V.A】
2010年10月リリース予定
hydeout productions/HPD12
[参加アーティスト]
calm / clammbon with yamazaki, mino & yamane from toe / Emancipator
Five Deez / FK / haruka nakamura / Kenmochi Hidefumi / Pase Rock
Specifics / uyama hiroto / Zack Austin / ライナー 橋本徹(suburbia)
発売日が近づいてきたらまた詳細をお知らせします。

【Newアルバム】
2010年10月リリース予定
詳細はまた次回、お知らせします。

******************************

さて、ちょっと遅くなりましたが…。

8/14『Nujabes Eternal Soul』@UNIT、終了しました。
来てくださった方々どうもありがとうございました。

1000人分の前売りチケットが即完売だったというウワサ通り、すさまじい人の数でした。 私が現地に到着する頃には、会場の外に長蛇の列。 メインフロアは人だかりの山で一度も入れませんでした…。

こんなにたくさんの人がNujabesを偲んで集まったんだ。
改めて彼の影響力の大きさを感じさせられました。 セバさんやっぱりすごい人だったんだなぁ…。しみじみ。

DJでNujabesトリビュートのremixをこっそりかけました。
初めてかけたのですが、みんなすぐremixだと気が付いてくれたみたいで 盛り上がっておりました。なんかちょっと嬉しかった。 皆さん、どうもありがとう。

そして、この日はとにかく超豪華ゲスト総出演。
shing02さん、Pase RockやApaniや…カッコイイ方々がすぐそばに。 しかしながら皆さんオーラでまくりで全然話しかけられず…。 ちょっと離れたところから羨望のまなざしで見つめておりました(汗)。

Emancipatorさんや、haruka nakamuraさん、Fallicciaのジャケットを描いてくれたFJDさん、フォトグラファーの太田好治さん などとはちょっとお話しする機会がありました。皆さんとても気さくで良い人。あったけぇ。

共演者の中でもダントツでオーラがなかった私。
もうちょっとオーラが出せるよう努力をします。

ヤァッ!フンッ!ハッ!セイッ!
これでオイラもオーラの泉!

さて、ミックスダウンとマスタリングでもうひと頑張り。
終わったらホッピーでプチ打ち上げしちゃる!

そんなこんなでまた次回。
ではでは。

またね。チャオー。