過去の出来事 2010年 03月

JUN SKY(PE) WALKER(S)

2010年3月14日



このところすっかり外で酒を飲む機会が減りました。
家以外ではなるべく飲まない。飲んでも軽めにしています。

終電時刻を気にしたりとか、帰りの電車の眠気とダルさ(たまに吐き気w)とか、 自転車でコケて前歯をボッキリ折る(実話w)とか、 そういうこと考えると、思いっきり深酒する気も失せるってもんです。

それに店で飲むと高くつくし。
発泡酒まがいのビール1杯で500円。しかも上げ底ジョッキ。 そもそもお通しでお金取られるっていう時点でなんだかなぁと。 たいして飲み食いしなくても最低3000円ぐらいにはなるでしょ。 それオレの昼飯10日分だよ!!!

人と一緒に外で酒を飲むっていう状況を設定するだけで、 なぜにこんなにリスクを負わなきゃならんのか。 もうね、思いっきり開放的な気分で飲みたいときは、一人でしっぽり家飲み。 これしか無いっすよ…。

なんて思っていた昨今。
こんなニュースを目にしましてね。

******************************

“草食系”じわり拡大 「ネット飲み会」がブーム(神戸新聞より)

 不況を背景に、若者を中心に「ネット飲み会」がブームになっている。 パソコンのモニターの前に座り、友人とインターネットでチャットや電話をしながら酒を飲む。 居酒屋よりも安く済み、上司に強要される心配もない。 ネット飲み会用の酎ハイや専用のサイトも登場するなど “草食系飲み会”は、じわり広がっている。(前川茂之)

 若者文化に詳しい関西学院大社会学部の奥野卓司教授(情報人類学)は 「今どきの若者はガツガツ飲むよりも、アルコール度数の低いお酒で生活を守りながら、 のんびりと飲みたがる。昔のように人との強い結び付きは求めておらず、 草食化の流れは加速するだろう」と指摘している。

******************************

ネット飲み会…!そうか、その手があったか。
今どきの若者はそんな粋なことをしていたのか。 でも『草食系』は別に関係なくないか?なんでもかんでも草食ソウショクって付ければいいと思いやがってゴニョゴニョ・・・。

ま、まぁ、ともかくこれは一度やってみる価値がありそうだ。
てなわけで、『スカイプ飲み会』をさっそく試してみることに。 (『スカイプ』っていうのは「ネット回線を利用した無料のテレビ電話」みたいなものです。)

アカウント登録は無料。マイクとヘッドホンは家にある物を使用。 ウェブカメラは近所の電気屋で一番安いのを購入。 ってことで初期投資1000円ぐらいでした。とってもリーズナボー。

そして飲みの相手は、心の兄貴シシドリュウジ氏 (TIGERLILYやCATOBLEPASのジャケット描いてくれたイラストレーターさんです)。

シシドさんのいる国府津は実際に行くと往復3時間。電車賃も2000円以上かかる。 でもスカイプなら一瞬。しかもタダ。隣に住んでるご近所さんみたいな勢いで 「あ、もしもしコンバンワ、暇だったらちょっと飲まない?」なんて気軽に言えちゃうかんじだ。

便利な世の中になったもんだわ。 テクノロジーの進化ってこういう事の為に使われるべきよね、そうよね。

21時のスタートの約束にあわせてスタンバイ。
自分で飲みたい酒と食べたい物を用意。 お風呂に入って、ゆったりしたスウェットに着替え、 布団敷いて電気アンカのスイッチオン。 いつでも寝れる万全の状態! あとはPCのモニターの前に座るだけ。

お互い準備が整ったらピコッとスカイプを立ち上げて、
「はいはい、どもども、カンパーイ!」ってな具合で飲み会スタート。 相手の顔も動きも見えるし声もよく聞こえる。 安いカメラのせいで動きはカクカクしてるけどコミュニケーションを取る上ではまったく支障なし。

「今、何飲んでるの?」
「これ、世界のハイボールってやつ。旨いよー。ビールより安いし」

「じゃーん、最近呼んで面白かった本。」
「岡本太郎じゃん。」
「ホント、良い事書いてるから読んでみ!」

「今日はこんなかんじの料理作ってみた。サイコロステーキ。」
「あ、ちゃんと自炊してる。エライ!」
「味覚と嗅覚を届けられないのが惜しいねー。アーン。」
「くぅぅ、旨そう!ステーキなんてここ数年食べてな・・・あれ、どうしたの?」
「・・・なんかこの肉、変な味がする・・・。」

チープなカメラとマイクとヘッドホンのコミュニケーション。
それが逆に楽しい。何コレ、ヤバイ。微妙な距離感がまた新鮮!

ネットがつながる環境があれば、地元の友達だろうが、遠距離カップルだろうが、海外にいる家族だろうが、 誰とでも酒が飲める。いつでも、どこでも、誰とでも。そして酒も食も格安、お通しは無料! 終電時刻なし、閉店時刻なし、リミット一切なし!

ふははは、気に入った。これは良い、これは良いぞ!
新しいコミュニケーションの可能性を感じるわい。
ハイボールが旨くて飲む手が止まらん!

そんな極楽ハイテンションも開始から約3時間。
ふぅーそろそろ酔いが回ってきて眠くなってきた…。

「んにゃぁ、じゃあ今日はこの辺にしておきますか。楽しかったよぉぉぉぉ!!!」
「オレはそんなにろれつが回らなくなってるケンモチ君はじめて見たよ。」
オヤスミナサイ・・・また飲もうねー。で、ポチッとスカイプを切る。

楽しかった飲み会も終了。これから帰り道がダルい・・・
ってハッ、気がつけばここはオレの家!しかも完全にスタンバってる布団まで準備されてる…イッツ・マジカル!ありえない!

シシドさんとサヨナラしてPCを落とし、すぐにホカホカの布団にもぐりこむ。
30秒で寝た。最高だ。


皆様こんばんわ。ケンモチです。


ついつい飲みすぎて翌日は2日酔い。フラフラしながらプチ反省。

いやーしかしネット飲み会は新鮮でした。これは衝撃的でした。
以前から、「スカイプおもしろいよ!」と噂は聞いていたもののあまり興味が沸きませんでした。もともと電話自体が苦手なものでして。

ところがそれが飲みニケーションツールとなると話は別。 カメラとお酒が入るとグッと距離が縮まるんですね。天晴れスカイプ。 これほど快適だとは…。

これから飲み会は全てネットでいいんじゃないかと思った。
もう今年の忘年会からスカイプにしよう。うん、そうしよう。
暇な人いたら、スカイプ飲み会しましょう。

******************************

はいよー。できるだけニュース!

『デザイン・フェスタ vol.31』
2010年5月15、16日(日) 11:00 - 19:00 @東京ビッグサイト

まだ、だいぶ先ですけど。毎度おなじみデザインフェスタ。
久しぶりに『新曲プレゼントキャンペーン』をやるつもりです。 アンケート(4月ごろに掲載します)を書いて持って来てくれたら新曲入りCDR差し上げます。詳細はまた次回。

******************************

私とまったく関係ないんですが、近日リリース予定、期待の邦盤。
・3月17日、サカナクション 「kikUUiki」。
・4月7日、相対性理論 「シンクロニシティーン」

ソフマップのポイントカードがいっぱい貯まっていたので、 それを使って発売前に予約していました。 だいぶ前だったんですっかり忘れてましたよ。
忘れた頃に新譜の予約してたCDが届く。誰かからの贈り物みたい。
なんだか得した気分ですネ。ホクホク。

サカナクションのアルバムはもう来週発売。楽しみです。 早く届くように良い子にして待つことにします。 ソフマップさんフラゲ発送よろしくお願いします。


それでは最後に、今日の役立つトリビアをひとつ。

『JAYWALK』と『JUN SKY WALKER(S)』は違うグループである。

はい、私はつい先ほど知りました。


ではでは。そんなかんじで。

またね。ちゃお!


R.I.P

2010年3月18日



2010年2月26日

『Hydeout Production』のオーナーであり、憧れのアーティストであった、
『Nujabes』こと『セバ・ジュンさん』がお亡くなりになりました。

私も訃報を聞いたのが昨日で、今でも信じられない気持ちです。
つい先日も電話でお話しをしたばかりだったので…。

彼の表現する音楽・人柄は大きな優しさと愛情に満ちていました。
私自身、音楽性の影響もいっぱい受けたし、レーベルのオーナーとしても大変お世話になりました。そしてそれ以上に、いちファンとして彼の新譜が聞けなくなってしまったことが残念でなりません。

今はただ、安らかに。
心よりご冥福をお祈り致します。


246左折!

2010年3月30日



サカナクションのアルバム“kikUUiki(キクウイキ)”が素晴らしいです。


朝から聴いてもスカッと気持ち良い、夜に聴いてもググッと色気がある。
一日中リピートしっぱなし。頭の中はサカナクション一色です。 「このアルバムほんとうにカッコいいんですよ、キャハー!」 ってそれは「さかなクン」

Chesterfield君におすすめしたら、「スーパーカーと似てね?」 なんて話になったんですが、私はちょっと違うと思うんです。

スーパーカーって斜めに構えてて余裕があるというか、熱くなりすぎない所がカッコよかった(ような気がする)。 でもサカナクションにはそういった余裕が無い。もっと不器用で赤裸々で一生懸命な感じ。メロディにコブシが利 いちゃってるし、歌詞も青臭くて痛々しい。

シンセも打ち込みもふんだんに盛り込まれてるけど、メロディも歌詞も人間臭い。そういうところが好き。サウンド アプローチがどうのこうのというよりも、単純に歌がアツいのが私的にツボなのです。

リーダーの山口一郎さんは、いろいろな音楽を聞いて知識がある一方で、 「ちゃんとポップス・エンターテイメントとして成り立つものを作りたい」 みたいな事をインタビューで言ってました。 ポップだけど作り物っぽくない、エキセントリックだけどマニアックすぎてない。 そのバランス感がちょうどいい塩梅。

聞きやすいけど、媚びてない音楽っていうのは作るのが難しい。 ぎりぎり引っかかるポイント!を探すっていう勝負。もしくは気がつかれないように毒を盛る駆け引き、みたいな。 まぁ、そこがモノ作りの面白さだったりするんですけど。

『表参道26時』という曲がお気に入りです。
MP3プレイヤーで聞きながら、鼻歌まじりに街を闊歩。 この時期は花粉症のマスクで口元が隠れているのをいいことに、人目を気にすることなく口パクでおもいっきり熱唱してます。「にー、よん、ろく、左折ー♪」


皆様こんばんわ。ケンモチです。


そんなわけで日本のポップスがオルタナ化してきている昨今。
お茶の間にもこんな人達が…

NHKの『MUSIC JAPAN』という番組。
3月28日放送回の出演者はこんなかんじでした↓

・SKE48「青空片想い」
・おいしいうたファミリー「明日の空」
・キノコホテル「もえつきたいの」
・Salyu「新しい YES」
・神聖かまってちゃん「ロックンロールは鳴り止まないっ」
・谷村奈南「FAR AWAY」
・T.M.Revolution「Imaginary Ark」
・HiGE「ロックンロールと五人の囚人」

なんというめちゃくちゃなラインナップ。カオスすぎるー(笑)。
これが天下のNHKのチカラか。国営放送、暴走中♪
『神聖かまってちゃん』とか普通にテレビに出てること自体に驚き。

J-POP、SSW、サイケバンド、アイドル、テレビの企画モノからニコニコ動画バンドまで。 これだけの幅の広いものが横一線、同じ番組に出てるってのがおもしろい。 しかもスカパーとかじゃなく、NHKの地上波アナログ放送。

HiGEも、SKB48も、キノコホテルも、神聖かまってちゃんも皆好き!っていう人がいるのか…わからないけど、 「ジャンル関係なく何でも聴きますー。」っていう柔軟なリスナーが増えてるのはなんだか嬉しい。 2010年っぽくて良いと思います。 自分自身、リスナーとして好きな音楽ジャンルは『衝撃』(←ジャンルか?)なので。

予想もしてなかったところで突然変なものにぶち当たるときがあるんです。 それまで培ってきたちっぽけな常識やこだわりが吹き飛ぶ瞬間があるんです。 知識や経験なんかよりも一瞬の衝撃のほうが勝る場合があるんです。

それは、 歴史的大作曲家の傑作かもしれないし、 どこかの民族の伝統の儀式かもしれないし、 引き篭もりのオタクがネタ一発で作った曲かもしれない。 とにかくまだまだ無限に眠っていると思います。 そんな音楽に出会うためにも、常に心のアンテナを磨いておかなきゃネ!

そんな折に、先日。私のCDをよく聴いてくれているという方から、
「ケンモチさんは最近どんな音楽聞いてるんですかッ!」
と目を輝かせながら質問をされまして。

日本の変なインディーズバンドアニソンばっかりです。」
と答えたらとてもがっかりされました。
誠に申し訳ありませんでした。

******************************

できるだけニュースなのです!

『何かのイベント』(なんて適当な…)
2010年5月4日(火) @ミクロコスモス

えっと…私もよくわかっていないのですが、DJをやらせてもらうことになっていたような…。また後日、詳細アップします(汗)。

『デザイン・フェスタ vol.31』
2010年5月15、16日(日) 11:00 - 19:00 @東京ビッグサイト

おなじみデザインフェスタ。『新曲プレゼントキャンペーン』をやる予定です。
アンケート(次回ぐらいに掲載します)を書いて持って来てくれたら新曲入りCDR差し上げます。

******************************

さて、先日もちょっと書いたのですが。セバさんのこと。

初めて渋谷のカフェで会った時に思い出に残っているエピソードをひとつ。

初対面で、何を話したらいいんだろう、契約とかどうなるんだろう、怖い人だったらどうしよう…とかいろいろ考えて緊張していた私。 でも、実際会って話してみたらすごく物腰柔らかで人当たりの良い方でした。 始終ニコニコしてました。で、堅苦しいミーティングはそこそこに、ゆるいトークに。

「あ、そうだ、中島ノブユキさんって知ってる?」
「いえ、知らないです…。」
「すごく良いから聞いてみて。そうだ、そこのタワレコで買ってあげるよ。」
「えっ!?いいんですか。」

そんなかんじでいきなりカフェを出て、一緒にタワレコへ。
「キング・オブ・コンビニエンスって良いよね!」とか、 「パットメセニーの新譜聞いた?」とか。 もう裏も表もなく、本当の音楽好きなんだなぁと思いました。

で、その時プレゼントしてもらったCDが、
『中島ノブユキ/エテパルマ−夏の印象−』でした。
本当に素晴らしい作品なので気になった方は是非聴いてみてください。


今になってみて、セバさんやハイドアウトレーベルにお世話になったことは 本当に光栄なことだったんだなと思っています。 私はまだまだヒヨッ子なのであまりたいそうな事言えませんが、 とりあえず今、自分のできることを精一杯やり続けるまでです!

何かが見えるまで走ります!
ワォーーーーーー!


ということで、明日は武道館に行ってきます。
私、武道館に行くの初めてなんです!超興奮!
ウフフー。楽しみだー。


ではでは、またね。
チャオ。