過去の出来事 2005年 07月

ミュージカルバトン

2005年07月14日

世界中で猛威を振るう「ミュージカルバトン」
私のところにもまわってきました。
アジのヒラキさん、ご指名していただきありがとうございます。


皆様こんばんわ、ケンモチです。


「ミュージカルバトン」とはなんぞや、と。
簡単に説明するとこんなかんじです↓

自分が普段聴いている音楽についての質問に答えて、
最後に次の人を5人指名してこの質問バトンを回していくというもの。
ブログを中心に世界中に猛烈な勢いで広がっています。

質問は以下の5つ。

1、コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
2、今聞いている曲
3、最後に買ったCD
4、よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
5、バトンを渡す5人

まあ早い話が一種のチェーンメールなのですが
内容に悪意がないので、軽い気持ちでやってみようと思います。

あ、今回は自分の趣味全開でいきますのでよろしく。
誰もついてこなくとも、己の道を突っ走ります(笑)。

では参りましょう。スケサン、カクサン。

***************************

1、コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

PCで音楽を聴く習慣がないので・・・データは入ってません。

ダウンロードとかで簡単に音楽が聴けてしまうのでしょうが、 やっぱり良い曲は「CD」というカタチで欲しくなってしまいます。 ジャケットやレーベル面なども含めて一つの作品だと思っているので。
サイトで自分の曲を完全な形でアップしていないのもコレが理由です。 データだけじゃなく、CDもジャケットもお届けしたい!


2、今聞いている曲

forss / soulhack

発売当時に一回試聴して、いまひとつピンと来なかったので素通りしていたのですが…。 改めて聴いてみたらすさまじくカッコよかった!やられました。最近ずっと聴いてます。


3、最後に買ったCD

Neo / Neology

友人から教えてもらって買ったCDです。 今まで名前も聞いたことがないアーティストでしたが、 ちょっと聴かせてもらったら自分の好きなテイストだったので購入! まだまだ自分の知らないところに素晴らしい音楽は埋まっているのですね。ワクワクします。


4、よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

5枚・・・と言われましてもいっぱいありすぎるので、 2004年にリリースされたものでよく聴いたものBEST5をあげてみます。


5位 Silhouette Brown / Silhoette Brown
4HEROのディーゴと、AgentKことカイディが組んだユニットがこのシルエットブラウン。 ビートのザラッとした質感と微妙にゆれたノリがたまりません。 ヴォーカルがライトなので聴きやすいです。でもそれが逆に全体的に散漫な印象を与えてる感もあり。 もうちょっと掴む曲があったら、なお良し。

4位 Build an ark / Peace with every step
アモンコンタクトのカルロス・ニーニョを中心とした20人(ぐらい?)編成のスピリチュアルジャズバンド。 愛と平和について、「しつこい!」というほど歌いまくってくれます。 が、そのへんのメッセージ性を抜きにしても十分にカッコヨス。 スピリチュアルジャズといいつつもそれほどジャズっぽくもなく、むしろフォーキー。 ぜひわたしもメンバーに加わりたいです。カスタネットとかでもいいので。

3位 Bugz in the attic / Got the Bug
オリン・ウォルターズとかセイジとかカイディとかダズ・アイ・キューとか・・・ とにかくすごい人みんな集まれ的なユニット、バグズ・イン・ジ・アティック。 これはRemixを集めたアルバムなのでちょっと反則っぽいかんじもしますが、良いものは良いということで。 どの曲もやたらテンションが高いです。 オリジナルのヴォーカルにはほとんど手を加えず、ビートとベースだけでグイグイ引っ張っていきます。 特に10曲目、JAZZANOVA / Mwela Mwela の高揚感は最高!

2位 BeanField / Seek
コンポストのオーナー、マイケル・レインボースがいたユニット。 なんかレーベルのほうが忙しいらしく、このアルバムには参加してないんですが。 アコースティックなかんじとクラブジャズのおいしいとこ取り。 2曲目のTidesはよく聴きました。ヴォーカルの女性がやる気なさが良いです。 ジャケットが派手でダサいのでそのあたりでちょっと損している気がします。

1位 Mark de Clive-lowe / Tide's arising
そしてそして見事一位に輝いたのはニュージーランド生まれのキーボーディストのマーク・ド・クライブ・ロウ。 いやもう、ファンキーですことこの上なしです。グルーヴが気持ちよすぎです。 クラップのグシャッと潰れたかんじもたまりません。 一曲一曲が少しずつひねくれてて、それも面白かったりします。 一番聴いたのは6曲目のSyndrome。体が勝手に動きます!

ということで2004年はほとんど西ロンドンものばっかり聴いていました。

5、バトンを渡す5人

あ、それはやめておきます(笑)。

*****************************

はい、そんなこんなかんじです。軽い気持ちでとか言いつつかなりマジメに書いてしまいました。 疲れた(笑)。ここまで書いて満足です。

もう誰か読むとか読まないとかどうでもいいです。
今回の更新は完全な自己満足です。

あ、CDを買って「実際に聞いてみたらぜんぜん良くなかった!」っていわれても責任持ちませんよ。 マニアックな音楽なので好きでない人にはオススメしません。

よろしく!(汗)

Colors of the spirit

2005年07月30日

昨日のイベントでお会いした方との会話。

---------------------------------------------

「昔さぁ、よく生音(ナマオト)でやってたじゃん。」

「ええ。」

「やっぱりあのハコはDJとかじゃなくて生音(ナマオト)がいいんだよ。」

「あ〜そうですね〜。うんうん。
…で、あの、山本(ヤマモト)って誰ですか?

---------------------------------------------

なんかナマオト⇔ヤマモトを聴き間違えていた模様。

へぇ、ほうほう、と相槌をうっていた私。
いったい山本さんの何がどう「あ〜そうですね〜」なのか。

会話についていけていなかったのがモロバレしました(汗)。



皆様こんばんわ、ケンモチです。


昨日は、「Collioure」こと中村さんのアルバムリリースパーティを開催しました。

苦節2ヶ月、中村さんとケンモチが力をあわせて実現させた初イベントでございました。 いやぁ、がんばったがんばった(涙)。

お互い一人では何も出来ないタチ。初対面の時に、
「何も出来ない者同士で何かイベントやりましょうよ〜」
というなんだかよくワケのわからない軽いノリでお話したのがきっかけでした。それがまさに2ヶ月前(笑)。 その場の勢いで会場をブッキングし、助っ人に2人のスーパーDJ(長野さん・エロ鎌倉さん)にも出演を依頼。
イベント会場も決まり、一気に4人の猛者がそろいました。心強いことこの上なしです。
ただひとつ問題だったのが、4人とも自分からあまり動かないタチだったこと。 「ゼロにはいくら掛けてもゼロなんだった」っていう事に気がつくには余り時間はかかりませんでした(テヘヘッ)。

「テヘヘッ」じゃね〜!と急にあせりだす我々。
必要に迫られ、次第に各自が動き出すようになります。
そしていつしか4人はゼロから1へと、1から2へ変わっていきました。
なになに、気がつけばオレたち一丸?みたいな。

そんな我々の熱い想い(若干の誇張した美談が含まれております)が込められたイベントが この「Colors of the spirit」だったわけでございます。

*****************************

さて、そして迎えましたイベント当日。
まず私と中村さんがセッティングのために時間よりも早めにCafeガボウルに到着しました。 すると…なんと友人からお花が届いているじゃありませんか! 「おいおいオレたちタモさんみたいじゃねえかよ〜」と
とりあえず二人で抱き合って軽く号泣してからセッティング開始。
よーし、やる気が上がってきまs…と

すみません、レポが面倒になってきたので少し割愛します。

キュルキュルキュルキュル…(記憶の早送りダイジェスト中)

・中村さんのCDがいっぱいうれた・私もちゃっかり便乗
・かなりのお客さんが来てくれた・感謝感激
・ヤンキーみたいな二人組が来た・でもビールおごってくれた
・ナカムラ、ケンモチで漫談的なトークショウ・ややウケ
・マイクを持って4人のDJが曲紹介・緊張してみんなキョドる
・中村さんDJのキレが良すぎ・でも相変わらず低姿勢
・長野さんが名前を間違われて憤慨・OUTLINESのBOOT盤、最高
・エロ鎌倉さんが「お富さん」を爆音でPLAY・「紅だ〜!」と叫ぶ
ナマオト⇔ヤマモト

…というわけでとても楽しいイベントでした。(はやッ!)

最後に4人の猛者による 「XJapanラストライブもどき写真」をのせておきます。 (左から長野さん、中村さん、私、エロ鎌倉さん)

そんなこんなで大成功を収めることが出来ました「Colors of the spirit」。 来ていただいた方々、ガボウルのスタッフの方々、助っ人DJをしてくれた長野さん・エロ鎌倉さん、 車で荷物の搬入出を手伝ってくれたまゆみさん、 そしてここまで一緒にやってきてくれた中村さん。本当にありがとうございました。 皆さんの力が合わさってはじめて成し遂げられたイベントだったと思います。

あ〜これでようやく枕を高くして寝れますyo-!

どうもお疲れ様でした!(サイト更新も疲れました)
おやすみなさい!


*中村さんの主催している「Kuh recording」のサイト。
イベントの詳しいレポートやスライドショウなどが見れます。
kuh recording