過去の出来事 2006年 3月

オールド

2006年3月20日


「話はわかった、まず飲もう。」

サントリーオールドウイスキーのCMのコピーです。

お父さんのお酒のシンボル的な黒のダルマ瓶。
発売から56年たった今年、さらにおいしく生まれ変わったそうで 井上陽水さんをCMに起用し大々的に宣伝しております。 ふ〜ん、と思って試しに買ってみたんですがなんともまぁ…

うめぇっす。最近はこればかり飲んでます。

詳しいことはわかりませんが、これまで私が飲んできたウイスキーよりも
クセが少なくて、香りがフルーティーでした。クイクイいけちゃいますよ、これは! 1400円でこの味なら大満足です。 日本のウイスキーはあまり飲んだことがなく侮っていたのですが、考えを改めます。
ジャパンウイスキー、クオリティ高い!


皆様こんばんわ、ケンモチです。


ところでこのCMに出演されている井上陽水さんはウチの母親が大ファンでして。 幼いころ我が家の壊れかけのRADIO(もといラジカセ)から何度も何度も彼の歌が流れておりました。

彼の魅力はその独創的な歌詞の世界観にあるとおもっています。
それは当時中学生だった私にもとても刺激的に感じられました。
「傘がない〜」とか「吹雪!吹雪!氷の世界〜!」とかすごいインパクト。 わざとやっているのではなく、大真面目に熱く歌い上げてるその姿に感動しました。 「とにかく今、僕には傘がないんだっ!」という気持ちがビリビリ伝わってきます。

大ヒットしたパフィーの「アジアの純真」の歌詞を書いたのも彼。
タモリさんに「『白のパンダをどれでも全部並べて…』ってサビの歌詞はなんなんですか?」 と質問された時の返答が、
「だってパンダは白いでしょ。」と。
いやいや、突っ込んでるのはそこじゃないよ!とおもったんですが。
やっぱりこの人の考えていることは普通の人とは違うのだなと再確認させられた出来事でした。

で、そんなブッ飛んでいた彼がこうやってウイスキーのCMで
「話はわかった、まず飲もう。」って。

なんかぜんぜんわかってなさそう。
オレの話、理解されてない。もしくはものすごく間違って伝わってる。 みたいなかんじしませんか(笑)。 井上陽水、酔ってごまかそうとしてるじゃ…?


ハイ、そんなことを考えなら毎晩ウイスキーをちびちびやっております。

*******************************

あ、そろそろ新曲できます。

いそふらボンッ

2006年3月31日


==============================================================
美容やがん予防に効果が期待される「大豆イソフラボン」の強化食品について、 食品安全委員会が先日、ホルモンのバランスが崩れる恐れがあるという評価案をまとめ、波紋を広げている。 評価案では、過剰摂取に注意を喚起し、妊婦や子供については摂取の安全性が確認されていないとしている。
==============================================================

「なにィィィィィィィ!!!」(キャプテン翼風の狼狽)

健康的だと思われてきた栄養素「イソフラボン」に待ったがかかりました。
納豆好き・豆腐好き・豆乳好き・節分の豆好き・いわゆる大豆ジャンキーの私にとっては由々しき事態です。 ほら、私ってけっこう見かけによらずマメですから。

って冗談いってる場合じゃありませんよ!
さんざん健康に良いって宣伝しておいていまさらなんですか!
「大豆ぎっしり濃厚豆乳」なんか毎日飲んでましたよ。がっでむ♪

ところで気になるのは過剰摂取による体への影響です。 ホルモンバランスが崩れるとどういうことになってしまうのでしょう。

==============================================================
男性がサプリメントを過剰摂取した場合、乳房が大きくなったり、 精子の働きが弱まる可能性があるとの海外の研究結果も出ている。
==============================================================

ちょ、え、精子の働きが弱まるってのはかなり深刻な問題です。
が、しかし・・・

"乳房が大きくなったり"って。
・・・ほうほう、乳房が大きく、ねぇ・・・

(思考中・・・しばらくお待ちください)

うん、ちょっと興味あるな。

*******************************

皆様こんばんわ、ケンモチで…(確認中)す。

あ、とりあえず現時点では変化無しです(ちぇっ)。

さてさて、新曲できました。
タイトル「Temperature」。 「体温」とか「熱さ」とか、そんなものをほのかに感じ取ってほしいです。 全体で6分弱の軽快なテンポのアコースティックチューン。 夕暮れ時にバッチグーです。
まぁ、このあたりはいつものことなのですが(汗)。

今回は使用楽器がいたってシンプル。 ドラム、ベース、ギター、ピアノ、エレピ、以上。 この5つの楽器だけでいかに飽きさせずに6分間聴き込ませるか。 なかなか難しいところでしたが結果的には上手くいったかなと思っています。

使用楽器・音数がシンプルなアレンジのほうが、伝えたいことがハッキリ見えてきます。 メロディーが際立ち、空間も感じられて音も太くなる。しかも聴きやすい。 まさに「ミニマム・イズ・マキシマム」ですね。

さて、期待の高まる新曲「Temperature」なんですけれども。 次にリリースするのCDに収録する予定なのですが…残念ながらそれはまだ、だいぶ先のことになってしまいそうです。

そ・こ・で。

このサイトをご覧の方には一足おさきに新曲CDRが手に入れられるというとっておきのプランをご用意しました。 出血大サービスです。コイツは要チェキ間違いなしですよ。

詳細は次回おつたえします。
ピコピコ。