過去の出来事 2008年 08月

ロックするわよ!

2008年8月6日



さる8月2日。パンツの日。晴れて27歳になりました。

お祝いメッセージをくれた方々、どうもありがとうございました。
これを期に、またふんどし締めなおして頑張っていこうと思います。
今後ともよろしくお願いしまーす!キュッ!

さてそんなわけでおめでたいはずのお誕生日。
ですが、今年はちょっと手放しで喜べない気分なのです。それはなぜか。
それは『27歳』という年齢がロッカーにとって危険な年だからです!

ブライアン・ジョーンズ、ジャニス・ジョプリン、ジミ・ヘンドリックス、ジム・モリソン、 カート・コバーン・・・ 才能あふれるロックの巨人たちはみんな27歳でお亡くなりになっております。 まさにジーザスな年齢。

自分も音楽をやっているからには心意気ぐらいロック野郎でいたいわけで、 ロック野郎でいるからには27歳は油断ならない一年なのです。 もしかしたら何かよからぬ事が起こるかも。ガクガク・・・。

オーバードーズするのは毎晩の日課ですし、 自転車でコケて前歯をへし折ったりするのも得意ですし、 日々の生活は不摂生そのもの不健康上等です。 空気読めないからどこかで人の恨みでもかってるかもしれません、 最近はとにかく物騒ですから何かの事件に巻き込まれる可能性も。 心配の種は挙げだしたらきりがありません。

若かりし頃の私は、『天才は若くして死んで伝説残してかっこいいなー。ロック だなー。』とかみたいにアホなこと考えたりしていましたが、今考えると本当に バチあたり!スミマセン、自分まだ死にたくありません。

ってか、才能もないのに、まだ何もやってないのに、死んでたまるかyo-!
末永く生きて、しぶとく細々と音楽続けてやんyo-!

この一年は必死にサヴァイヴします。
27歳の目標はズバリ「生き残る」です。


皆様こんばんわ、ケンモチです。


「でもケンモチ君って全然ロックって雰囲気じゃないよね。」
って思ったそこのアナタ。甘い、あまーい。

音楽のジャンルではなくて、もっと深い精神的な意味でロック。
ロックだけじゃなく、パンクもオルタナもプログレもニューウェーブもそう。
『人と同じことしてたまるか、オレはオレだ、コンチクショー!』という
反骨精神の気持ちとわがままさを胸に秘めているのです。 わかりやすくいうと『空気読めない』ってことかな、フフフ(ってダメじゃん!)

それに私はこう見えても意外にロックな一面もあるんです。

Bボタン長押ししたらエネルギーチャージするし、E缶もいっぱい持ってます。 クイックマンのステージのレーザーも全部よけかた憶えてます!(それはロック マン)。

もちろん「ボブ」といったら「ディラン」だし、「ジョン」といったら「レノン」だし、 「ジャン」といったら「レノ」だし、 「ジュン」といったら「風吹」で、「ジェーン」といったら「稲村」です!(意味不明)

うん、まぁともかく熱いロック魂が宿ってるんだよ、ということです・・・。

さてそんな前置きはともかく、 今年もロッカー達のハートを燃やす熱いイベントがやってきます。 フジロックとかじゃないです、もっと地味なヤツ(笑)。

『MTVロック検定』です。
去年初めて開催されて、今年も第2回目をやるようです。

****************************

ロックの誕生から、半世紀。
50年以上経った今だからこそ、改めて、「ロックを学ぶ」機会が熟したといえる かもしれません。検定では、ロックの成り立ちから、歴史、曲、詩、アーティスト のエピソード、さらには、最新のミュージック・シーンまでを網羅しながら、学校 では、決して教えてくれなかった「ロック全般の知識」を、公平に審査します。

ロック魂を学び、ロックをより深く味わう・・・。
それが、「MTVロック検定」です。
It's only rock'n roll, but we like it!!!

http://www.mtvjapan.com/special/rock_kentei/index.html

****************************

と、まあ、勢いだけの企画モノってかんじなのですが 私も去年、ついつい勢いに乗せられてとっちゃったんです、コレ。 しかも2級と3級ダブル併願。のせられまくり。ナイス鴨。

最初は「何かのネタになるかなー」と軽い気持ちで申し込みました。 そうしたら意外に受験料が高くて難易度もハードで。 これはとりあえず落ちるわけにはイカン、とムキになって両方とってしまいました。

高い受験料払って、受験日は仕事の休みをもらって、けっこうちゃんと勉強ま でして取ったこの検定。 いまだに今後の人生においてどう役に立つのかが見えてきません。そ れどころか今のところネタになる気配すらない。
いったいなんだったんだ、コレ。

で、最近ロック検定のサイトを見てみたら、懲りずにまたやるとのこと。
しかも去年は『2級・3級』しかなかったところ、今回はついに『1級』が登場する とか。

うーん、だまされてるっぽい。でも、でも、1級ほしい。
1級だろうが何級だろうが役に立たないことはわかっています。 でもここまできたら最後まで行きたいのです。 乗りかかった船は途中で降りたくない。たとえ水平線の淵は奈落だとしても。

そんで、ここからが本題。
あの、誰か一緒に受ける人いませんか(涙)。

たぶんですね、この企画はお祭りイベントみたいなものだと思うんですよ。 検定試験を通してオタクたちが一堂に集まり、 普段は知っていても何の得もしない誰も褒めてくれない知識をみんなで共感して楽しんじゃおうっていう。

「やっぱりブリクサ・バーゲルトは最高ですな」
「いやいやジェネシス・P・オリッジもなかなか」
「初期アシュラテンペルのどうしようもない感じがたまりません」
「レッツ・ワルシャワ♪ジョイディビジョン♪」
「スージー&ザ・バンシーズ萌えぇぇー」

とやるのが正しいのではないかと思うんです。
合格するのが目的じゃなくて、検定自体を遊びととらえて楽しむ。 そのためにはやっぱり仲間が必要なんです。 去年私は一人で試験を受けに行き、えらく寂しい思いをしました…。

ということで、「おいどんも受けるでごわす」「あたくすも受けるでありんす」 という方いらっしゃいませんか。 興味あるようでしたらメールか何かでご連絡ください。 別にロックなんか全然わかりません、取り合えず受けてみるだけー、 なんとなく暇なので、という人でももちろんOKです。ただし受験料は意外に高いのでその辺は自己責任でよろしくお願いします…。

『MTVロック検定・申し込み詳細』
http://www.kentei-uketsuke.com/entry_rock.html
試験日:2008年10月5日 (申し込み締め切り:9月5日)

試験が終わったら答え合わせかねがね、ビールでも飲みましょう!
みんなで一緒に「We Will Rock You」しませんか。

*******************************

ふぅぅさて、と。前フリがだいぶ長くなりましたが、お知らせです(汗)

お知らせ・その1
『大分県でライブDJやります。』
【Means ”RICE-bowl ”】
日時:9月14日(日)
場所:大分 FREEDOM
http://www.zanzibar.jp/

なぜか大分。現地でイベントを盛り上げている方から大変ありがたいお誘いを受けライブDJをやらせていただけることになりました。どうもありがとうございます!!! それにしても小生、大分には行ったこともないし、知り合いもおりません。 どうして私にオファーが…。『INO hidefumi』さんと間違われてるんじゃなかろうかとか思ったり。ともかく誘っていただいたからにはやるデス! 精一杯がんばります。大分の皆様、どうぞよろしくお願い致します。

*******************************

お知らせ・その2
『しゃべっております。』
しーもん・人じかん
http://www.shimonhp.net/
http://jp.youtube.com/watch?v=1gik-U2PS64

なぜかWEBトーク配信。『しーもん』というWEBサイトの「人じかん」というコーナーに出させていただきました。どうもありがとうございます!!!それにしてもどうして私にオファーが…。『INO hidefumi』さんと間違わrともかく誘っていただいたからにはやるデス!いつものテンションで乗り切ってみました。7割方、勢いで押し切っています。もう少ししたら後半もアップされるそうなので引き続きよろしくお願いします。

*******************************

はいー。どもー。疲れた書きすぎました。
疲労困憊。ひろうこんぱい。コンパイ・セグンド。

こんなくだらない日記を書くのに、執筆時間まる半日。目が痛い、腰が痛い、そして何よりミスドの店員の視線が痛い。「この人何杯コーヒーお代わりするつもり?」的な。

いつも長居してご迷惑をおかけしているミスタードーナツ様。
申し訳ありません。明日また来ます。シュワッチ。

オタワ

2008年8月20日



終わった…。
アルバム曲、全部できました。

苦節、約2年。
2006年秋から2008年夏の終わりまで。
ようやく出揃いましたよ、11曲。おんどりゃー。
パチパチパチ…自分で自分を褒めたいDeath。

まぁ、終わったと言いましても楽曲が完成した所まで。
まだ数曲のミックスダウンやマスタリングやジャケットデザインやらなんやら残っているのですが、後の作業は地道にやっていけば終わりそうです。頭をキリキリと悩ませる地獄の日々は過ぎ去ったのであります。
あー脳みそ開放!

今回はついに念願でありました初のフルアルバムまで漕ぎ着けそうです。
本当はTIGERLILYのころから10曲入りぐらいのフルアルバムを目指していたのですが、いつも途中バテてしまい「ミニアルバム」どまりでした。 8曲入りのカトブレパスと11曲入りの新作。 たったの3曲の差なのですが、飽きっぽい性格の私にとってはこれが大違い。 特に後半戦、ラスト4曲ぐらいからドン詰まり状態に陥り精神的にもかなり来るモノがありました。

そういえば宇多田ヒカルさんも「アルバムが残り2・3曲っていう所までくると、なぜか心が荒んでくる!」みたいなことを言っておったような。 その言葉の意味が少しわかった気がしました。 彼女のような才能あふれる方でも相当な苦労をしてらしたのですねぇ…。深いわ。

何はともかく初めてのフルアルバム(予定)。
長期間にわたり苦労して作った分、おもいれいっぱい。 濃ゆいつくりになっています。内面的なめんどうくさい部分もいっぱい詰まってます。普段言葉で上手く言い表せないようなことも音楽にまぶしてぶっちゃけております。
そういう意味で、これでようやく 「ケンモチヒデフミの1作目ができたッ」という気分です。

出来立てホヤホヤの楽曲たち。新鮮なうちに早くお届けしたい! のは山々なのですが、CD完成まではまだいろいろ残り作業があるので 最後まで油断禁物。あせっちゃいかん。 「百里の道は九十九里をもって半ばとす」。ということで、今後もふんどしを引き締めて頑張るしだいです。

たぶんCDのリリースは秋ごろになる予定です。 11月のデザインフェスタに照準を合わせていこうかな、と。


皆様こんばんわ、ケンモチです。


あーそれにしても長かった。
約2年間にわたり、ほぼ毎日。 仕事に行ってるか寝てるかの時間以外、ほとんど制作していたような記憶が。 何をしているときも常に頭の片隅にアルバムのことが引っかかっていました。

そんなことを思い出すと、この次の作品がまたはるか遠くに感じられて着手するのが億劫になってしまいそう。 自分が好きでやっていることなので"苦労した"とかあんまり言いたくないのですが、それにしてもこの工程をまた繰り返すのかと思うとちょっとしんどいかも…。

そんな折、あちこちで北京オリンピックのニュースを見かけるようになりまして。選手の皆さんが頑張っていらっしゃるのを見て一緒に喜んだり熱くなったりと感動しつつ、ふと思ったんです。
「よく考えてみたらオリンピックって4年に一回だよな…」って。

これは本当にすごいことだと気がついたんです。
次の自分を発表できるチャンスが4年後!? そんな先の目標に向けて毎日トレーニングを積み、 コンディションを管理し続けるなんて大変すぎる。 まずモチベーションを保つだけでもハンパ無い精神力が必要ですよね。

肉体的にも精神的にも負荷をかけ続ける4年間。 ようやくつかんだチャンス。 選手達はどんな気持ちでオリンピックに臨んでいるんでしょう。 ちょっとテレビを見て、金だ銀だ銅だと騒いでいる自分が恥ずかしくなりました。みんな金メダルでいいじゃないか。

そんなアスリート達に比べてみたら私のアルバム製作期間はたったの2年。
オーマイガッ!まだまだ全然たいした事ないじゃないですか!
ふっと我に返り、根性無しの自分に平手打ちです。

こんなぐらいで音をあげてる場合じゃないわ、ヒデコ。
まだ足は動くし手は物をつかめるじゃない!
明日よ、明日に向かって走るのよー。レッツ&ゴー!

Newアルバムのタイトルとか内容とかその他もろもろはこれから ちょっとずつ小出しにしてお伝えしてまいります。 気になった方はこれからもh-kenmochi.comを 要チェケラしてやってください。よろしくお願い致します。


そんなわけで、今日も元気にミスドに居座っております。
ホッと一息、店内に目をやるとの壁に「ポイント・DE・スクラッチ」というキャンペーンのポスターが貼ってあって。 これ一文字区切り方を変えると、「ポイント・デス・クラッチ」ってなんかプロレスの関節技みたいになるなとか。
そんなことを考えながら、ぼんやりする夏の日の午後。

あ、スミマセン。コーヒーおかわりお願いします…。